スタッフブログ > サーチプロジェクト

061/111
展覧会43日目/サッカーボール更新!

少し前ですが、

フットサル場のサッカーボールが新しくなりました。

「アパートメント・ワンワンワン」フットサル場 →→→ 「アパートメント・ワンワンワン」フットサル場

ここ最近、ご近所の小学生や中学生が毎日遊びに来てくれるようになり、

すっかりボロボロになってしまったサッカーボール。

早くも2代目へと移行しました。

地域の公園の一つとして、子どもたちにとってはもはや"ワンワンワン公園"として定着してしまったようです。

(周りの作品に注意して、他の人の迷惑にならないように遊んでくださいね) 

 

オフィス街のなかの地下という立地のためか、なかなか"地域"や"地元"というものに縁遠かったのですが、

期せずして、ご近所の子どもたちが一番の"常連さん"になるとは。

なんとも嬉しいものです。

 

お菓子はダメ! 展示物で遊んじゃダメ!

生き物の持ち込みはダメ!

と、まぁ、いろいろと注意もしてしまいますが、ぜひぜひ、お気軽に遊びに来てください。

060/111
展覧会42日目/2期終了間近です!

ひとあし早く、2号室が3期(poRiff)へと替わりましたが、

3号室(原田郁さん)、5号室(辰己兄弟さん)も

5月18日(日)が最終日となります!

「アパートメント・ワンワンワン」2号室/第2期─原田郁さん「アパートメント・ワンワンワン」5号室/第2期─辰己兄弟さん

 

3期では、

3号室に、4つのショップ【ON THE BOOKSさん、CLAZY MARCKETさん、FOLK old book storeさん、HOP KENさん】、

5号室に、4名の漫画家およびイラストレーターの方々【蒼室寛幸さん、大嶋宏和さん、こいけぐらけんじ さん、タダユキヒロさん】が入居されます。

終了間近となった、第2期の展示をお見逃しなく!

そして第3期にもぜひご期待ください。

 

そして今日は、初日を迎えた3号室のpoRiff(ポリフ)こと薮内都さんへ、オープニング祝いならぬ"開店祝い"が届きました。

届けてくださったのは、薮内さんと同じく公募に応募してくださり、公開プレゼンテーションにご参加くださった方のおひとり。

まさしく"同志"からのお祝いです。

poRiffの活動になくてはならないレジ袋を大量に届けてくださいました。

「アパートメント・ワンワンワン」2号室/第3期─poRiff(薮内都さん)

ありがとうございます!

(poRiffでは、素材であるレジ袋を収集しています。2号室内には、回収ボックスも設置中!ぜひ身の回りの不要なレジ袋・ポリ袋をお持ちください)

前後の入居者さん、お隣さん、そして一室の入居をかけてともに戦った(?)同志、

「アパートメント・ワンワンワン」を介して、会期を重ねるごとに様々なかたちで人が繋がり、

"大家さん"や"管理人"が思ってもみなかった、"賑わい"が生まれてきているように思います。

 

そんなこんなで、ますます賑わう「アパートメント・ワンワンワン」、ぜひぜひ遊びにいらしてください。

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月18日(日)12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

059/111
展覧会41日目/2号室「poRiff」設営完了!

2号室が第2期(赤鹿麻耶さん)から3期(poRiff)へと替わりました!

展示期間は、5月16日(金)〜6月1日(日)までです。

入口には看板も点灯して、すっかり「poRiff」部屋へと様変わりしました。

「アパートメント・ワンワンワン」2号室/第3期─poRiff(薮内都さん)

会期中は、2号室内でワークショップを開催したり、「poRiff」の制作チームの滞在も予定するなど、「poRiff」にとって初めての試みに挑戦してくださっています。

「アパートメント・ワンワンワン」2号室/第3期─poRiff(薮内都さん)

室内に留まることなく、果敢にも(?)お部屋を飛び出した「poRiff」たち。

「アパートメント・ワンワンワン」の最年少入居者となった、

薮内都さん率いる「poRiff」が巻き起こす、約2週間の出来事に、ぜひご注目ください。

 

そして、お部屋を出た赤鹿麻耶さんの写真も、一部、場所を変えて展示されています。

「しまった!見逃した!」という方、大丈夫です。ぜひご来場をお待ちしております!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月18日(日)12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

058/111
展覧会40日目/2号室 第3期入居準備中!

