スタッフブログ > サーチプロジェクト

094/111
展覧会81日目/めくれるワンワンワン

今回のサーチプロジェクト、「アパートメント・ワンワンワン」では、
写真撮影は大歓迎、ただし作品に触れて頂くことはご遠慮いただいています。
...ですが、中には触れていただける(むしろ、触れていただきたい)作品があります。

現在、2号室と4号室の間の壁沿いに展示されている、

140619_search3_111-1.JPG


こちらの作品。写真の左から順番に、
第3の入居者、蒼室寛幸さん、タダユキヒロさん、
こいけぐらんじさん、大嶋宏和さんの巨大漫画本が展示されています。

こちらは実際に手にとって、読んでいただけます。
ぜひ、ご遠慮なく、手に取ってご覧ください!

来館者の方の中には、ここで巨大漫画本をご覧になって、
お気に入りの一冊を見つけられた方がいらっしゃいました。
「巨大漫画本のお話と同じものは売っていないですか?」
とご質問いただけるほど、気に入って頂けたようです。

140619_search3_111-2.JPG

 
また、現在、5号室には美術作家・奥原しんこさんの作品が展示されています。
ここには、何冊か、オレンジ色のスケッチブックが...。

140619_search3_111-3.JPG

 
スケッチブックには、奥原さんが日々描き連ねて来られた、
身近な植物などが描かれています。
 
こちらもぜひ、お手に取ってご覧ください。
140619_search3_111-4.jpg


もちろん、ショップやおみやげコーナーの商品も、
お手に取ってごゆっくりご覧くださいね。

 
会期も残すところわずかとなった「アパートメント・ワンワンワン」。
7月6日(日)で展覧会を終了いたします。

イベントも、
今週末22日のMASAGONさんのワークショップ「かぶりものをつくろう!」と、
最終日クロージングイベント「ワンワンワンまつり」の、2つを残すのみ!
(22日のワークショップは先着順10名、定員まであと少しです。
ご希望の方はお早目のご予約を!)

まだ足を運ばれていない方も、すでにお越し頂いた方も、
「アパートメント・ワンワンワン」の今後の動きをお見逃しなく!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

092/111
展覧会80日目/子カフェ「ママの働き方」

本日はラボカフェの開催日。今日のプログラムは、子カフェ「ママの働き方」。

 

今日は「アパートメント・ワンワンワン」のフットサル場も、ウレタンマットを敷い、小さなお子さん連れでも安心な、"子カフェ仕様"な空間に。

そして、ラボカフェ史上初の試み、お子さんのいらっしゃるお母さんも参加しやすいようにと、11:00〜13:00という朝の時間帯で開催しました。

6/18子カフェ1

カフェマスターは、大阪大学CSCD教員で子カフェプロジェクトメンバーでもある、八木絵香さん、久保田 テツさん、蓮行さん。

子どもを持つお母さんたちは、どのようにして子育てと仕事を両立していくのか、またその「両立」とは一体どういう状態であるのかなど、とても熱心な議論がなされていました。

今回ご参加頂いた方には、実際にお仕事をされながら育児をされているお母さんが多かったようです。実際小さなお子さんを連れられて参加されている方もいらっしゃって、子どもの声が時折聞こえる、和やかな雰囲気でした。もちろんお子さんがおられない方からの意見も大変貴重で、とても幅広い視点で話が広がっていたように思います。

6/18子カフェ2今回の子カフェの為に、なんと関東から(!)来られた方もいらっしゃり、「子ども」と「仕事」の両立についてじっくり話合える機会の重要さ、大切さを改めて感じました。

6/18子カフェ3

家庭の経済的状況、周りのコミュニティ、地域との接し方、自身の育児をすることによって変わる社会的状況や立場、夫婦の役割の持ち方、〔親〕になることのリアリティ、準備や実際の苦労について、などなど、育児と仕事にまつわる多くのことを共有、議論する豊かな時間となっていました。

6/18子カフェ4

ラボカフェ終了後もお話は尽きず、フットサル場はしばらく、素敵な交流の場になっていました。

継続を望む声もたくさんいただきました。

次回開催の予定は、まだ決まっていませんが、ぜひぜひ幅広い方のご参加をお待ちしております!

