イベント > 鉄道芸術祭

アートエリアB1 開館/中之島線開業 10 周年記念事業
鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」

11.10
|
1.27
鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」

会期2018年11月10日(土)─2019年1月27日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(金)〜12/24(月・祝)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日〜1月7日
     *入場無料(一部有料イベント)

参加アーティストTHE COPY TRAVELERS(加納俊輔、迫鉄平、上田良/アーティスト・ユニット)
          Oscar Peters(アーティスト)
          飯田和敏(ゲーム作家)

プレスリリース
「コンセプト & アーティスト発表について」(2018.7.24/PDF形式1MB)
「企画詳細およびイベントプログラムの発表について」(2018.10.15/PDF形式1.2MB)

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成芸術文化振興基金、大阪市、花王芸術・科学財団、朝日新聞文化財団
協力京阪電気鉄道(株)、TSUKUMO

鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム
「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」

12.22

日時12月22日(土)15:00〜17:00
定員50名程度(参加無料・当日先着順・入退場自由)

ゲストTHE COPY TRAVELERS
    (加納俊輔、迫鉄平、上田良/アーティスト・ユニット)
進行木ノ下智恵子、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」
鉄道芸術祭vol.8特別プログラム

12.8
|
12.9
ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」

日時12月8日(土)、9日(日)
   両日とも ①11:00-12:10 ②13:20-14:30 ③14:30-15:40
定員各席6名(要事前申込・先着順)
料金5,000円(お茶とお菓子、鉄道芸術祭vol.5記録冊子・ポストカードセット付)
※お茶会前日までに、PassMarketまたはアートエリアB1窓口での事前のお支払いが必要です。 受付場所「光善寺駅」改札口外

席主ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデュース)

鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム
飯田和敏「夜のゲーム菩薩in 鉄道芸術祭」

11.30

日時11月30日(金)19:00─20:30
定員50名程度(参加無料・当日先着順・入退場自由)

ゲストゲーム菩薩グループ
    (飯田和敏/ゲーム作家、中村隆之*/サウンドクリエーター、
    納口龍司*/イラストレーター、デザイナー)
    *...ネット中継での参加
進行久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

「都市計画の思想と場所」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

11.13

日時11月13日(火)19:00─21:00
定員50名程度(参加無料・当日先着順・入退場自由)

ゲスト中島直人(東京大学工学系研究科 准教授)
進行木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

オープニング・プログラム
「ギャラリートーク&パーティー」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

11.10

日時11月10日(土)15:00─16:30
定員50名程度(参加無料・当日先着順・入退場自由)

ゲストTHE COPY TRAVELERS(加納俊輔、迫鉄平、上田良/アーティスト・ユニット)
    オスカー・ピータース(アーティスト)
    飯田和敏(ゲーム作家)
進行木ノ下智恵子、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

ラボカフェスペシャル feautring 鉄道芸術祭vol.8
「『超・都市計画~そうなろうとするCITY〜』サポートスタッフ募集!オープンミーティング」

10.27
|
10.31

日時①10月27日[土]17:00-18:30
   ②10月31日[水]19:00-20:30

定員各回30名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料

カフェマスター
木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

※①と②は同内容です。サポートスタッフに応募される方は、必ずいずれかの回にご参加ください。
※①と②でカフェマスターが異なる場合があります。

【鉄道芸術祭vol.8 公募企画 第1弾】
オスカー・ピータース新作のための〈ライダープラン〉募集!

9.23
|
10.15
オスカー・ピータース新作のための〈ライダープラン〉募集!

11月10日よりスタートする企画展「鉄道芸術祭vol.8」では、"鉄道と都市計画"をテーマに3組のアーティストが、創造的/想像的都市計画を展開します。そのひとり、日本で初めての紹介となるオランダ人アーティストのOscar Peters(オスカー・ピータース)の作品に、あなたも参加してみませんか?

応募〆切10月15日(月)必着

鉄道芸術祭vol.7 関連プログラム
「光善寺カメラオブスキュラ」ツアー

11.11
|
1.21

開催日時①11月11日[土] 12:00ー14:00
     ②11月25日[土] 12:30ー14:30
     ③12月09日[土] 12:30ー14:30
     ④12月23日[土] 12:30ー14:30
     ⑤1月13日[土] 11:30ー13:30
     ⑥1月21日[日] 12:30ー14:30

参加費1,000円(光善寺駅〜なにわ橋駅までの片道運賃含む)

受付場所京阪電車「光善寺駅」改札口外

定員各回10名程度(要事前申込・先着順)

※光善寺駅で「カメラオブスキュラ」をご鑑賞後、電車でアートエリアB1へ移動し、当館スタッフによる「STATION TO STATION」展のギャラリーツアーを開催いたします。

※改札口外での受付となりますので、各駅から「光善寺駅」までの運賃は別途必要です。

鉄道芸術祭vol.7
STATION TO STATION

11.10
|
1.21
STATION TO STATION

会期2017年11月10日(金)─2018年1月21日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
     *入場無料(一部有料イベント)

メインアーティスト 立花文穂(アーティスト/グラフィックデザイナー)
参加メンバー荒木信雄(建築家)、石田千(作家)、高山なおみ(料理家、文筆家)
       長崎訓子(イラストレーター)、齋藤圭吾(写真家)
       ワタナベケンイチ(イラストレーター)
       ナイジェルグラフ(グラフィックアーティスト)、テニスコート(コントユニット)
       中野浩二(彫刻家)、コンタクトゴンゾ(パフォーマンス集団)
       MAROBAYA[マロバヤ](衣服)、太陽バンドと野村卓史、
       片貝葉月(アーティスト)、藤丸豊美(アーティスト)
       葛西絵里香(アーティスト)
       伊勢克也(アーティスト)、島武実(作詞家、音楽家)
       仲條正義(グラフィックデザイナー)、他

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
   (企業メセナ協議会 2021Arts Fund)、
   大阪市、芸術文化振興基金
協力京阪電気鉄道(株)

予告編チラシ>>>tetsugei-7_yokoku_flire.pdf

チラシPDFファイル [5.7 MB]

  2018年10月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»