スタッフブログ > ジャンル > 映像・メディア

008/111
フットサル場現れる!

今日は、会場の奥にフットサル場がつくられました!

会場の奥に見える緑色のエリア。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/25

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/25

進んでいって家の間を抜けると、別世界。

本格的なフットサル場が現れました。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/25

ここでは、美術作家の飯川雄大さんのサッカーを題材にした映像作品を上映する他、

トークプログラム等を開催する"イベント広場"としても活用する予定です。

そして、会期中には本当にサッカーができる日もあるかもしれません(!)。

駅中ということをすっかり忘れる空間になりそうです。

鈴木さんのイラストを使用し、飛び出しぼうやや道路標識も作成中!

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/25

だんだんと完成に向かっています!

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

006/111
イラストレーター鈴木裕之さん来訪!


本日は第1期入居者のお一人、イラストレーターの鈴木裕之さんがアートエリアB1にいらっしゃいました。

飛び出し坊や!

↑事務所では午前中、鈴木さんの来訪に備えて準備。

 アパートメントの壁面に対してどれくらいイラストの大きさがよいのか見てもらうために、

 様々なサイズで作品を出力しました。

このイラストを壁に貼って、大きさを確認中、、、

さあ、このイラスト、当日どのように展示されるのでしょうか!?
デモンストレーション

他にもたくさんの作品が搬入されました。

設営開始

鈴木さんのイラストがこのアパートメントをどのように彩るのか今から楽しみですね!

明日は休館日です。また火曜日以降の活動報告をお楽しみに〜!!

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

005/111
屋根はり&ペンキ塗り

今日の「アパートメント・ワンワンワン」は、屋根はりとペンキ塗りの日。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22 「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

そして事務所では、ポスターの発送準備。

さらに会場の奥では、なにやら可愛らしいツールがぞくぞくと生まれました。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

これらが何に使われるかは、オープンまでのお楽しみです!

 

屋根の設置と壁の塗装が進むと、本当に家らしくなってきます。

「アパートメント・ワンワンワン」設営中─3/22

今日下見に来られた写真家の倉科さん(第1期入居者)は、

「自分の部屋よりも立派」と一言。

アートエリアB1のなかに、ちょっとした住宅地ができていたように思います。

明日、日曜日は、設営作業はお休み。

週明けからは、いよいよ部屋の仕上げと作品搬入です!

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

004/111
〈物件見学〉Ne-net高島一精さんご来場

少しずつ会場の全貌が見えてきた「アパートメント・ワンワンワン」。

"アパートメント"を構成するのは、様々な形をした1〜5号室の5つの部屋です。

ここでは、展覧会期間の3/29〜7/6までの間にそれぞれ4回、入居者が入れ替わる予定です。

 

今日は、その第2期入居者となっていただく予定の

ファッションブランドNe-netを展開する高島一精さんが見学に来られました。

物件見学_Ne-net高島さん

物件見学_Ne-net高島さん

入居予定の4号室で展示のシミュレーション中です。

"着て、みて、みんな思わずにっこり"というコンセプトで展開されているNe-net。

ここではどのような空間が生ま出れるのでしょうか。。。

楽しみです!

 

会場では、各部屋の塗装作業がスタートしました!

140321_111_設営中

 

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

003/111
111ポスター完成!!!

着々と準備が進む「アパートメント・ワンワンワン」。

今日はポスターが完成しました!

140320_poster111

  

ポスターは、B2版とA2版の2種類。

A2版のものは、会場にて3/29から販売予定です。

その他にも会場では、入居者の方々の関連グッズなども取り扱う予定です。

まさに「アパートメント・ワンワンワン」のお土産物コーナー。

ぜひお家にもこのワイワイ感をお持ち帰りください。

ポスター111_A2版

そして、このポスターやチラシのビジュアルを担当してくださっている

イラストレーターの鈴木裕之さんのワークショップを4/27(日)に開催します!

題して、「鈴木裕之のお絵描きワークショップ『らくがきのすすめ』」

未知なる創造力がつまった"らくがき"の世界を、鈴木さんと一緒に楽しみながら体験します。

対象は、小学生以下です。

ぜひふるってご応募ください。

 

今日の会場では部屋に壁が設置されました。明日からはいよいよ塗装作業がスタートです!

