主催事業活動経緯施設情報ネーミングとロゴ基本情報アートエリアB1とは

京阪電車 なにわ駅 アートエリアB1(ビーワン)

アートエリアB1 エントランス

京阪電車中之島線建設中の2006年から、企業・大学・NPO法人が協同で、都市空間における駅の可能性を模索する「中之島コミュニケーションカフェ」を実施しました。これを継承して2008年10月の中之島線開業を機に、なにわ橋駅の地下1階コンコースに「アートエリアB1」を開設。

ここでは「文化・芸術・知の創造と交流の場」となることを目指して、大学の知、アートの知、地域の活力を集結した多彩な主催事業を展開しています。

主催事業

サーチプロジェクト

アートや知の可能性を探求(=search)する企画展
「サーチプロジェクト」

国内外で活躍するアーティストとの共同企画や、各地で行われるアートプロジェクトとの連携事業など、様々な表現の試行と実践の場として当館を活用。毎年春〜初夏に様々なスタイルでプロジェクトを展開します。

活動紹介»

鉄道芸術祭

鉄道を多彩な文脈で捉える企画展
「鉄道芸術祭」

"鉄道"にまつわるな技術や、文化や歴史、移動風景を眺める旅の楽しみなど、鉄道の様々な特性に着目したアートプロジェクトとして、毎年秋〜冬にかけてゲストアーティストを迎え多彩なプログラムを展開します。

活動紹介»

ラボカフェ

レクチャー&対話プログラム
「ラボカフェ」

大阪大学が社会の様々な組織や個人とのコラボレーションを通じて、主題に応じた対話を繰り広げる社学連携事業です。平日夜を中心に、哲学、アート、サイエンス、減災、医療等、多岐に渡るテーマに基づき、対話、レクチャー、アートイベント等の様々なプログラムを実施しています。

活動紹介»

ブリッジシアター

ダンスパフォーマンス
「ブリッジシアター」

鉄道駅という空間の特性を活かして、コンテンポラリー・ダンスのパフォーマンスの他、様々な分野のレクチャーとワークショップなどの実践を通じて、専門的な文脈だけでなく、日々の身体の「感触」からも発想してゆく、都市の身体のリアリティにハイライトを当てるプログラムです。

活動紹介»

活動経緯

2006年 「中之島コミュニケーションカフェ」始動(施設常設を目指した社会実験として位置づける)
2007年 「中之島コミュニケーションカフェ」継続実施
2008年 京阪電車、大阪大学、NPO法人ダンスボックスが協働し、
「中之島コミュニケーションカフェ」プロジェクトチーム結成
2008年 京阪電車中之島線開業
なにわ橋駅地下1階コンコースの一部を「アートエリアB1」として整備
2009年 企画展「パラモデリック・グラフィティatなにわ橋駅」開催
2009年 「アートエリアB1」常時オープン
水都大阪2009連携 中之島コミュニケーションカフェ「トらやんの大冒険 〜サヴァイヴァル・システム・トレイン〜」開催
「メセナ アワード2009」文化庁長官賞を受賞
2010年 企画展/鉄道芸術祭vol.0開催
2011年 企画展/サーチプロジェクトvol.1 加藤翼展「ホーム、ホテルズ、秀吉、アウェイ」開催
企画展/鉄道芸術祭vol.1 「西野トラベラーズ ─行き先はどこだ?─」開催

共催事業を開始
大阪大学80周年記念事業「ラウンドテーブル 知のジムナスティックス」
日本センチュリー交響楽団メンバープレゼンツ 「アートエリアB1ミュージックカフェ」
「大阪クラシック」(2011年度〜、毎年開催)
2012年 企画展/鉄道芸術祭vol.2 やなぎみわプロデュース「駅の劇場」
2013年 企画展/サーチプロジェクトvol.2 山本キノコシアター~DIYの視点でみつめる、身体・ファッション・こどもの創造性~
企画展/鉄道芸術祭vol.3 松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」
2014年 JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」 アートエリアB1をハブとした支援事業 採択
企画展/サーチプロジェクトvol.3 「アパートメント・ワンワンワン~中之島1丁目1-1で繰り広げる111日~」
企画展/鉄道芸術祭vol.4「音のステーション」
2015年 企画展/サーチプロジェクトvol.4 「ニュー"コロニー/アイランド"〜"島"のアート&サイエンスとその気配」(JST支援事業の一環として開催)
企画展/鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース 「もうひとつの電車 ~alternative train~」
2016年 企画展/サーチプロジェクトvol.5 「ニュー"コロニー/アイランド"2 ~災害にまつわる所作と対話~」(JST支援事業の一環として開催)

施設情報

アートエリアB1 全フロア平面図

面積

全フロア:約440㎡(  エリア)
高さ:約3.5m

設備

ギャラリー照明
舞台設備(音響照明等)
簡易音響セット等

ネーミングとロゴ

ネーミング

「コミュニケーション空間としての駅」を実現するため、より多くの方に容易に空間をイメージしていただけるよう、「『地下1階』にある『芸術的な空間』」であることをストレートに表現しました。また、構内にこのような施設がある駅は全国的にも珍しいことから、「Be one」と掛けて、オンリーワン感を込めています。

アートエリアB1 ロゴ

ロゴ(ブランドカラー)

様々なアートプログラムに対応できる「黒」を基本色にして、活気を生む「オレンジ」をアクセントカラーとして使用しました。また「オレンジ」は京阪電車中之島線のPRロゴや、「3000系」車両のアクセントカラーとも連動するカラーです。 

基本情報

名 称 アートエリアB1(ビーワン)
主 催 アートエリアB1
企画制作 大阪大学NPO法人ダンスボックス京阪ホールディングス(株)
所在地 大阪府大阪市北区中之島1-1-1(交通アクセスGoogle Map
京阪電車なにわ橋駅地下1階
TEL&FAX 06-6226-4006 *メールでのお問い合わせはメールフォームより。
開館時間 12:00〜19:00 *プログラム開催時は上記と異なります。
休館日 月曜日(祝日の際は翌日)、年末年始
URL http://artarea-b1.jp

  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【9月17日ラボカフェ開催延期のお知らせ】
9月17日(日)14:00〜開催を予定しておりました、ミュージックカフェ「ピアノの中を覗いてみよう!... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»