公募企画で2号室の第3期入居者に決定した、薮内都さん率いる「poRiff」(ポリフ)の

展示作業が始まりました!

 

室内では、早速アイロン4台がフル稼働!

スーパーなどでもらう、買い物袋が壁に圧着されていき、

巨大なシート(=poRiff)ができていきます。

PoRiffさん展示準備中

PoRiffさん展示準備中

PoRiffさん展示準備中

PoRiffさん展示準備中


そして、室内には作業用の大きな机とミシン台も出現!

どんな展示になるのか、ぜひご期待ください!

「poRiff」の展示オープンは5月16日(金)からです。

みなさまのご来場、お待ちしております!

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月18日(日)12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

057/111
展覧会39日目/公募企画 入居者決定!

さて、5月10日に公開プレゼンテーションを行った、公募企画。

6組の応募者の方々が、それぞれとてもユニークな企画をご提案くださいました。

 

そして!

プレゼンテーションをご観覧いただいた一般の方々からの投票と、

「アパートメント・ワンワンワン」の大家である、grafさん、IN/SECTSさん、アートエリアB1

による厳正なる審査を経て、

2号室の第3期入居者が決定しました!

 

見事、入居者の資格を獲得したのは、

「福祉とデザイン」という分野で、

「poRiff」という活動を展開している薮内都さんです!

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/入居者決定! 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/入居者決定!

poRiffとは、お買い物のたびにもらうレジ袋や、割れ物を包む際に使うプチプチシート等を切り抜いてコラージュしたものに熱を加え、圧着させることで出来上がるシート及び活動のこと。
精神障がいのあるひとが通う大阪・岸和田の地域活動センター「かけはし」で生まれたpoRiffは、現在、岸和田市・就労継続支援B型事業所オーロラと、東大阪市・生活介護事業所活動センターいっぽによって制作されています。
買い物袋の裁断から縫製まで、作業は障がいのある人たちが全て手仕事で行い、商品の売り上げは彼らの工賃として還元されています。

この「poRiff」のディレクトとプロデュースを行っているのが、今回、公募企画にご応募くださった、薮内都さんです。

  

普段の展示は、ショップやギャラリーをメインに、展示販売とワークショップを行っているそうですが、

今回の展示プランでは、「poRiff」の活動そのものが2号室にやってきて、

さらに、そこで生み出された「poRiff」のフラッグが各部屋を繋いでいく、というもの。

もちろん、ご来場くださった一般の方も参加できます!

 

新しい入居者を迎えて、「アパートメント・ワンワンワン」の"街並み"も変わりそうな予感。

薮内都さん率いる「poRiff」の展示期間は、

5/16(金)〜6/1(日)です!

お見逃しなく!

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

055/111
展覧会38日目/子供鉅人公開稽古

今日は劇団・子供鉅人の公開稽古日です!

さっそく会場奥のフットサル場で、稽古の前のウォーミングアップならぬ、

フットサル!!

「アパートメント・ワンワンワン」劇団・子供鉅人 公開稽古(一日目)

 

今回の公開稽古では、

6月13日~30日に上演が予定されている、「クルージング・アドベンチャー3 オオサカ リバー フォーエバー編」の稽古を予定しています。

本作は、観客が出演者とともに、物語を追いながら会場を移動していく

ツアー形式の演劇「アドベンチャー演劇」のシリーズ第2弾。

今回はなんと、中之島や大阪城の間を流れる大川を舞台に、役者さんと観客が小型観光船「アクアmini」に乗り込み、周遊しながら物語をつむいでゆくという、まさしくアドベンチャーな予感満載の作品です。

「アパートメント・ワンワンワン」劇団・子供鉅人 公開稽古(一日目)「アパートメント・ワンワンワン」劇団・子供鉅人 公開稽古(一日目)

 

  

 

その本番の舞台となる、大川のほとりの地下に位置する「アパートメント・ワンワンワン」で、

稽古の様子が観られるとは、なんともユニークな状況です。

 

早速ヒートアップから始まった、子供鉅人さんの公開稽古1日目は、

徐々に発声練習など、本格的な演劇の稽古に。

そしてご観覧の方々に"お題"をだしていただいて、

そのシチュエーションを役者の方々がポージングで演じるという、ちょっとしたゲームを楽しむ一場面もあり、

とても和やかで賑やかな一日でした。

最後に、203gowさんの作品の前で記念撮影。

「アパートメント・ワンワンワン」劇団・子供鉅人 公開稽古(一日目)

子供鉅人のみなさま、お疲れ様でした!