111_設営中

002/111
サポートスタッフ説明会終了しました!

昨日からサーチプロジェクトvol.3の《制作期間》が開始したアートエリアB1。

本日はサポートスタッフ(サポスタ)説明会でした。

 

毎回展覧会ごとに会場運営を一緒に支えていただくサポスタさん。

B1の展覧会においては、とても重要な方々です。

サポスタ説明会.JPG   サポスタ説明会.JPG

説明会では、アートエリアB1についてや、今回のサーチプロジェクトvol.3の概要をお話し、

制作中の会場も見学。

サポスタ説明会.JPG

制作途中のアパートメントを前に入居者(作家)の説明を聞くサポスタのみなさん。

サポスタ説明会.JPG

どの部屋に、どなたが、どんな世界を展開してくださるのでしょうか?

そして、サポスタさんたちの視線の先にあるこの空き地には、一体何が?

制作期間は今月28日(金)まで続きます。

 サポスタ説明会.JPG  サポスタ説明会.JPG

本展ではなんと29名の方にサポスタのご応募をいただきました。

サポスタのみなさんには、いわば、「アパートメント・ワンワンワン」の「コンシェルジュ」として、

活躍していただきます。

展覧会にお越しいただいた際には、ぜひサポスタさんにもお気軽にお声がけください。

サポスタ説明会.JPG

このサポスタさんと一緒に、今回のサーチプロジェクトも盛り上げていきたいと思います!

みなさま、

サーチプロジェクトvol.3「アパートメント・ワンワンワン〜中之島1丁目1−1で繰り広げる111日〜」に

ぜひ足をお運びください!

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////



001/111
サーチプロジェクトvol.3始動!!

すでにウェブや3月号のチラシで告知している

サーチプロジェクトvol.3 アパートメント・ワンワンワン」。140318_111_メインビジュアル

本日よりプロジェクトが本格始動します!
それと同時に、本ブログでは毎日会場での出来事をアップ!!

111日間の出来事を日々アパートメントの状況を見守る
"管理人"ことB1スタッフの言葉で積み重ねていきます。

ぜひ最後までお付き合いいただき、「アパートメント・ワンワンワン」にも
遊びに来ていただけると幸いです!

さて、プロジェクト初日の今日は、
本展の共同企画者であるgrafさんとIN/SECTSさんとのミーティング日でした。

111日間の会期中、「アパートメント」に様々な入居者たちが入れ替わり立ち替わり訪れる本展。

今日のミーティングでは、スケジュールの調整やそれぞれの展示構成を検討しました。
会場では、アパートメントを構成する5つの小屋の骨組みが既にほぼ完成という状況のなか、
会議室でのミーティングの前に、展覧会タイトルの看板を仮設置!

140318_111_設営中-1

みなさん思わずテンションが上がります。
それぞれの小屋を前にしながら、展示プランもどんどん膨らんでいく模様。

140318_設営中-2

小屋が建つことで、自然と現れてくる路地や空き地。
そして駅通路との不思議な関係性。。。
そんな空間も含めて、どのような表現者がどんな風にこの場を使い、
どんな景色や繋がりが生まれてくるのか、、、

関係者も楽しみでなりません。

140318_設営3s.jpg

会場は3/29(土)オープンです!
grafさん、IN/SECTSさん、双方のネットワークが集結する「アパートメント・ワンワンワン」。
お近くにお越しの際は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

そして、4月5日(土)には、共同企画者のgrafさん、IN/SECTSさん、
さらに、第一期入居者である、イラストレーターの鈴木裕之さん、アーティストのMASAGONさん、
美術家の飯川雄大さんを迎えたトーク&パーティーを開催します!

題して、「お披露目祝い!ワンワンワン」。
こちらもぜひご期待ください。

 

その他、会期中にはワークショップなどのイベントもどんどん展開していきます。
お見逃しなく!