  

さて、ここで今回の子カフェにもつながる、ひとつの冊子(フリーペーパー)をご紹介します。

こどもかぞく表紙「こどもかぞく」というフリーペーパーで、子カフェプロジェクトメンバーの久保田テツさんが作成され、CSCDから発行されています。

内容は、

〔親〕になってしまった人にきく

と題して、久保田さんが5人の〔親〕へ自身の家族について行ったインタビューが収録されています。

本日の子カフェでも議題にあがっていましたが、親になるというのはどういうことなのか。

親という役割、その距離感は家庭によって全然違い、社会的にも価値観によってかなり左右されます。

全然違う環境で〔親〕となった5人の方の家族のかたちが見え、また自身の家族のかたちを考えてみるきっかけになるのではないでしょうか。

『こどもとかぞく』は、現在アートエリアB1でも配布中です。是非ともご一読ください。

 

 

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

091/111
展覧会79日目/特集MASAGON

今週末は、第1期の入居者として出展していただいたMASAGONさんワークショップ。

ということで、現在「アパートメント・ワンワンワン」内に展示されている、MASAGONさんの作品を再度ご紹介していきたいと思います!

まずはこちら!

MASAGON再紹介1

鈴木裕之さん作の「飛び出し坊や」とともに、この展覧会の一番最初の顔といっても過言ではないキャラクター。

会場入口で賑やかに出迎えてくれるこの作品は、駅を行く子どもたちの人気者です。

次はこちら。

MASAGON再紹介2

MOJAGONさんです。この等身大の存在感はたまりません。思わず抱きついてしまいたくなります。

MASAGON再紹介3

そして、第3期入居者のショップコーナーの背景になっている壁画。

展覧会がオープンした3月末〜4月頭、MASAGONさんはほぼ毎日、会場でこの壁画の公開制作をされていました。なんだか懐かしい記憶のようです。

 

MASAGON再紹介4

そして、こちらも子供たちの人気者、ゴミ箱に食べられるMOJAGONさん。

MOJAGONさんのハーフパンツが時間とともにずり落ちてきて、ちょっぴりセクシーな瞬間もありました。(そんなときは、すかさずスタッフが直します!)

 

MASAGON再紹介5

そして物販にもMASAGONさんのグッズが盛りだくさんです。

5分の1MOJAGONさんも手のひらサイズでかわいらしい。

幾何学模様感缶バッチやシール、マグカップなどなど!

 

展示期間が終わった後も、会場のずみずみに残るMASAGONさんの作品。

ご来場の際には、MASAGONさんをはじめ、1〜3期までの作品もぜひお楽しみください。

 

MASAGONさんのワークショップは、あと少しで定員に達する、というところです。

気になっている方はぜひお早めに、ご予約ください。

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

089/111
展覧会78日目/MASAGONワークショップ着々と準備中!

いよいよ一週間後に迫ってきた、MASAGONさんの「かぶりものワークショップ」。

今日もサポートスタッフさんによって、着々と準備が進みます!

かぶりもの原型1

大量にかわいいモフモフが生産されていきます。

先週は布の裁断、そして今日はそれが立体に......。地道な手作業から何かが出来上がっていく過程は、とてもワクワクしますね。(サポスタさん、ありがとうございます!)

かぶりもの原型2ひとつひとつチクチクと手で縫っていきます。

こちらがベースの完成形!

MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」完成見本

これをベースに、参加者の皆さんが自分なりの「かぶりもの」をイメージして、当日持ち寄った布や古着、小物の数々を付けて、オリジナルの「かぶりもの」を完成させます。

どんな「かぶりもの」ができるのか、ワクワクしますね!

