スタッフブログ > ジャンル > ワークショップ

097/111
展覧会84日目/MASAGONワークショップ

以前より、ブログで準備状況をお伝えしていた、MASAGONさんによるワークショップ「かぶりものをつくろう!」を開催しました。

当日はあいにくの雨でしたが、満員御礼!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

ワークショップでは、まず、模造紙にそれぞれデザイン案を描いて、自分なりの「かぶりもの」のイメージをつくっていきます。

そして、MASAGON製の真っ白いDかぶりもののベースを下地にして、装飾開始!

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

装飾に使う材料は、MASAGONさんが用意してくださった、色とりどりの端切れや毛糸、ぬいぐるみ(!)の他、参加者の皆さんもそれぞれたくさんの材料を持ってきてくださいました!

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

裁縫が進むにつれて、テーブルの上も賑やかに。

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

皆さん真剣そのもの!でも個別の手作業でありながら、会話が弾み、とっても和やかで賑やかな会場でした。

IN/SECTSの松村さんも、制作中!何やら可愛らしい「かぶりもの」ができつつあります。

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

こちらは、試着中!「かぶりもの」ですから、もちろん"かぶり心地"だって大事なのです。

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

と、言っているうちにおひとり、またひとりと完成していきました。

完成した方は記念撮影。

愛らしいモンスター、もとい、ユニークな「かぶりもの」が着々と生まれていきます。

140622_search-3_MASAGON-WS3.jpeg「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

こちらの方は、まだ制作途中とのこと。

ご自宅で続きを制作して、最終日には完成品を持って来てくださるそうです!

「アパートメント・ワンワンワン」関連プログラム/MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」

そう!今回のワークショップには、まだ続きがあるのです!

最終日に開催する展覧会のクロージングイベント「ワンワンワンまつり」にて、MASAGON「かぶりものパレード」を行います!

6月7日(日)、パレードはおまつり開始早々の12:00スタートです!

当日は、MASAGONさん制作の「かぶりもの」も届く予定なので、今回のワークショップに参加されていない方でも大丈夫。(でも数には限りがあるので、先着順です!)

見るもよし、参加するもよしのユニークパレード!ぜひご参加ください。

そして、クロージングイベントの詳細も公開しました!

チラシも配布中です。大・大・大おまつりになりそうな最終日!ぜひぜひふるってご参加ください!

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

クロージングイベント「ワンワンワンまつり」

日時7月6日(日)12:00〜19:00
入場料1,500ワンワンワン(=1,500円/1ドリンク付・500ワンワンワンチケット付)

※ワークショップは事前予約優先・先着順・別途要参加費

【ゲスト】

Né-net 髙島一精graf 服部滋樹劇団 子供鉅人鈴木裕之MASAGON203gow辰己兄弟タダユキヒロ倉科直弘飯川雄大赤鹿麻耶poRiffとんぼせんせい裏庭植物店、山田祥照、grafIN/SECTS......and more!

コンテンツ・タイムテーブルをアップしました!

チラシ [PDF: 1.0 MB]

--------------------------------------------------------------------

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

086/111
展覧会74日目/第4期のエントランス

梅雨時期を迎えたアパートメント・ワンワンワン、今日も館内の展示はとても元気です。

第4期に突入し、エントランスもその表情を変えています。

140611_search3_1.JPG

第1期入居者であり、 来週6/22(日)にワークショップ「かぶりものをつくろう!」を開催する、

MASAGONさん作の「MOJAGON」や白い水玉模様のカラーコーン、
第2期入居者・辰己兄弟さんのお庭から出てきた第1期入居者・鈴木裕之さんのこけし、
飛び出し坊やならぬ飛び出しタコさん(!?)が、お出迎え中です!

エントランスでお出迎えしている彼らに惹かれて入ってきてくださる方が、この日もちらほら。

 

また、歴代の入居者の方々のアイテムが同居する「お土産コーナー」では、
第4期入居者のアイテムが仲間入りしました。

下の写真の右側には、
3号室で映像作品とドローイングを展示中の永岡大輔さんの散文詩の作品と、ドローイングの作品集、そのお隣(左側)には、5号室で展示中の奥原しんこさんによる、ポストカードセットと作品集です。

140611_search3_2.JPG

2号室で音楽の展示をされているVOQさんのコーナーは、、、

140611_search3_3.JPG

VOQさんがボーカルとして参加しているオルガノラウンジのアイテムや、

現在展示中の音楽が収録されたCD、VOQさんの音楽CDがセットになった盆栽の展覧会図録(展覧会場のBGMをVOQさんが担当されたそうです)から、
designed by VOQさんの除菌スプレー(!?)まで。

 

そしてTシャツもどんどん充実してきました!

