スタッフブログ > サーチプロジェクト

中之島仮想空間⇆仮設空間 をつなぐ粘菌って?

今日も、粘菌が中之島仮設空間(粘菌培地)で、のびのびと生息しています。
会場内で収穫できた椎茸を、本日もあげてみたところ、、

150409search4_new_1.jpg
(たまたま来館してくださっていた方のお手を拝借、ご協力ありがとうございます。)


16:30時点では、、

150409search4_new_2.jpg

150409search4_new_4.jpg


17:30時点になると、、

150409search4_new_3.jpg



時速1㎝で動くといわれる粘菌、こうもはっきりと形をかえて、伸びてきていました!

明日朝になったら、どんな形を描いてるんでしょうか、、。

なぜ、本展では、粘菌がとっても重要な役割を果たしているのか?

ニュー"コロニー/アイランド"とは?


本展の核となるテーマを、体感しながら深めることのできるイベントが、今週末に目白押しです。

いよいよ、オープンミーティングとワークショップが、今週末開催されます!

 

 

オープンミーティングは、4/10(金) 19時〜21時。

プロジェクトメンバー全員が揃って、会期中に試みる実験・実践の可能性を語ります!

そして、
4/11(土)・12(日)14時〜17時にワークショップが開催されます!!

その名も、「ニュースケッチング〜スマホと3Dプリンタで採集する中之島〜」。

このワークショップでは、参加者の皆さんが"採集した中之島"が、
ニュー"コロニー/アイランド"にとって、非常に重要な役割を果たします。 

 

展示会場を設営されたdot architectsさん(建築ユニット)、
展示ビジュアル・会場映像の「3Dの中之島」を作られたyang02さん(アーティスト)を講師に、

実在の中之島のまちへ繰り出し、スマホやデジカメを使って、
中之島の建物や様々なモノを採集(撮影)します。


採集されたモノたちは、歪んだり一部だったり、
そのままではない形の3Dモデルに変換されて、
「中之島仮想空間(展示会場内映像)」内の、実際に撮影した位置に、配置されます! 

さらには、その3Dモデルを元に、
後日会場にある「デジタルファブリケーション・ラボ」の3Dプリンターで立体化され、
「中之島仮設空間(粘菌培地)」に設置、粘菌と共に中之島の風景をつくっていく予定です!

参加者それぞれのスマホやデジカメを通した目で見た「中之島」が、
展示会場内の、中之島仮設/仮想空間に反映されていきます。

3ヶ月の会期を通して、独自のネットワークを形成する粘菌たちの、
生活の土壌となる仮想/仮設空間の形成に、直に関わっていただける機会となります。

今はまだ少ない、展覧会場内の中之島の建物を、
一緒に「スケッチ」して増やしましょう。

 

参加無料ですので是非ぜひご参加ください!

ご予約をお待ちしております!

川瀬

 

  2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録