 

 

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈制作期間〉3月18日(火)─3月28日(金)
   〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

3〜4月入居者飯川雄大(美術家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
       MASAGON(アーティスト)、203gow(編み師)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

 

////////////////////////////

▽ 関連プログラム ▽

トーク&パーティー

「お披露目祝い!ワンワンワン」

日時4月5日(土)15:00─19:00
参加費無料(申込不要/飲み物持込み制)

ホスト飯川雄大(美術作家)、倉科直弘(写真家)、鈴木裕之(イラストレーター)、
    MASAGON(アーティスト)、服部滋樹(graf代表)、松村貴樹(IN/SECTS代表)、
    木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員・大阪大学)

graf・インセクツ・B1が集う「三組の家主?!のお話」や、第1弾入居者による各々のお部屋開きやフットサル場での試合!?など、盛り沢山の出来事を通じて「アパートメント・ワンワンワン」のお披露目を祝います。皆さんからの飲み物等のお祝い大歓迎です!

 

////////////////////////////

神戸─アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。(それとも私の体がグログロするからそう見える?)」展示プログラム開幕!

神戸─アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3
「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。」
(それとも私の体がグログロするからそう見える?)
展示プログラムが昨日、オープンしました!
今日はオープニング・プログラムとして開催した〈Gonzoラジオ〉+オープニング・パーティーの様子をご紹介します。

イベント前半の〈Gonzoラジオ〉では、
ディレクターの塚原悠也さんが現在熊本で共同制作を行っている
岡田利規さん、曽田朋子さん、ピチェ・クランチェンさんとスカイプ。
岡田さんの熊本への移住とその暮らしについて、
さらに3人が今どんな制作をしているのか、お話を伺いました。
ちなみに、ピチェさんは制作のため、毎晩違うお宅で寝ているとか。

そんな3名のパフォーマンス公演は、
神戸の「ArtTheater dB神戸」にて、2月15日(土)、16日(日)、17日(月)開催です!

ご期待ください!

ラジオの様子

その後、展覧会とパフォーマンスプログラムの開幕を祝して、
乾杯!!!

そして、会場中で様々な会話の花が咲き乱れたところに、
contact Gonzoのパフォーマンスが始まりました。

オープニング・パフォーマンス

 

床に一列に展示された、木箱型フレームの写真作品の上を歩いて登場するcontact Gonzo。
メンバーの一人が背負っているものは、一つだけ展示できていなかった写真作品。
今回のパフォーマンスでは、この作品をギャラリー壁の上の方へ、
壁を登って(!!)展示するというもの。。。
壁面に、角材を取り付けて即席の足場を作り、
写真作品を天井部から吊るそうとします。
それまでがまるで珍道中。

 

木箱の底が曲がっているために、動くと揺れてしまったり、釘の受け渡しができなかったり。

木箱を体重移動を用いて動かそうとして落ちたり、

壁から落ちて、木箱を破壊したり・・・。

彼らは壁を登って一つの木箱を吊るす、というミッションをめがけて

真剣にやっているのに、
思わぬハプニングによって露呈する制御出来ない体の動きが思わず笑いを誘います。

オープニング・パフォーマンス オープニング・パフォーマンス オープニング・パフォーマンス

30分ほどを予定していたというパフォーマンスが一時間程度になるという、
熱いパフォーマンスでした。

オープニング・パフォーマンス

contact Gonzoの素晴らしいパフォーマンスで、
無事、幕を開けた展示プログラムは、3月2日(日)までです!

今回のパフォーマンスを経て完成(?)したcontact Gonzoの作品も
なまなましい傷跡そのままに展示中。

ぜひ高覧ください。
みなさまのご来場、お待ちしております!

 

///////////////////////////

【展覧会概要】

神戸―アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3
「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。
(それとも私の体がグログロするからそう見える?)」


会期2014年2月1日(土)~3月2日(日)12:00-19:00 入場無料
主催NPO法人 DANCE BOX、アートエリアB1
助成文化庁 平成25年度劇場音楽堂活性化事業、平成25年度一般社団法人私的録音補償金管理
   協会 sarah、公益財団法人 福武財団

参加アーティスト

垣尾優 (ダンサー・振付家)、contact Gonzo(パフォーマンス・グループ)、ジュン・グエン=ハツシバ(現代美術家)、チョイ・カファイ(アーティスト・パフォーマンスメーカー)、ドットアーキテクツ(建築)、曽田朋子(造形作家)、西光祐輔(写真家)

※パフォーマンスプログラムは、神戸会場「ArtTheater dB神戸」で開催します。
詳細は、ダンスボックスHPにてご確認ください。

 

【フェスティバル詳細情報】

★公式サイト

WEB: http://www.db-dancebox.org/07_arc/03_sp/14_kacdf03/

★Facebookにて、オープニング・イベント、美術展、及びパフォーマンスのク リエーションについてなど 最新情報を更新しています。ぜひご覧ください!