永岡さんによるTシャツが3種類と、VOQさんのTシャツが追加されました。

140611_search3_4.JPG

さらに、おみやげコーナーの向かいには、3号室の第3期で入居していたショップが移設され、 

エントランスは第4期に入ってさらに賑やかになりました。

ぜひご来場いただいて、実際にお手に取ってじっくりと、お楽しみください。

 

そして今日は、先日の「ワンワンワン83日目まつり」にご来場くださったお客様が、
再来館してくださいました。

Ne-netの高島一精さんに惹かれて来館されたのをきっかけに、高島さんの対談相手・鈴木裕之さんのことを知り、そのイラストを気に入って再度お越しくださったとのことでした。

こんなエピソードも「アパートメント・ワンワンワン」ならでは。

  

最終日の7/6にはクロージングイベントとして、本祭「ワンワンワンまつり」が開催されます。
ワンワンワンに集う人や作品が集結するこの日、きっと何かが巻き起こる!?

6/22(日)のMASAGONさんによるワークショップで制作する「かぶりもの」の完成版も、
7/6(日)「ワンワンワンまつり」にて、ご覧いただける予定です!

閉幕が近づく「アパートメント・ワンワンワン」、まだまだ更なる盛り上がりが待ち受けています!

ぜひ何度でも足をお運びください。

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

085/111
展覧会73日目/MASAGONワークショップ仕込み中!

 今日は6/22に開催する、MASAGONさんワークショップ「かぶりものをつくろう!」の下準備をしました。

masagon準備1 masagon準備2 

型紙から形をペンでとって、ハサミで丁寧に切り取っていきます。服でもモフモフしたものでも作成の仕方はおなじですね。

masagon準備3

白い布と赤い水玉模様の二色の布から切り出していきます。

そして、完成品はこちら!!

masagon準備4モフモフです。

実際かぶると、、、、、、??

masagon準備5

かなりかぶりごこちはよろしいとのことです!

masagon準備6

かっこいいMASAGONマークもしっかり入っております!

  

今日制作したこのモフモフはこれで完成ではなく、これを原型にしてワークショップが行われます!!

ワークショップ当日は、皆さんに片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどを持ち寄っていただき、それらを縫いつけて、自分だけのかぶりものを制作します。

この原型だけでもかなりかわいいな、と思うくらいなので、ここに様々なものが縫い付けられて加工されていくと思うと、かなりワクワクしてきますね。
是非参加してみて、MASAGONさんの作品のようなかぶりものをつくってみましょう!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順)

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

069/111
展覧会51日目/ラボカフェスペシャル「複数の感覚と想像力〜他者理解を楽しむ?〜」

本日は、奥のフットサル場を利用して、ラボカフェスペシャル「複数の感覚と想像力〜他者理解を楽しむ?〜」を開催しました。

5/25ラボカフェスペシャル

5/25ラボカフェスペシャル 2今回は沢山のゲストの方にお越し頂いてのスペシャル版でした。

・ゲスト

広瀬浩二郎(文化人類学者)、光島貴之(美術家/鍼灸師)、牛若孝治(アートパフォーマー)

沼田里衣(音遊びの会代表)、阿部こずえ(ミュージアム・アクセス・ビュー代表)、伴戸千雅子(振付家/ダンサー)

黒子沙菜恵(振付家/ダンサー)、五島智子(Dance & People代表)

・司会

富田大介

内容は、ゲストの方々が以前行われたワークショップ「他者理解を楽しむワークショップシリーズ」を振り返り、目の見えない方や知的障碍をお持ちの方との「感覚」について、様々なお話を伺いました。

 

5/25ラボカフェスペシャル 3

まずは以前行われたワークショップの映像を見ながら、ご説明。

ワークショップでは、目の見えない方と一緒に、段ボールや紙などを使って皆でつくったオブジェやテープなどに触って、それについての説明を、その都度、どんどん口に出していく、といったことを行ったそうです。

その際に、普段の会話ではまず使わないであろう詩的な表現であったり、言葉というものが出てきたようです。

そこから、視覚と触覚における、情報の量や質の違いについて、お話が展開していきました。

5/25ラボカフェスペシャル 4

ゲストの牛若孝治さんは、目が見えない分、コミュニケーション手段として「顔を触らせてもらう」ということをされているそうで、顔の状態からお腹の具合、寝不足など色々な情報が分かり、そこから会話、コミュニケーションが始まるとのことでした。

お客様から志願者を募ったところ、即時5人も「触ってほしい!」と手をあげてくださり、順次触ってもらっていました。

 

今月末はこれからラボカフェ続きです!