予想もしない、さまざまな「かぶりもの」が出来てくるであろうワークショップ「かぶりものをつくろう!」。めったにない機会です。

大人も子どもも一緒に楽しくご参加いただけます。

ぜひふるってご参加ください!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

089/111
展覧会77日目/ワンワンワン探検のすすめ

第4期の展示でも、第1~3期に展示した作品が位置を変えて
数多く残されています。

 どこからどこに作品が移動したの?
 誰と誰の作品が同居してるの?
 などなど。。

リピーターになってご覧いただけると、さらに味わい深いはず!


今日はリピーターで来て下さった来館者の方から、
お話しを聞かせてもらいました。
期が変わる毎に来られていて、作品(の移動)を追いながら、
いろいろなことを想像していただけたようです。
 
展覧会がオープンしてから現在まで、76日分の動きが蓄積された「アパートメント・ワンワンワン」の空間で、
これまでの"動き"に思いをはせて頂けるとより楽しんで頂けそうですね。

 
5号室は、Né-netの高島一精さんが全期に渡って展示されていますが、
83日目まつりでの "報告" を終えた第4期では、
鈴木裕之さんのイラスト作品が移設され、
早くもコラボレーション(?)の展示をご覧いただけます。
140604_search3_111_1.jpg

梅雨時期の館内は、比較的静か。

ゆったりじっくり、アパートメント・ワンワンワンを探検していただける
チャンス!でもあります。

アートエリアB1は、京阪電車「なにわ橋」駅のコンコース内にあり、
一滴も雨にぬれずに来ていただける場所。
雨の日でもらくちんですよ!

ぜひこのタイミングにお見逃しなく!!

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

088/111
展覧会76日目/物販さらに充実!

本日のアパートメント・ワンワンワンも色々な方がいらっしゃいました!

関東から大阪の美術館巡りに来られていて、ふらっとなにわ橋駅に立ち寄ってたまたまご覧頂けた方や、サラリーマンの方が気になって覗きに来て頂けたり、本当にさまざまな方がいらして下さっています。

そんな中、第3期入居者のタダユキヒロさんが物販商品の納品に来られました。

その商品は、これ!

タダユキヒロさんワンワンワンZINE

なんと今回のアパートメント・ワンワンワンの記念ZINEです!

今回の展覧会に出展された作品にイラストページなどを加え、再編集した展示記念本とのことです。

シルバーがかっこいい。

サンプルは以前から置かせて頂いておりましたが、いよいよ発売です。ぜひお手に取って見てみて下さい。

商品にも記載されていますが、全宇宙25部限定生産!ですので、お早めにお求めください!

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

087/111
展覧会75日目/永岡大輔さん映像作品

今日は、現在3号室に入居中の、美術作家・永岡大輔さんの映像をご紹介したいと思います。永岡さん1

鉛筆の絵による、アニメーション映像です。

永岡さん2

すこしづつ、描き、消し、描き、消し、描き、を繰り返して映像が進行していきます。

描かれているものがめまぐるしく変わっていって、まるでライブペイントのようであり、クレイアニメのようでもある、不思議な印象を受けました。

永岡さん4

そして、映像が進んでいっても、消された絵の痕跡が残り、さらにその上に絵が重なっていくことで、"気配"や"記憶"、"幻想"、、、そんな「実態なき存在感」のようなものが現れてくるようです。

展示スペースである3号室内には、音楽も流れています。

ぜひごゆっくりご鑑賞ください。

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

086/111
展覧会74日目/第4期のエントランス

梅雨時期を迎えたアパートメント・ワンワンワン、今日も館内の展示はとても元気です。

第4期に突入し、エントランスもその表情を変えています。

140611_search3_1.JPG

第1期入居者であり、 来週6/22(日)にワークショップ「かぶりものをつくろう!」を開催する、

MASAGONさん作の「MOJAGON」や白い水玉模様のカラーコーン、
第2期入居者・辰己兄弟さんのお庭から出てきた第1期入居者・鈴木裕之さんのこけし、
飛び出し坊やならぬ飛び出しタコさん(!?)が、お出迎え中です!