Facebookページ:https://www.facebook.com/kobeasicon3

【お問い合わせ】

NPO法人DANCE BOX TEL: 078-646-7044 メール: info@db-dancebox.org

///////////////////////////

神戸─アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。(それとも私の体がグログロするからそう見える?)」オープン間近!!

現在、アートエリアB1では、
神戸─アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3
「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。(それとも私の体がグログロするからそう見える?)」
の展覧会オープンに向けて、搬入作業がいよいよ大詰めです!

K-ACDF-03/搬入中!

神戸で開催されるパフォーマンスプログラムに平行して、
アートエリアB1で開催するダンスフェスティバル発信の展覧会!

関西初展示の作品も登場するなど、秀逸作が勢揃いです。

 

展示プログラムの参加アーティストは......

垣尾優 (ダンサー・振付家)
2004年~現在まで、岡登志子主催Ensemble Sonne作品にゲスト出演、06~09年、contact Gonzoとして活動、11年~現在まで The pursuit of new possibility project (砂連尾理×Hyslom×垣尾優)、12年には維新派「夕顔のはな、しろきゆふぐれ」に出演するなど、多彩な活動を展開するダンサー。

contact Gonzo(パフォーマンス・グループ)
2006年結成。contact Gonzoとは、集団の、そして方法論の名称、つまりローファイなスパークである。肉体の衝突を起点とする独自の牧歌的崇高論を構築し、パフォーマンス作品や、映像、写真作品を制作。現在、事務所を自分たちで作りながら、そのスペースで時速百キロで飛ぶ果物を受ける肉体を観察したり、耳を澄まし たりしている。

ジュン・グエン=ハツシバ
(現代美術家)現在、ホーチミン市在住。2001年より難民や社会的少数派をテーマに取り上げた "メモリアルプロジェクト" シリーズを発表し、国際的に注目を浴びる。07年より始めた「Breathing is Free: 12,756.3」では、地球の直径である12,756.3kmを実際に走る事で世界中の難民問題を、身体を使って体験するという試みを作品にし、現在もプロジェクト継続中。

チョイ・カファイ(アーティスト・パフォーマンスメーカー)
触ることの出来ない記憶や感情によって生まれる力が人間の身体とどう結びつくのかを探ることを創作の起点とし、アート、デザイン、テクノロジーの交差的表現へと集約させる独自の手法で、身体とメディアが交錯する世界を表現するマルチメディア・アーティスト。

ドットアーキテクツ(建築)
大阪・北加賀屋を拠点に活動。建築設計だけに留まらず、現場施工、アートプロジェクト、様々な企画にもかかわる。

曽田朋子(造形作家)
ミシンで糸を縫い固める方法で立体作品を制作。言葉だけでわかりたがるアタマにピッタリはまらないモノをつくる。2007年 スパイラル(東京)のSICFにてスパイラル奨励賞受賞。12年 大阪の自分のアトリエミミヤマミシンにて、作品の展示とワークショップ「つくるためのつくらない練習・用途を忘れるワークショップ」開催。

西光祐輔(写真家)
街、動物、風景などの異なるイメージを配置し、様々な場所で起こっている同時多発的イメージをテーマに作品を発表。2010年自主レーベル『approach』立ち上げ。同年、飯川雄大、梅佳代、金氏徹平、川島小鳥、小橋陽介、パトリック・ツァイ、原田拓哉と共にアーティストユニット「ハジメテン」結成。その他、様々なイベントへの参加、PVなども手がける。

--- 

ユニークな顔ぶれが勢揃いの本展。

会場には、目の覚めるような蛍光カラーの巨大壁が登場しました。

そして今日はこの壁に西光さんが写真作品の展示を開始!

