スタッフブログ > サーチプロジェクト

シアタープロダクツ ワークショップ1日目

こんにちは、本日はサポートスタッフがアートエリアB1の様子を更新させて頂きます。

昨日はファッションブランド・シアタープロダクツによる、オリジナルTシャツ作りが体験できるワークショップがありました。
 「THEATRE, yours 01-b" workshop」
 洋服のテキスタイル、パターン、そして実際の縫製された服を並べて展示しており、これらを全てお客さんが一つ一つ選び、服や鞄をつくっていただくといったものです。

シアタープロダクツ ワークショップお申し込み受付中!

いよいよ一週間後に迫りましたシアタープロダクツ ワークショップ「THEATRE, yours 01-b" workshop」。
4月6日(土)、7日(日)、
両日ともまだお申し込み受付中です!

山本キノコシアター OPイベントでした!

こんにちは。昨日ついに、サーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」がオープン致しました!オープニングイベントにもたくさんの方にお越しいただき、有り難うございました。そのときの様子をお伝えしながら、展示風景も御案内致します。

サポートスタッフ説明会を行いました

こんにちは!サーチプロジェクトまであとわずか!アートエリアB1では、着々と準備が進んでいます。

先日こちらでも募集告知をさせていただきましたサポートスタッフも、おかげさまでたくさんの方にお集まりいただくことができました。 有り難うございます!
今日はそのサポートスタッフの方々への説明会の様子を少しお伝えしますね。

サポートスタッフ募集中!

こんにちは。ただいまアートエリアB1では、3月29日からはじまるサーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」において、サポートスタッフとして活動していただける方を随時募集中です!
そのサポートしていただきたい内容ですが、展覧会中には様々なワークショップを予定しており、その補助が主なひとつになります。ここではその主なワークショップについてご説明します。

ありがとうございました!

サーチプロジェクトVol.1.5 もついに最終日を迎えました。
今まで来ていただいた皆様、
壁に意見を書き込んで頂いた皆様
ワークショップに参加して頂いた皆様
工作して頂いた皆様
本当にありがとうございました。

最初はブロックの山やテントだけのエリアに
飛行機が飛び交い、

床にスゴロクができたり

頂上に短冊がぶら下がり

山が谷になり

ミラーボールが出現

色とりどりの折り紙の花が咲き

海が出来て 

次々に魚が泳ぎ

そして今日 発砲スチロールの氷山を縫って 
天の川探検や 漁場をめぐる
B1冒険に出ました。
ワーイ!!


皆さまとの交流から生まれ発展していった空間


壁のアーカイブを見ながらB1のこれからについて話したり、
イスに座って折り紙しながらたわいもない世間話をした事、
思い出がいっぱいよみがえりました。

皆さまから頂いたアイディアやご意見を大事に
B1はどんどん進化していきますので
どうぞ これからも よろしくお願いいたします!

(ありむら)








展覧会、締め!


今日は展示最終日です。昨日は展覧会の総括として、クロージングイベントがありました。


第一部「夢の企画、紹介と解説とそれに付随する雑談など」では、ゲストに橋本梓さん(国立国際美術館研究員)と加藤翼さんが登場しました。
今まで、この会場に来てくださった皆さまが書いてくださった”夢の企画”を、サポートスタッフが一枚一枚読み上げ、それについてゲストの方々に解説を加えていただき、企画について討論しました。
わたしは、アイデアの段階でのイベントの企画についてプロの方が話すという現場を初めて見たのですが、1つのアイデアに対して、それにに似たことをしている作家の例を挙げたり、現代の問題について話すにつれて、どんどん話が深まり、それによって思いもよらないアイデアが出てくるということが、たまらなく面白かったです。話の1つ1つが興味深くて、どの話も一字一句取りこぼしたくないものでした。話を聞いていて、ゲストの方の引き出しの多さに驚きました。自分もゲストの方々と同じように肩を並べて話せるくらいに、もっと勉強をしようと思います。


第二部では「企画の創り手達と語り合う」ということで、ゲストに一部と同じ橋本梓さん(国立国際美術館研究員)に加え、橋本裕介さん(KYOTO EXPERIMENT プログラムディレクター)と、松村貴樹さん(雑誌「IN/SECTS」編集長)に来ていただきました。
それぞれ分野の違う方々なのですが、話していくと共通した現代での問題が出て来て、興味深かったです。特に「芸術と価値」の話は、イベントが終わった後も、わたしの中で何回も反芻して考えました。


今回の展示は愛着があって、終わってしまうのはさみしいですが、今後のアートエリアB1がどうなっていくのかが楽しみです。このエリアに関わることによって、このエリアについて一緒に考えることが出来て、いい経験になりました。勉強になりました。ありがとうございました!

カナダ





6月19日(火)


今日は、切り絵を飾ってみました。
とても単純な方法で、とても複雑な模様を作ることができます。すごく素敵な模様が沢山ありますよ。

カラフルな折り紙が天井からぶら下がっているのがとてもかわいいです。

壁にもきれいな模様が影として映っています。



いよいよ残り一週間を切った本展。
今週は注目イベント目白押しです。
みなさまのご来場、お待ちしております!

