スタッフブログ > サーチプロジェクト

005/111
屋根はり&ペンキ塗り

今日の「アパートメント・ワンワンワン」は、屋根はりとペンキ塗りの日。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22 「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

そして事務所では、ポスターの発送準備。

さらに会場の奥では、なにやら可愛らしいツールがぞくぞくと生まれました。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

これらが何に使われるかは、オープンまでのお楽しみです!

 

屋根の設置と壁の塗装が進むと、本当に家らしくなってきます。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

今日下見に来られた写真家の倉科さん(第1期入居者)は、

「自分の部屋よりも立派」と一言。

アートエリアB1のなかに、ちょっとした住宅地ができていたように思います。

明日、日曜日は、設営作業はお休み。

週明けからは、いよいよ部屋の仕上げと作品搬入です!

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

004/111
〈物件見学〉Ne-net高島一精さんご来場

少しずつ会場の全貌が見えてきた「アパートメント・ワンワンワン」。

"アパートメント"を構成するのは、様々な形をした1〜5号室の5つの部屋です。

ここでは、展覧会期間の3/29〜7/6までの間にそれぞれ4回、入居者が入れ替わる予定です。

 

今日は、その第2期入居者となっていただく予定の

ファッションブランドNe-netを展開する高島一精さんが見学に来られました。

物件見学_Ne-net高島さん

物件見学_Ne-net高島さん

入居予定の4号室で展示のシミュレーション中です。

"着て、みて、みんな思わずにっこり"というコンセプトで展開されているNe-net。

ここではどのような空間が生ま出れるのでしょうか。。。

楽しみです!

 

会場では、各部屋の塗装作業がスタートしました!

140321_111_設営中

 

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

003/111
111ポスター完成!!!

着々と準備が進む「アパートメント・ワンワンワン」。

今日はポスターが完成しました!

140320_poster111

  

ポスターは、B2版とA2版の2種類。

A2版のものは、会場にて3/29から販売予定です。

その他にも会場では、入居者の方々の関連グッズなども取り扱う予定です。

まさに「アパートメント・ワンワンワン」のお土産物コーナー。

ぜひお家にもこのワイワイ感をお持ち帰りください。

ポスター111_A2版

そして、このポスターやチラシのビジュアルを担当してくださっている

イラストレーターの鈴木裕之さんのワークショップを4/27(日)に開催します!

題して、「鈴木裕之のお絵描きワークショップ『らくがきのすすめ』」

未知なる創造力がつまった"らくがき"の世界を、鈴木さんと一緒に楽しみながら体験します。

対象は、小学生以下です。

ぜひふるってご応募ください。

 

今日の会場では部屋に壁が設置されました。明日からはいよいよ塗装作業がスタートです!

111_設営中

002/111
サポートスタッフ説明会終了しました!

昨日からサーチプロジェクトvol.3の《制作期間》が開始したアートエリアB1。

本日はサポートスタッフ(サポスタ)説明会でした。

 

毎回展覧会ごとに会場運営を一緒に支えていただくサポスタさん。

B1の展覧会においては、とても重要な方々です。

サポスタ説明会.JPG   サポスタ説明会.JPG

説明会では、アートエリアB1についてや、今回のサーチプロジェクトvol.3の概要をお話し、

制作中の会場も見学。

サポスタ説明会.JPG

制作途中のアパートメントを前に入居者(作家)の説明を聞くサポスタのみなさん。

サポスタ説明会.JPG

どの部屋に、どなたが、どんな世界を展開してくださるのでしょうか?

そして、サポスタさんたちの視線の先にあるこの空き地には、一体何が?

制作期間は今月28日(金)まで続きます。

 サポスタ説明会.JPG  サポスタ説明会.JPG

本展ではなんと29名の方にサポスタのご応募をいただきました。

サポスタのみなさんには、いわば、「アパートメント・ワンワンワン」の「コンシェルジュ」として、

活躍していただきます。

展覧会にお越しいただいた際には、ぜひサポスタさんにもお気軽にお声がけください。

サポスタ説明会.JPG

このサポスタさんと一緒に、今回のサーチプロジェクトも盛り上げていきたいと思います!

みなさま、

サーチプロジェクトvol.3「アパートメント・ワンワンワン〜中之島1丁目1−1で繰り広げる111日〜」に

ぜひ足をお運びください!