K-ACDF-03/搬入中!(西光祐輔氏)

どんな仕上がりになるのか、楽しみです!

そして壁の向こうでは、世界的にヒットしたジュン・グエン=ハツシバ氏の伝説的な作品

「Memorial Project Nha Trang, Vietnam - Towards the Complex- For the Courageous, the Curious and the Cowards」

が展示されました。関西初のご紹介です!

お隣では、

ドットアーキテクツによる1/1図面が出現。

K-ACDF-03/搬入中!(ドットアーキテクツ)

本展では、瀬戸内国際芸術祭2013の出展作「Umaki Camp」がアートエリアB1に登場します。

contact Gonzoの展示も着々と完成へ。

K-ACDF-03/搬入中!(コンタクトゴンゾ)

会場入口では、シンガポールにおけるマンションの変遷を都市や人々の様相とともに

刻々と映し出すチョイ・カファイさんによる映像作品。

K-ACDF-03/搬入中!(チョイ・カファイ氏、曽田朋子氏)

前に展示されている作品は、曽田朋子さんによるものです。

そして未だ見ぬ垣尾さんの作品はどのような展示になるのでしょう。。。

展覧会だけでも十分見応えのある本展。

ぜひご期待ください!

 

そしてそして、2月1日(土)には、展覧会およびフェスティバルのオープニング・イベントとして、

<Gonzoラジオ>とパーティーを開催いたします!

 

<Gonzoラジオ>は2012年、contact Gonzoのアイホール公演にて登場し、

恐竜の研究家、IPS細胞の研究家、メンバーの弟、 チベット亡命政府の文化部等に直撃インタビューしました。

今回のオープニング・イベントのGonzoラジオでは、

熊本で作品制作中の岡田利規さんや曽田朋子さんはもちろん、

皆様の予想を裏切るような(!?)メンバーをつないでいきます。

ぜひご参加ください!

///////////////////////////

【オープニング・イベント】

<Gonzoラジオ>+パーティー

2月1日(土)17:00~19:00 @アートエリアB1

〈参加無料・申込不要〉

http://artarea-b1.jp/archive/2014/0302397.php

///////////////////////////

【展覧会概要】

神戸―アジアコンテンポラリーダンス・フェスティバル#3
「私たちの住処はうごめき、また日々生成される。 (それとも私の体がグログロするからそう見える?)」

日時:2月1日(土)~3月2日(日)12:00~19:00 ※毎週月曜休館 会場:アートエリアB1(京阪電車なにわ橋駅 コンコース内) 入場無料 出展作家:
垣尾優 (ダンサー・振付家)、contact Gonzo(パフォーマンス・グループ)、
ジュン・グエン=ハツシバ(現代美術家)、チョイ・カファイ(アーティスト・パフォーマンスメーカー)、
ドットアーキテクツ(建築)、曽田朋子(造形作家)、西光祐輔(写真家)

【フェスティバル詳細情報】

★公式サイト

WEB: http://www.db-dancebox.org/07_arc/03_sp/14_kacdf03/

★Facebookにて、オープニング・イベント、美術展、及びパフォーマンスのク リエーションについてなど 最新情報を更新しています。ぜひご覧ください!

Facebookページ:https://www.facebook.com/kobeasicon3

【お問い合わせ】

NPO法人DANCE BOX TEL: 078-646-7044 メール: info@db-dancebox.org

///////////////////////////

やなぎみわ演劇公演予約状況 / 原画公開!

こんにちは。本日は、昨日に引き続き、公演ご予約の受付状況についての御案内です。

昨日、23日17:00公演、そして24日17:00公演につきまして、残りわずかとお伝え致しましたが、どちらも満席となりました。そちらの公演をご希望の方には申し訳ありませんが、観覧お申し込みの際には、24日の13:00公演へのご予約をお願いいたします

本当に皆様にたくさんのお申し込みを頂いております。有り難うございます。ご予約をご希望のお客さまには大変申し訳ございませんが、何卒ご理解をお願いいたします。

  2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録