舞台、哲学、アートなど、様々なジャンルが展開されていきますので、展覧会と合わせてぜひご来場くださいませ!

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

068/111
展覧会50日目/poRiff

本日、第3期入居者の「poRiff」のA5ファイルを作るワークショップがありました。

 

「A5ファイルを作るワークショップ」と聞くと難しそうに聞こえますが...

作り方は簡単!

色のついたビニール袋を好きな形に切り取り、上からアイロンがけをするだけ!

poRiffワークショップ CIMG0779.JPG

CIMG0742.JPG

簡単で楽しい作業ですが、

作っているうちに、みなさん、それぞれにこだわりが生まれ、

とても真剣に作業をされていました。

poRiffワークショップ CIMG0781.JPG

poRiffワークショップ  IMG_3756.JPG

あっという間に2時間が過ぎ、

自分だけのファイルのできあがりです!

最後もみんな笑顔で終わることが出来ました。 

 

明日の日曜日でワークショップは終わりとなりますが、

27日(金)は、アートエリアB1で「poRiff」の作業風景を見ることが出来ます!

ワークショップに参加できなかった方も是非お越し下さい。

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

poRiff ワークショップ 〜ポリフで買い物袋がおしゃれマルチファイルにドロン!〜

日時5月24日(土)17:00〜19:00
   5月25日(日)12:00〜14:00

定員7名(予約優先・先着順/空きがあれば当日受付可)
参加費1,500円

対象5歳以上(小学生以下は保護者同伴)
制作物A5マルチファイル


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

本活「読者が著者になるとき?」を開催しました!

11/24(日)、日曜日の午後に豪華ゲスト陣を迎えて開催するワークショップ「本活」の第四回目を開催しました!

今回のゲストは作家の玉岡かおるさん。
前半はゲストトークです。

本活4_1

今回は、玉岡さんの読んだ本の中で「読んで楽しむもの」、「ふるさとに帰る感覚になるもの」、そして「玉岡さん自身が執筆をするきっかけを掴めたもの」の三つをあげていただき、それらの本にまつわるお話をしていただきました。

本の種類や装丁についてのお話では、日本人の"凝らずにはいられない性"にも触れ、本が持つ様々な魅力についてお話していただきました。

後半はワークショップ。

本活4_2

いくつかのチームに分かれて前半の玉岡さんのトークで得たキーワードをもとに、小説の構成・あらすじを考えるという内容でした。

本活4_3

チームで考えるということは、自分の妄想を相手に伝えるということ。

ご参加いただいた方からは、

「数人で考えることで自分の考えとは違う方向に進んだりしておもしろかった」というご感想も。

最後の各チームでの発表は、どれも読んでみたい!と思わせられる内容ばかりでした!

本活4_4

著者によって書かれた本を読む読者ではなく、自分自身が著者になる今回の「本活」。

普段なかなかできない経験をすることで、また新たな本の魅力を発見することができたのではないでしょうか?

次回の本活は、12月8日(日)!

ゲストは、編集者の青山ゆみこさんです。

まだ空席がございますので、ぜひご参加ください。(詳細はコチラ

/////////////////////////////

読者力向上ワークショップ
本活(ほんかつ) ─第5回─

「読む・書く・編むの三角形」


ゲスト:青山ゆみこ(編集者)

本にかかわるゲストのトークとワークショップの2本立てで関西の読者力向上を目指す「本活」。「本で遊ぶ人」「本を語る人」「本を売る人」「本を書く人」と続き、第5回目のゲストは、「本を編む(そして書く)人」。京阪神の町事情にもとことん詳しい青山ゆみこさんです。
本を読むと人生が変わる? というたいそうなものではなくて、朝読んだ本がその日の午後の「気分」や「行動」を変えていく...というお話。ワークショップでは、「目次」読みを中心とした「もくろみ・つなぐ読書法」を体験していきます。