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////



001/111
サーチプロジェクトvol.3始動!!

すでにウェブや3月号のチラシで告知している

サーチプロジェクトvol.3 アパートメント・ワンワンワン」。140318_111_メインビジュアル

本日よりプロジェクトが本格始動します!
それと同時に、本ブログでは毎日会場での出来事をアップ!!

111日間の出来事を日々アパートメントの状況を見守る
"管理人"ことB1スタッフの言葉で積み重ねていきます。

ぜひ最後までお付き合いいただき、「アパートメント・ワンワンワン」にも
遊びに来ていただけると幸いです!

さて、プロジェクト初日の今日は、
本展の共同企画者であるgrafさんとIN/SECTSさんとのミーティング日でした。

111日間の会期中、「アパートメント」に様々な入居者たちが入れ替わり立ち替わり訪れる本展。

今日のミーティングでは、スケジュールの調整やそれぞれの展示構成を検討しました。
会場では、アパートメントを構成する5つの小屋の骨組みが既にほぼ完成という状況のなか、
会議室でのミーティングの前に、展覧会タイトルの看板を仮設置!

140318_111_設営中-1

みなさん思わずテンションが上がります。
それぞれの小屋を前にしながら、展示プランもどんどん膨らんでいく模様。

140318_設営中-2

小屋が建つことで、自然と現れてくる路地や空き地。
そして駅通路との不思議な関係性。。。
そんな空間も含めて、どのような表現者がどんな風にこの場を使い、
どんな景色や繋がりが生まれてくるのか、、、

関係者も楽しみでなりません。

140318_設営3s.jpg

会場は3/29(土)オープンです!
grafさん、IN/SECTSさん、双方のネットワークが集結する「アパートメント・ワンワンワン」。
お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

そして、4月5日(土)には、共同企画者のgrafさん、IN/SECTSさん、
さらに、第一期入居者である、イラストレーターの鈴木裕之さん、アーティストのMASAGONさん、
美術家の飯川雄大さんを迎えたトーク&パーティーを開催します!

題して、「お披露目祝い!ワンワンワン」。
こちらもぜひご期待ください。

 

その他、会期中にはワークショップなどのイベントもどんどん展開していきます。
お見逃しなく!

 

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

【明日】サーチプロジェクト サポートスタッフ説明会

引き続き、サーチプロジェクトvol.3「アパートメント・ワンワンワン〜中之島1丁目1-11で繰り広げる111日間〜」のお知らせです!

公開での制作開始まであと一週間を切りました!これからどのような活動が繰り広げられていくのか、楽しみに待っていてくださっている方も多いかと思います...!
そして、ただ展覧会を見るだけではなく、もう少し突っ込んで、一緒になってつくってみたいと思ってくださっている方、サポートスタッフに登録しませんか?? 今回の展示は、アートエリアB1のスペースをアパートメントに見立てたもの。7月までの長い間、入居者・コンテンツを入れ替えながら、展覧会はたえまなく動き続け、変化・進化を見せていきます。そんな展示の変化にリアルタイムに立ち会っていただき、また、一緒につくりあげていっていただけるのが、サポートスタッフの皆さんなのです。

明日、第1回目の説明会を開催致しますが、19日(水)にも同じ説明会を開催致します。少しでも興味のある方、ぜひこちらからご登録いただき、説明会へお越しください!お待ちしております!

サポートスタッフ募集中

アートエリアB1 では、サーチプロジェクトvol.3 の運営をサポートしていただけるボランティアスタッフを募集中です。 展覧会や舞台公演に関わる仕事に興味がある方、ぜひご応募ください。 ※男女問わず、美術やデザイン、ワークショップに興味がある方、大歓迎です。

活動期間2014年3月18日(火)~ 7月6日(日)
時間〈半日参加〉11:30 ~ 15:30 / 15:30 ~ 19:30 〈全日参加〉11:30 ~ 19:30
   ※ワークショップ等のイベント開催時には時間が異なる場合があります。
待遇交通費として、〈半日参加:1,000 円/全日参加:2,000 円〉を支給いたします。
説明会【参加必須】3月13日(木)19:00~/3月19日(水)19:00~(1時間程度予定)