 

次回の公開稽古は、5月18日(土)12:00〜19:00です。

劇団への差し入れ、大歓迎です!

※稽古の状況によって、開始・終了時間が若干前後する場合があります。あらかじめご了承ください。

 

 

--------------------------------------------------------------------

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月11日(日)/5月18日(日)両日12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

054/111
展覧会37日目/公募企画 公開プレゼンテーション!!

本日は、以前から募集していた公募企画、

「アパートメント・ワンワンワン入居者募集!」公開プレゼンテーションを行いました!

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

プレゼンテーションでは、総勢6組の応募者による、個性あふれるプランを丁寧にご紹介いただきました。

ここではそれぞれのご紹介は控えますが、写真は6組のプレゼンの様子です。

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション 「アパートメント・ワンワンワン」公募企画/公開プレゼンテーション

今回の公募は、応募書類をあえて指定のフォーマットにせず、

応募者の方々が自分なりのスタイルで応募できるようになっていました。

そのため、プレゼンテーションの形式も6組6様。

内容だけでなく、それぞれの配布資料まで個性的で、とても面白く、充実したプレゼンテーションとなりました。

 

 今回の公募企画は、いわば、"大家さん"と"入居希望者さん"との出会いの場。

その出会いが、これからの「アパートメント・ワンワンワン」にどんな風を吹き込むのか、

とても楽しみです。

 

ご応募いただいた皆様、また、最後までご観覧いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

一体どなたが2号室に入居することになるのでしょう!

審査を通過された方の2号室入居予定は、5/16〜6/1です!

お楽しみに!

 

 

 

おまけ。

プレゼン終了後にニワプラスさんがいらっしゃって、庭に水をあげていました。

植物も生きてますもんね。

水やりの様子

次のイベントは子供鉅人さんの公開稽古!

ここからも盛りだくさんの内容で続いていきますので、ぜひぜひ何度もご来場ください!

--------------------------------------------------------------------

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月11日(日)/5月18日(日)両日12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

051/111
展覧会35日目/ワンワンワンの路地道

以前にスタッフブログでもご紹介しましたが、
1号室の裏側には、路地があります。

ここでは、
第1期の展示期間に2号室に入居されていた、写真家・倉科直弘さんの作品がひっそりと展示されています。展示期間が第2期に移行して、2号室には、写真家の赤鹿麻耶さんが入居し、小屋から退去された倉科さんの作品がこの路地裏に"お引っ越し"というわけです。


140507_search3_111-1.jpg

 

本物の路地のように、柔らかく翳っているところに、

倉科さんの作品が不思議と調和して、少しノスタルジックな空間はなぜかとても居心地の良さを感じさせてくれます。

ちなみに...
写真右下の机にある置物はオルゴール。
ときどき路地で静かに鳴っています。

ご案内しないと、見逃されるかな?...と思いきや、
皆さんさすが。多くの人がこの路地を発見して
ご覧になって帰られています。
けれど、そんな心配をするくらいにひそやかな空間です。

 
他にも、小屋以外の館内の"道路"ともいえる入居者たちの共有スペースには、
鈴木裕之さんのイラストによる道路標識や、
飛び出し坊やが並んでいたりと、
小屋の外にも旨みがたくさんつまったこの展覧会。


会期は7月6日(日)のクロージングイベントをもって終了です。


隅々までぜひお見逃しなく!

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

 

▽ 関連プログラム ▽

 

鈴木裕之のお絵描きワークショップ

『らくがきのすすめ』

日時4月27日(日)13:00〜14:30頃
対象小学生以下
定員10名(先着順・申込優先)
参加費1,000円(ポスター付き)

 

--------------------------------------------------------------------

公募企画

「アパートメント・ワンワンワン 入居者募集!」

 