日時12月8日(日)14:30〜17:30
第1部 ゲストトーク/第2部 ワークショップ

参加費3,000円(お茶・お菓子つき)
お申し込み・お問い合わせほんばこや(大音)
E-mail:workshop@hon-bako.com
TEL:080-5312-9521

企画ほんばこや 協力イシス編集学校、上方輪読座

/////////////////////////////

鉄道芸術祭vol.3

松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景~言葉・本・名物による展覧会~」

会期2013年10月22日[火]ー12月25日[水]
12:00─19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日・12/24は開館)
入場料無料(一部有料イベント有り)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪電気鉄道(株)】
監修・企画・構成松岡正剛
協力ほんばこや、イシス編集学校、編集工学研究所
会場設計dot architects
特別協力(株)海洋堂、graf、ジュンク堂書店、スタンダードブックストア、
     パナソニック(株)
助成おおさか創造千島財団、大阪市
認定公益財団法人 企業メセナ協議会

/////////////////////////////////

本活「本の力を信じている!」を開催しました!

先日の日曜日、「本の力を信じている!」というテーマで本活ワークショップを開催致しました。

前半は、隆祥堂書店の二村知子さんをお迎えし、ゲストトーク。作家さん自身の背景や考え方、人柄などに触れつつ、ときには目頭をあつくしながら紹介してくださることで、本たちは命を吹き込まれていきます。それらを手に取った聴者の方たちは、ページをめくっては本に見入ってらっしゃいました。

本活ワークショップ

後半は、「本を贈る」というテーマでのワークショップ。「贈りたい本と贈られたい本」について5〜6人のグループごとにトークセッションをしていく中で、「相手の人柄を知らないと、本を贈るのをためらってしまう」という意見がたくさん出てきました。そのうえで、「本たちを『贈られると嬉しい本』に変えていこう!」ということで、持ち寄った本のおススメしたい箇所にコメントをつけてふせんを貼ることに。貼っていくうちに、相手に伝えたい事がうかんできたり、読んでほしい箇所や、この本を通じて知ってほしい自分の思いなどが見えてきたそうですよ。

本活ワークショップ

最後に、カードに一言添えて、『贈りたい本』の完成。みなさんに向けて、それぞれ発表されました。個人が読んでいた本が、相手と共有する本に変化していく過程に、改めて「本の力」を感じるワークショップでした。

寝る前に、聞いたら夢に出るかも、夢十夜。能楽師安田登氏ワークショップ。

三連休の最終日となった11月4日「声と身体感覚の読書とは」というテーマで、宝生流能楽師の安田登氏による読者力養成ワークショップが開催されました。小学校の4年生で読書と出会うも、音読からスタートした、という安田氏。ユニークな自己紹介から約30名の受講生は引き込まれます。


本活(ゲスト・安田登)の様子

圧巻は夏目漱石「夢十夜 第三夜」の実演。おどろおどろしい幕開けから先の読めない展開と、あっと驚く結末まで身体全体を使って演じられます...というか「たたずまい」の大きさに驚きです。たった一人で、舞台上で演じるだけなのに、存在感が半端なく、もちろん私も読んだ経験はあるのですが、始めて触れる作品の様に新鮮な印象を受けま

した。

IMG_0927.jpg 本活(ゲスト・安田登)の様子

お話はさらに芭蕉や、歴史へと盛り上がります。個人的には、学生の特にもっと学問しておけば良かったと反省しきり。

本活(ゲスト・安田登)の様子 本活(ゲスト・安田登)の様子 本活(ゲスト・安田登)の様子

休憩を挟み次は受講生のワークショップ。全員で先ほどの「夢十夜」を音読します。本活(ゲスト・安田登)の様子 本活(ゲスト・安田登)の様子

自己紹介、グルーピングや役割分担で盛り上がったあと、いよいよ舞台上で実演へ、どのグループも初対面とは思えない、完成度。

本活(ゲスト・安田登)の様子

最後は各自で持ち寄った書籍の紹介と講師のコメント、予定時間を延長するほどの熱を感じるワークショップでした。

本活(ゲスト・安田登)の様子

「山本キノコシアター」クロージングイベントの様子を公開!

