スタッフブログ > ラボカフェ

OSAKAN CAFE 開催しています!

こんにちは。近頃は大分暖かくなり、春らしくなってきましたね!

アートエリアB1では、昨日からOSAKAN CAFÉ Vol.4「『音・記号・光』−アートが街のデザインを変えた−きみはアストロメカニクールを知っていますか?あなたはアストロメカニクールを覚えていますか!」を開催しています。

1968年9月28日、万博前夜の"未来志向的"大阪に突如出現した、ゴーゴー・クラブ「アストロメカニクール」。サイケデリック文化の発達とともに、コンピューター、ステンレス、ブラックライト、プラスチック、そして「光・音・色」を意識した人工的なアイテムが街中に現れはじめたこの頃、「アストロメカニクール」はその最先端であり、大阪の若者の文化シーンを席巻する存在でした。

今回の展示では、その「アストロメカニクール」の内装を手掛けた向井修二氏の作品や経歴を紹介しています。

OSAKAN CAFE 4 140312_002.jpg

OSAKAN CAFE 4 OSAKAN CAFE 4

年表とともに印刷された写真からは、当時の様子がリアルに伝わってきます。

そして、16日(日)には、向井修二氏ご本人、そして橋爪節也氏、小浦久子氏を迎えてのトークサロンも行います。当時のアヴァンギャルドな熱気と、以後、大阪の街へと展開された未来派空間デザインを、社会や都市デザインと芸術の「融合」として語り合います。皆様ぜひお越しください。

OSAKAN CAFE トークサロン

日時3月16日[日]15:00〜17:00
定員60名程度(要申込)
申込方法大阪大学21世紀懐徳堂ホームページ(申込フォーム)からお申込ください。

ゲスト向井修二(美術家/元具体美術協会会員)
    橋爪節也(大阪大学総合学術博物館館長・近代美術史)
    小浦久子(大阪大学大学院工学研究科准教授・都市環境デザイン)
カフェマスター荒木基次(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

主催大阪大学21世紀懐徳堂

OSAKAN CAFÉ② 「おださくが歩いた大阪」トークサロン

 2013.8.10

みなさま、こんばんは。

本日のB1では、外の暑さに負けない熱いトークが行われました!

高橋俊郎さん(大阪市中央図書館・副館長/オダサク倶楽部)、

安達もじりさん(NHKドラマ「夫婦善哉」演出)、

出原隆俊さん(大阪大学文学研究科・教授)、

橋爪節也さん(大阪大学総合学術博物館・館長)の4名がゲストです。

トークサロンのゲストのみなさま

それぞれの観点でオダサクを追う四人からは、

「マージナル」、「上町台地」、「船場」、「地の文の関西弁、セリフの関西弁」、「装丁」などなど、

ポンポンと気になる言葉が飛び出します。

当時の地図と彼の作品を付き合わせたり、大阪となじみ深い他の作家と比較したり、

彼の周りにいた芸術家や作家たちとの関係なども明らかにしながら、

彼の作品の魅力、オダサクを中心にして作品や生き様に現れる大阪の文化や生活の様子を知る、

とてもよい機会となりました。

この夏に放送される予定のドラマの制作秘話も飛び出し、

ほぼノンストップで大満足の3時間でした。

暑い中、120人超のお客さまにご来場いただきましてありがとうございました。

トークサロン会場風景

展示は明日までです!

暑い中ではありますが、この機会にぜひ足をお運びください。

OSAKAN CAFÉ②「おださくが歩いた大阪」開催中

みなさまこんにちは。アートエリアB1では現在、OSAKAN CAFÉ②「おださくが歩いた大阪」を開催しております。「おださく」とは、小説家・織田作之助のこと。大阪で生まれ育ち、大阪を舞台とした作品を数多く執筆しており、今年で生誕100周年を迎えます。今回の展示では、そんなおださくが歩いた大阪の風景を想像できる、様々な資料を展示しております。

s_IMG_9768.jpg

------

本日は、その展示内容を写真にてご紹介しようと思います。



s_IMG_9819.jpg  s_IMG_9813.jpg

まずこちらは、その頃(1937年)の大阪を撮影した観光宣伝映画「大大阪観光」になぞらえ、大阪の有名場所を撮影した映像です。左下枠内に昔の映像を流しているので、昔の大阪と今の大阪の風景を見比べることができるようになっております。あまり変わっていない場所があったり、逆にまるっきり変わっている地もあったりなど、みなさんかなり興味深く見入ってらっしゃいますよ。



s_IMG_9816.jpg  s_IMG_9818.jpg

また、こちらは織田作之助に関する逍遥地図。おださく自身に関係のある土地はもちろん、作品に出てくる場所などを計100カ所掲載しています。地図をみてから小説を読んでも、またその逆でも、頭の中で一気に想像を膨らますことができますね。



s_IMG_9761.jpg  s_IMG_9765.jpg

また、織田作之助26歳のときに執筆・発表した「夫婦善哉」がNHKの土曜ドラマ(8月24日から)として放映されるのに合わせ、ドラマの写真パネルを展示しております。過去にも映画化される等、おださくの代表作として人気のこの作品。今回のドラマも楽しみですね。



このように展示も盛りだくさんなのですが、10日(土)にはトークサロンも行います。ゲストの方々はもちろんですが、参加者のみなさんにもご自由にお話いただき、皆で「おださくが歩いた大阪」について考えていきます。入場無料。みなさんぜひお越しくださいね!

---

「おださくが歩いた大阪」トークサロン

時間14:00ー17:00
定員60名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト高橋俊郎(大阪市立中央図書館・副館長/オダサク倶楽部)
    NHK土曜ドラマ『夫婦善哉』制作担当ディレクター他
    出原隆俊(大阪大学大学院文学研究科・教授)
    橋爪節也(大阪大学総合学術博物館・館長)
カフェマスター荒木基次(21世紀懐徳堂 特任研究員)
主催大阪大学21世紀懐徳堂

---

展示は11日の日曜日までとなっております。ぜひ、ご高覧ください。

昨日は鉄道カフェでした!

 2013.1.30

こんばんは。昨日辺りから、ここ最近の寒さがやっと少しずつ和らぎはじめていますね。このまま暖かい日が続いてほしいものです。。

さて、アートエリアB1では、昨日鉄道カフェが行われました。今開催中の「びわこ号ミュージアム」に関連して、テーマは「"びわこ号"の魅力を語ろう!」 。 鉄道が好きな方、びわこ号にとても詳しい方、また京阪電車の社員の方にもお越し頂き、びわこ号に関しての様々なトリビアが語られていました。

 1 |  2 |  3 |  4 | ALL

  2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録