※その他、詳細についてはコチラ

山本キノコシアター:クロージングを振り返る

こんにちは。サーチプロジェクトvol.2が終わって5日目。先日、クロージングイベントにて制作された年表についてをこちらでも公開させていただきましたが、今回はもうちょっと深くこのイベントについてをご紹介したいと思います。

---

まず、そもそもなぜ「山本キノコシアター」の年表をつくることになったのか?というお話から。
今回の展覧会では、プロの導きによるDIY・身体・ファッション・こどもの創造性というテーマで、それぞれのアーティストが展示やワークショップを繰り広げる一方で、クロージングイベントでは、三者でどのようなコラボレーションができるのか、ということを、4月のオープンミーティングで話し合いました。

そしてそこからさらに、三者で思考を繰り返し、もしこのまま展覧会が終わっても、この「山本キノコシアター」がユニットとなって、活動を続けていくとしたら、、?という考えに。そして、実際に「山本キノコシアター」のこれからの50年にわたる、架空の年表を制作しました。

130629_8.jpg

そして、この年表の部分部分を空けておき、その箇所を参加者の皆さんにも考えてもらうことで、「山本キノコシアター」の未来を皆でつくってしまうイベントを行うことになったのです。

そしてクロージングイベントでは、まず最初に未来からやってきた神様の設定で三者が登場。これまでの過去(といっても未来ですが...)を振り返る(といっても想像になりますが...)トークをしていただきつつ、空いている箇所についても思いをはせていただきました。

130630.jpg

そして、トークを聞いた上で、空いている部分に関して、みなさんに作っていっていただきました。

130630_12.jpg 130630_1.jpg

どんなプライベートの事件があるだろうか?ミス・サイゴウドンの第二弾ってどんな感じ?など、グループごとに相談をしながら、その一場面をそれぞれ工作していっていただきます。衣装をつくったり、舞台セットをつくったり。皆さん独創的なアイディアが満載!次々と短時間で製作物ができあがっていきました。

130630_14.jpg

そうしてつくり上げていただいた衣装や小物を身に付けながら、写真を撮影。背景などは時間の関係上作りきれませんので、そこは合成をプロにお任せしながら、年表の一場面を形に仕上げていきました。

130630_11.jpg

そうしてできあがった年表が、こちら。赤の部分が参加者の皆さんに考えていただいた部分です。

----

2013年 アートエリアB1で「山本キノコシアター」誕生・結成

2014〜15年 

A.jpgのサムネイル画像正義のヒーロー「ヤキター5」中の島公園で初演
公演チラシの隅に掲載していたゆるキャラキノコのヤマモト君と中之島のしじみさん
が図らずも何となく売れ、マンガ・アニメ化される(中国でバッタもん販売)





2016〜17年 

B.jpg「私たちは汚れない!」という固い意志のもと、
超ウルトラスーパーデラックス潔めの儀の発表をし、
ベルリン・ビエンナーレ公募に参加。
これが世界二十五カ国(四大陸・六十都市)をツアーし、各国のメディア・批評・プレス等の
各賞を受賞する。Youtubeの再生会数が100万回を超える

2018年 八月、Yotubeにアップした動画が有名映画プロデューサーの目にとまり、
    『ミス・サイゴウドン』が製作される 世界各国で上映され大ヒットとなる

2019年 二月、『ミス・サイゴウドン』のサウンドトラックがグラミー賞・アカデミー賞を受賞

2020年 

C.jpgミュージカル映画『ミス・サイゴウドン』の第二弾「宇宙特殊警察 サイゴ(の)ウドン
のシリーズ化が決定 世界各国で配給・上映




2021年 ブロードウェイで舞台版『ミス・サイゴウドン』が上演される

2023年〜24年 凱旋帰国後、発祥となる京阪電車「なにわ橋」駅周辺に2000人収容の
       白テント劇場『ミス・サイゴウドン』を設置、ロングラン公演

2025年 「笑っていいとも!」「徹子の部屋」「情熱大陸」「プロジェクトX」などの長寿番組を
     総ナメ出演する

2026年 

D.jpgのサムネイル画像プライベートでみんなが大好きなスイカとリンゴを見つけて
ついドロボーした所を農家の一家につかまる事件がおきる





2027年 ソロ活動が活発化
     ・山本氏 中之島の白テント跡から発展し地底帝国を創造 メタンハイドレートを発見する
     ・伊藤氏 エジプトに新規のピラミッドを建設 その技術が特許をとる
     ・武内氏 飛行免許を活かしたシアターAIRSを設立し、観光ビジネスが成功を収める