こんばんは!ついに7月ですね。アートエリアB1では、先月末をもって無事にサーチプロジェクトvol.2「山本キノコシアター」を終了いたしました。会期中ご来館いただきました皆様、本当に有難うございました。


さて、最終日の30日は、クロージングイベントと称して「山本キノコシアターpresentsスペシャルイベント〜俺たちの歴史をつくってくれ!〜」が行われました。2013年「山本キノコシアター」結成・誕生から2063年までの50年間の未来史を妄想し、語り合い、イメージをカタチにするプログラム。参加者の皆さんと妄想を膨らませながら、この先どんな未来が山本キノコシアターに待ち受けているのか、様々なアイディアを出しながら、その一場面を工作していきました!

130630_12.jpg 130630_1.jpg

そうして出来上がった年表の中身を、一枚一枚紹介していきたいと思います。

----

まず1枚目は、
2014〜15年:正義のヒーロー「ヤキター5」中之島公園で初演。公演チラシの隅に掲載していたゆるキャラ「○○○○○○○○○○○○○○○○○」が図らずもなんとなく売れ、マンガ・アニメ化される
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

そうしてできあがったのが、こちらの写真!

A.jpga

a

a

a

a

ゆるキャラ「キノコのヤマモト君と中之島のしじみさん」が図らずもなんとなく売れ〜 でした!

写真の中のエプロン、絵画など、様々なところにヤマモト君としじみさん、出てきてますね〜。売れそうです!

そして2枚目。
2016〜17年、「私たちは汚れない!」という固い意志のもと、
「○○○○○○○○○○○○○○○○○」をし、ベルリン・ビエンナーレ公募に参加
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

できあがったのは、、

B.jpga

a

a

a

a

固い意志のもと、「超ウルトラスーパーデラックス潔めの儀の発表」をし、ベルリン・ビエンナーレ公募に参加

でした!山本さん、神様みたいですね、、、

3枚目は、
2020年、ミュージカル映画「ミス・サイゴウドン」の第2弾
「○○○○○○○○○○○○○○○○○」のシリーズ化が決定
「○○○」箇所にいれる場面づくりです!

写真がこちら!

C.jpga

a

a

a

a


「ミス・サイゴウドン」の第2弾、「宇宙特殊警察 サイゴ(の)ウドン」のシリーズ化が決定

まさか、サイゴとウドンで切るとは!な斬新な切り口でした!

4枚目は、
2026年、プライベートで「○○○○○○○○○○○○○○○○○」が起きる

この、だいぶざっくりとした穴にうまった出来事が、こちら!

D.jpga

a

a

a

プライベートで、みんなが大好きなスイカとリンゴを見つけて、ついドロボーしたところを農家の一家につかまる事件が起きる

でした。まさか宇宙特殊警察のミュージカルをつくった人が泥棒しちゃうなんて!という予想外の繋がりも、たくさんの人が即興で物語を作り上げていくからこその醍醐味ですね。


そして、5枚目はこちら!
2045〜53年、これまでの蓄財を投じて、兼ねてより暖めていた構想の
宇宙開発事業「○
○」を展開

そうしてできあがった写真がこちら!

E.jpga

a

a

a

a

宇宙開発事業「YAKITAA SPACE ツアーズ」を設立、宇宙人から星を買収し、宇宙観光産業を展開

ヤキターがここで復活!でもちょっと悪そうな顔ですね(笑)


そして、最後はみんなで撮った記念写真を活用し、
2063年、これまでの功績を讃えられ、中之島公演に銅像「山本キノコシアター」が建つ
の部分を制作。

F.jpga

a

a

a

 


aa

銅像、とまでは行きませんでしたが、立派なレリーフになりました!


このように、超特急でアイディア出しから制作、撮影、加工まで行っていただいた今回のクロージングイベント。皆さん時間がない!と焦りながらも、とても凝った制作物を作られていて、この展覧会のコンセプトでもある「DIYの視点でみつめる、身体・ファッション・こどもの創造性」が本当に具現化されたような、濃密な時間だったのではないかなあと思います。

----

さて、アートエリアB1は、次の展覧会まではしばし間があきますが、その間にもラボカフェやミュージックカフェなど、様々なイベントやトークを行います。サーチプロジェクトは終了致しましたが、今後も要チェックをよろしくお願いいたします!

クロージングへ向けての振り返り:その4 山本高之ワークショップ「なまはげといきる」

こんばんは。今日は先日からの雨も落ち着き、梅雨の半ばの晴れ間となっていますね。むしむしとした湿気は相変わらずですが、、さて、クロージングまであと3日!今日は、山本高之さんのワークショップについて振り返ります。

130627_1.jpg 130627_2.jpg

 1 |  2 |  3 |  4 | ALL

  2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録