--------------------------------------------------------------------

~劇団 子供鉅人の公開稽古~

演劇『クルージング・アドベンチャー3』ができるまで

日時5月11日(日)/5月18日(日)両日12:00〜19:00

定員20名程度(入退場自由・先着順)
参加費無料

--------------------------------------------------------------------

050/111
展覧会34日目/見方いろいろ

ゴールデンウィークもいよいよ最終日。

お子さま連れの方、赤ちゃん連れの方、小学生グループ、ご夫婦、おひとりで、と

本日もたくさんの方にお越しいただきました。

じっくり観ていって下さった方が多い印象です。

 

鑑賞スタイルも、感想も様々なのですが、

特に印象深かった二組の鑑賞スタイルについて書きたいと思います。

一組はベテラン庭師集団のみなさま。

まずは、プロの視点で辰己兄弟さんが入居している5号室をじっくりと。

「あそこ、枝を切ってるんやなあ。切り口が若いし」

「これ、制作にどれくらいかかってるんやろ。土壁もあるし」

「濡れてるなあ」(オープン前に水やりしております。)

「これ何やろ?(枝についているクリップに手を伸ばす)○○やな。」

「へえ、それ(=クリップ)に名前書いてあるのん?」

「そやで」

ぽんぽんと、チェックが進みます。

辰己兄弟さんの工夫と苦心の作であるとしっかり見抜き、

5号室を楽しんでいただけたようです。

クリップ


土壁

その好奇心は庭だけに向いているのではありません。

他のお部屋、作品もしっかりと鑑賞。

「分からんけど、いろいろな感覚があるんやなあ」

「これ、なんで全部後ろ向いてんの?」」

「これ、見方によって見え方が変わるぞ」

「これ、質感がおもしろいなあ。意図的なんかなあ」

「これ、発想が面白いわ。こんなんよう思いつかん」

「分からない」と言いながら、

疑問や興味の赴くままに、しっかりと鑑賞なさっているその姿に、

日々の生活を通して、それぞれの方がご自身の視点を養っていらっしゃるのだなと感じました。

物販を見ても、アイディアが!

思うところの尽きぬ鑑賞だったようです。

 

二組目はお一人で立ち寄ってくださった女性。

全体をじっくり鑑賞された後に足が止まったのは1号室です。

1号室は会期最初からずっとありますし、

(Masagonさんの作品が移住してパワーアップしていますが)

大きな変化はありません。

でも、実はたまに変わるところがあります。

それはテーブルの上。

雑誌『IN/SECTS』のページや、IN/SECTSさんが関わったイベントのチラシなど、

様々な情報がランダムに潜んでいます。

まさに宝の山。

このお客様は熱心にここを掘り、

読みたい情報、気になる情報を収集していらっしゃいました。

こういう記事の読み方、情報収集の仕方は普段と違うかもしれません。

この展覧会ならではの風景です。

宝の山

と、二組の鑑賞について書きましたが、

見え方も、感想も、気になるポイントも、

お客様おひとりおひとり違うと思います。

それに加えて、4期で変化していく今回のサーチプロジェクト、

みなさまにどんな風に見えているのかなあと気になる34日目でした。

049/111
展覧会33日目/雨でもゆっくり

ゴールデンウィーク中あいにくの雨でしたが、たくさんの方にお越しいただきました。

 

雨と聞くと、なんだかしっとりゆっくりしたい気分。

そんな時に見つけてしまいました、落ち着くスポットを。

 

そこからの風景がこちらになります。

会場風景5月5日

あれ、分からない?

では、こちらではいかがですか?

会場風景5月5日

 

そう!正解は203gowさんの作品の下、でした。

 

会場風景5月5日

前から見るのもとても素敵ですが、

吊られている作品を間近で見るのは楽しいです。

下から見るとこうなっているのか・・・。

どんな風に編むとこうなるのだろう・・・。

などなど、見ていて飽きません。

会場風景5月5日

 

作品がずっと見ていられる面白さであるのはもちろんのこと、

照明が適度に遮られているので寝る前のような効果が得られるのか、

はたまた上を見上げる動作が体操になるのか、

とてもリラックスできました。

みなさまもぜひお試しあれ!

 

「203gowさんの作品が前から気になっていたのだけれど、

 今日たまたまここに来て、

 初めて生で見られました!」と嬉しそうに教えてくださったお客様のいらっしゃった今日。

これも雨も導きだったのでしょうか?

203gowさんの作品は会期最終日、7月6日(日)まで展示されています。

ぜひ様々な角度から作品をお楽しみいただければ幸いです。

  2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録