2043年 伊藤氏、天神祭でピラミッド焼きの出店を出展
    山本氏は久々に外科医の空気を吸いに出てくる
    武内氏はバラ園を訪れる
    ――三者、その日中之島にて奇跡の再会を果たす

2044年 「山本キノコシアター」の活動を再開
     新曲「we are the space」を世界リリース

2045〜53年 

E.jpgこれまでの蓄財を投じて、兼ねてより暖めていた構想の宇宙開発事業
「YAKITAA SPACE ツアーズ」を設立、宇宙人から星を買収して宇宙観光産業を展開





2063年

F.jpgこれまでの功績を讃えられ、中之島公園に銅像「山本キノコシアター」が建つ

(この部分は、参加者のみなさんの集合写真になりました!)





----

130630_13.jpg

この年表、完成したものは展覧会終了後もアートエリアB1に保管致しておりますので、ご覧になりたい方はぜひお越しくださいね。

---

そんな、自由な発想で"展覧会そのもの"をつくっていただいた参加者の皆さんからは、

・久しぶりの工作がとても楽しかった!
・すべて自由!なのに驚きました。
・自由に考えることができてとても楽しかった。

などといったご感想をいただきました。有難うございました!

----

さて、山本キノコシアターのクロージングイベント、なんとなく概要はつかんでいただけましたでしょうか?
まさに、"DIYの視点でみつめた"山本キノコシアターの、いい締めくくりになりました!

ご来場いただいた皆様、本展にご協力いただきました方々、本当に有り難うございました。

「山本キノコシアター」クロージングイベントの様子を公開!

こんばんは!ついに7月ですね。アートエリアB1では、先月末をもって無事にサーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」を終了いたしました。会期中ご来館いただきました皆様、本当に有難うございました。


さて、最終日の30日は、クロージングイベントと称して「山本キノコシアターpresentsスペシャルイベント〜俺たちの歴史をつくってくれ!〜」が行われました。2013年「山本キノコシアター」結成・誕生から2063年までの50年間の未来史を妄想し、語り合い、イメージをカタチにするプログラム。参加者の皆さんと妄想を膨らませながら、この先どんな未来が山本キノコシアターに待ち受けているのか、様々なアイディアを出しながら、その一場面を工作していきました!

130630_12.jpg 130630_1.jpg

そうして出来上がった年表の中身を、一枚一枚紹介していきたいと思います。

----

まず1枚目は、
2014〜15年:正義のヒーロー「ヤキター5」中之島公園で初演。公演チラシの隅に掲載していたゆるキャラ「○○○○○○○○○○○○○○○○○」が図らずもなんとなく売れ、マンガ・アニメ化される
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

そうしてできあがったのが、こちらの写真!

A.jpga

a

a

a

a

ゆるキャラ「キノコのヤマモト君と中之島のしじみさん」が図らずもなんとなく売れ〜 でした!

写真の中のエプロン、絵画など、様々なところにヤマモト君としじみさん、出てきてますね〜。売れそうです!

そして2枚目。
2016〜17年、「私たちは汚れない!」という固い意志のもと、
「○○○○○○○○○○○○○○○○○」をし、ベルリン・ビエンナーレ公募に参加
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

できあがったのは、、

B.jpga

a

a

a

a

固い意志のもと、「超ウルトラスーパーデラックス潔めの儀の発表」をし、ベルリン・ビエンナーレ公募に参加

でした!山本さん、神様みたいですね、、、

3枚目は、
2020年、ミュージカル映画「ミス・サイゴウドン」の第2弾
「○○○○○○○○○○○○○○○○○」のシリーズ化が決定
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

写真がこちら!

C.jpga

a

a

a

a


「ミス・サイゴウドン」の第2弾、「宇宙特殊警察 サイゴ(の)ウドン」のシリーズ化が決定

まさか、サイゴとウドンで切るとは!な斬新な切り口でした!

4枚目は、
2026年、プライベートで「○○○○○○○○○○○○○○○○○」が起きる

この、だいぶざっくりとした穴にうまった出来事が、こちら!