---------------------------------------------------------------------------------------------------
〈今週開催!〉

◎トークシリーズ2
「山本高之の仕事─日常と子どもと創造性」


日時 6月21日[木]19:00-21:00
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 山本高之(アーティスト)
進行 木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員、大阪大学CSCD教員)


山本高之 公式サイト
http://takayukiyamamoto.com/works/


--------------------------------------------------------------------
◎トークシリーズ3
「夢の企画、紹介と解説とそれに付随する雑談など」

日時 6月23日[土]16:00-18:00
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 橋本梓(国立国際美術館研究員)、加藤翼(アーティスト)、
サポートスタッフの方々
進行 久保田徹、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

--------------------------------------------------------------------
◎クロージングトーク
「企画の創り手達と語り合う」

日時 6月23日[土]18:00-20:00
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 橋本梓(国立国際美術館研究員)、
橋本裕介(KYOTO EXPERIMENTプログラムディレクター)、
松村貴樹(雑誌「IN/SECTS」編集長)
進行 木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員) 、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

---------------------------------------------------------------------------------------------------
プログラム詳細:http://www.artarea-b1.jp/schedule.html
お問い合わせ先:アートエリアB1
TEL:06-6226-4006(月曜除く12:00~19:00)
---------------------------------------------------------------------------------------------------




やすだ

湿気にも負けず。


今日は紙で遊んだ一日でした。
子どもたちに負けずに色々な紙の遊び方を試しました。



切り!



貼り!



折り!
スキーヤーが滑っています。



結果:机の上がごちゃごちゃです。






追伸、まだまだ「夢のアートイベント企画アイデア」募集中です!



皆さんのアイデアをお待ちしております!


以下、夢のアートイベント企画アイデア募集に関連する、トークの情報です。
入退場自由ですので、みなさまお誘い合わせのうえ、お気軽にお越しください。

=====================================

トークシリーズ3
「夢の企画、紹介と解説とそれに付随する雑談など」

日時 6月23日[土]16:00-18:00
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 橋本梓(国立国際美術館研究員)、加藤翼(アーティスト)、
    サポートスタッフの方々
進行 久保田徹、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

会場で集めた様々な「夢の企画案」を紹介しながら解説する、ustream放送企画。
小さな案から、壮大な企画まで、
老若男女を問わず集めた夢の企画はどのようなものか。
次回のサーチ・プロジェクトにつなげるためのリサーチプロジェクトの放送です。
みんなどんなこと考えてる?何が見たい?ざっくばらんに語りたいと思います。

クロージングトーク
「企画の創り手達と語り合う」

日時 6月23日[土]18:00-20:00
定員 50名程度(無料・当日先着順・入退場自由)
ゲスト 橋本梓(国立国際美術館研究員)、
    橋本裕介(KYOTO EXPERIMENTプログラムディレクター)、
    松村貴樹(雑誌「IN/SECTS」編集長)
進行 木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員) 、塚原悠也(アートエリアB1運営委
   員)

美術展やアートプロジェクト・ダンス・演劇・ライブ・雑誌etc...。
ジャンルやメディアは異なれど[面白い企画]には仕掛人の存在が欠かせません。
そうした企画の創り手の方々をお招きし、
現在進行形の企画のお話や今後のネットワークの可能性、
アートエリアB1での企画アイデアなどについて語り合い、
“サーチプロジェクトのためのスタディー”を締めくくりたいと思います。

お問い合わせ先:アートエリアB1
TEL:06-6226-4006(月曜除く12:00~19:00)


アートエリアB1ホームページはこちらです。

http://www.artarea-b1.jp/schedule.html

=====================================


カナダ

本能にまかせて!


クスダマがあったら、ひっぱりたい。


 ”ヤッホウ!”
 キミ、今日これ、10回くらいやった?!



 オリガミがあったら、折りたい。

しかも、 ”できるだけ難易度高いやつ!”
(「オルガン」と、「オジサン」)
(「ラッコ」)
(「ニーナさんのクスダマ」)
(「新聞を読むダースベーダー」)
これ、異様にリアルやし、ていうか、折り方とかあるん?ていうやつ・・・!!!


サーチプロジェクトVOL1.5は、自由な発想、まさしく本能の試される場所!
会期はじめは、その「自由」にとまどったサポスタも、子どものような柔らかい頭になってきたのではー!と自負しています。
ブログの過去の記事を辿ると一目瞭然ですよ♪
ある日誰かの作った作品や空間が、次の日には別の誰かによってなにかが付け加えられたりなくなったり、新たなものになっていく、3ヶ月間のナガ〜いしりとりをやってるみたい!
みなさんもぜひ参加しにきてください。
サーチプロジェクトVOL1.5は、残す所、あと一週間です。

アベ


  2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録