エントランスでお出迎えしている彼らに惹かれて入ってきてくださる方が、この日もちらほら。

 

また、歴代の入居者の方々のアイテムが同居する「お土産コーナー」では、
第4期入居者のアイテムが仲間入りしました。

下の写真の右側には、
3号室で映像作品とドローイングを展示中の永岡大輔さんの散文詩の作品と、ドローイングの作品集、そのお隣(左側)には、5号室で展示中の奥原しんこさんによる、ポストカードセットと作品集です。

140611_search3_2.JPG

2号室で音楽の展示をされているVOQさんのコーナーは、、、

140611_search3_3.JPG

VOQさんがボーカルとして参加しているオルガノラウンジのアイテムや、

現在展示中の音楽が収録されたCD、VOQさんの音楽CDがセットになった盆栽の展覧会図録(展覧会場のBGMをVOQさんが担当されたそうです)から、
designed by VOQさんの除菌スプレー(!?)まで。

 

そしてTシャツもどんどん充実してきました!

永岡さんによるTシャツが3種類と、VOQさんのTシャツが追加されました。

140611_search3_4.JPG

さらに、おみやげコーナーの向かいには、3号室の第3期で入居していたショップが移設され、 

エントランスは第4期に入ってさらに賑やかになりました。

ぜひご来場いただいて、実際にお手に取ってじっくりと、お楽しみください。

 

そして今日は、先日の「ワンワンワン83日目まつり」にご来場くださったお客様が、
再来館してくださいました。

Ne-netの高島一精さんに惹かれて来館されたのをきっかけに、高島さんの対談相手・鈴木裕之さんのことを知り、そのイラストを気に入って再度お越しくださったとのことでした。

こんなエピソードも「アパートメント・ワンワンワン」ならでは。

  

最終日の7/6にはクロージングイベントとして、本祭「ワンワンワンまつり」が開催されます。
ワンワンワンに集う人や作品が集結するこの日、きっと何かが巻き起こる!?

6/22(日)のMASAGONさんによるワークショップで制作する「かぶりもの」の完成版も、
7/6(日)「ワンワンワンまつり」にて、ご覧いただける予定です!

閉幕が近づく「アパートメント・ワンワンワン」、まだまだ更なる盛り上がりが待ち受けています!

ぜひ何度でも足をお運びください。

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

085/111
展覧会73日目/MASAGONワークショップ仕込み中!

 今日は6/22に開催する、MASAGONさんワークショップ「かぶりものをつくろう!」の下準備をしました。

masagon準備1 masagon準備2 

型紙から形をペンでとって、ハサミで丁寧に切り取っていきます。服でもモフモフしたものでも作成の仕方はおなじですね。

masagon準備3

白い布と赤い水玉模様の二色の布から切り出していきます。

そして、完成品はこちら!!

masagon準備4モフモフです。

実際かぶると、、、、、、??

masagon準備5

かなりかぶりごこちはよろしいとのことです!

masagon準備6

かっこいいMASAGONマークもしっかり入っております!

  

今日制作したこのモフモフはこれで完成ではなく、これを原型にしてワークショップが行われます!!

ワークショップ当日は、皆さんに片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどを持ち寄っていただき、それらを縫いつけて、自分だけのかぶりものを制作します。

この原型だけでもかなりかわいいな、と思うくらいなので、ここに様々なものが縫い付けられて加工されていくと思うと、かなりワクワクしてきますね。
是非参加してみて、MASAGONさんの作品のようなかぶりものをつくってみましょう!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

083/111
展覧会72日目/ワンワンワン83日目まつり

土日と連続イベントが続く「アパートメント・ワンワンワン」。

日曜日は、少し遅めの"中間祭り"ということで、「ワンワンワン83日目まつり〜ここで皆さまにご報告があります〜」を開催しました。

おまつりの前半は、美術作家の永岡大輔さんによるワークショップ。

そして後半は、イラストレーターの鈴木裕之さんと、ファッションブランド「Né-net」を展開するデザイナーの髙島一精さんによる対談を行いました。

イベントタイトルの副題にある"ご報告"とは、この対談で発表されたお二人からの"ご報告"です。

 

