イベントを読み込み中
2022
9 4

鉄道芸術祭vol.0〜10 「展覧会の記録をめぐる10の対話 その10 〜齋藤精一さんを迎えて〜」

日付
2022年9月4日
時間
14:00 - 16:00
会場
アートエリアB1
ゲスト

齋藤 精一(Panoramatiks主宰)

聞き手

木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

観覧方法

実来場&オンライン観覧

定員

実来場観覧 30名程度(申込不要/当日先着順)

イベント概要

7月20日から開催する企画展「鉄道芸術祭vol.0〜10」では、編集、企画、アーカイブ、メディアや現代美術・文学・哲学・デザインといった各分野の専門家10名をゲストに迎え、各人と展覧会やアートプロジェクトのアーカイブの活用を巡るトークプログラムを開催します。

メディアアート・広告・都市開発など様々な領域で活躍するクリエイティブディレクターの齋藤精一さん。社会を良い方向に動かすために、組織や人を繋いで新しい仕組みをつくる総合的な知見から、リアルとヴァーチャルを横断する創造的なアーカイブについて、対話を繰り広げます。

【ゲスト・プロフィール】
齋藤精一(さいとう せいいち)
Panoramatiks主宰。1975年、神奈川県生まれ。コロンビア大学建築学科(MSAAD)で建築デザインを学ぶ。帰国後、2006年、株式会社ライゾマティクス(現:株式会社アブストラクトエンジン)を設立。社内アーキテクチャー部門Panoramatiksを主宰する。2025年大阪・関西万博People’ s Living Labクリエイター。

オンライン観覧方法

申込不要/視聴無料
視聴:https://youtu.be/O0SM2IJPJSg

「オンライン配信ご視聴の皆様へ」をご確認・ご了承のうえご視聴ください。

まもなく開催予定のプログラム※プログラムの内容は予告なく変更となる場合がございます。予めご了承ください。