D.jpga

a

a

a

プライベートで、みんなが大好きなスイカとリンゴを見つけて、ついドロボーしたところを農家の一家につかまる事件が起きる

でした。まさか宇宙特殊警察のミュージカルをつくった人が泥棒しちゃうなんて!という予想外の繋がりも、たくさんの人が即興で物語を作り上げていくからこその醍醐味ですね。


そして、5枚目はこちら!
2045〜53年、これまでの蓄財を投じて、兼ねてより暖めていた構想の
宇宙開発事業「○
○」を展開

そうしてできあがった写真がこちら!

E.jpga

a

a

a

a

宇宙開発事業「YAKITAA SPACE ツアーズ」を設立、宇宙人から星を買収し、宇宙観光産業を展開

ヤキターがここで復活!でもちょっと悪そうな顔ですね(笑)


そして、最後はみんなで撮った記念写真を活用し、
2063年、これまでの功績を讃えられ、中之島公演に銅像「山本キノコシアター」が建つ
の部分を制作。

F.jpga

a

a

a

 


aa

銅像、とまでは行きませんでしたが、立派なレリーフになりました!


このように、超特急でアイディア出しから制作、撮影、加工まで行っていただいた今回のクロージングイベント。皆さん時間がない!と焦りながらも、とても凝った制作物を作られていて、この展覧会のコンセプトでもある「DIYの視点でみつめる、身体・ファッション・こどもの創造性」が本当に具現化されたような、濃密な時間だったのではないかなあと思います。

----

さて、アートエリアB1は、次の展覧会まではしばし間があきますが、その間にもラボカフェやミュージックカフェなど、様々なイベントやトークを行います。サーチプロジェクトは終了致しましたが、今後も要チェックをよろしくお願いいたします!

サーチプロジェクト、最終日まであと1日!

こんばんは。ついにサーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」クロージングまで、あと1日となりました!本日の日めくりカレンダーはこちら!終わってしまうのが悲しいですね。。

130629_1.jpg 130629_2.jpg

さて、一昨日までのブログで、これまでの「山本キノコシアター」とはどのようなものだったのか?を振り返ってきました。あっという間だった気もしますが、数々のワークショップ、公演、ライブなど、本当に様々な事が起こった、充実した会期だったなと思います。

本日は、いよいよ明日がクロージングイベントということで、様々な準備に追われています!「山本キノコシアター」のこの先50年を予測し、架空の年表をつくっていくという今回のワークショップ。その年表がこちらです!

130629_8.jpg 130629_9.jpg

130629_3.jpg 130629_5.jpg 130629_4.jpg

見ていただくとわかると思いますが、大体の大筋なストーリーはあらかじめ決めさせて頂いております。ただ、空白の箇所が何カ所か目立ちますよね。その部分を、明日来ていただく皆さまに決めて頂く部分です。プライベートでは何が起こるのか?ゆるきゃらって何?などなど。好きなように想像していただき、その場面を実際に制作していっていただきます。写真ももちろん撮影しますよ!ご参加して頂ける方、ぜひ今から妄想を膨らませておいてくださいね!

130629_6.jpg 130629_7.jpg

年表は特大サイズもご用意。全体の流れも考えながら、1番面白いストーリーを考えていってください!

----

また、会場にてワークショップは行っておりますが、他の作品もご自由にご覧頂けます。もう一回見たい!というお客さまも、そういえばついつい見逃していたというお客さまも、ぜひお気軽にお越しください。もちろん、ワークショップの様子もご覧頂けます。

---

それでは、あと残り1日のサーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」、そしてこれからの(妄想の?)「山本キノコシアター」、どちらもお見逃し無く!

山本キノコシアターpresents
〜俺たちの歴史をつくってくれ!〜

ゲスト:山本高之、伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)、金森香、中西妙佳(シアタープロダクツ)

日時:6月30日(日)14:00〜19:00頃予定
参加費:500円
持ち物:工作に使いたい材料(紙、布など)

申込はサイト内申込フォームからお願い致します。
http://artarea-b1.jp/archive/2013/0630202.php

クロージングへ向けての振り返り:その4 山本高之ワークショップ「なまはげといきる」

こんばんは。今日は先日からの雨も落ち着き、梅雨の半ばの晴れ間となっていますね。むしむしとした湿気は相変わらずですが、、さて、クロージングまであと3日!今日は、山本高之さんのワークショップについて振り返ります。

130627_1.jpg 130627_2.jpg

  2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録