まずは前半の永岡大輔さんのワークショップ。

今回は「オオサカサラムドゥル」というワークショップを開催しました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

 

まずはグループになって一つの紙皿を囲みます。この紙皿のなかで"テキスト"をつくっていく、というのが「サラムドゥル」です。

テキストの元になるのは、持ち寄った様々な本から切り出された、お気に入りの一節や文章の数々。

まずは文章を切り抜き、それを混ぜてしまいます。そこから一束を取って、それが自分の「手札」となります。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

そして、順番に「手札」から紙皿の上にテキストを並べていきます。前の一節に繋がるように、「手札」を出していき、お皿のなかにひとつのストーリーが出来上がります。

そうして出来上がったテキストをグループ別に発表しました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

ここではひとつだけご紹介しましょう。

---

今日は雨だから、
偶然思い出した。
未亡人は
あのパフォーマンスを見た数日前の夜のことを、
レストランで絵を描いていたら
それらに出会っていない。
と思いながらその後は絶対聞くまいとして
まず一杯のコーヒーを飲む
わたしは財布を取り出し、中を開き、
暫くの間何も言わなかった。
きっと、パパよりも先に死ぬわよ
あどけなさを残す声
外の世界より、内の人間の方が大事であるという
どこまでもあいまいで、
二人ともにこっと笑った。

---

そして今回はなんと、音楽家のVOQさんが完成したテキストに音楽を付けて、

歌ってくださいました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

完成したテキストの内容もさることながら、

切り取られてもなお、作家や作品の個性をまとい続けている様々な文体・フォントのテキストが、お皿の上で何らかのストーリーを描き出そうとしている様がなんとも面白く、まるで言葉と戯れるようなひとときでした。

永岡さん、そしてご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

さて、そんな永岡さんのワークショップの余韻に浸りつつ、

後半は髙島一精さんと鈴木裕之さんの対談です。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

お二人は、第1期の展示で4号室と5号室に入居されていた、いわば"お隣さん"の間柄。今回の対談では、それぞれの展示をコーディネートしてくださった、grafの服部滋樹さんと、IN/SECTSの中村悠介さんにも "後見役" としてご登場いただき、お二人の対談を先導していただきました。

お二人からの "ご報告" とは......

今回の展覧会で初めて鈴木さんの絵を見られた髙島さん。鈴木さんの作品をとても気に入られたようで、

この度、「Né-net」が発行する雑誌でのコラボが決まりました!

(写真は、高島さんが入居中の4号室の現在の様子。第4期に入って、鈴木さんの作品も移設されました)

「アパートメント・ワンワンワン」4号室/高島一精さん(第4期の様子)

実は今日のおまつりが始まる開館前には、4号室でお二人の撮影も。既に着々と準備が進んでいるようです。

今後の展開は、髙島一精さんのブログを要チェックです!

 

さて一方で、フットサル場がトークで盛り上がっている最中、

第1期の入居者である、MASAGONさんが今月22日に開催するワークショップの素材を届けてくださいました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

さっそくトークでもご紹介。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

(次回のワークショップでは、この真っ白いかぶりものをベースに、好きな装飾を付けて、オリジナルのかぶりものを完成させます)

  

そんなこんなであっという間に一時間が過ぎました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

そして、髙島さん、鈴木さん、服部さん、中村さん、楽しいトークをありがとうございました!

次回のイベントは、6月22日、MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」です。

こちらもかなり面白い内容になりそうです。

そして、最終日の7月6日には、本祭「ワンワンワンまつり」を開催します。

これまでのゲストが集結した一大イベント。コンテンツの詳細は、近日中にWEBにて公開予定です。

ますます盛り上がる「アパートメント・ワンワンワン」。今後のイベントにもぜひご期待ください!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

  2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録