2020年11月 イベントスケジュール

創造的実験「パーティー05/No credit」
鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」イベントプログラム

 2020.11.19(B1事務局 清澤)

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」では、メインアーティストであるcontact Gonzoとdot architectsの2組が「経済」を独自に捉え直すための創造的実験「パーティー」を、会期中9回にわたって実施。経済をめぐる様々な視点から、多種多様な"創作、作業、遊び、etc...."が繰り広げられます。アートエリアB1には、「パーティー」での意図的行為と偶然の出来事の連鎖の痕跡が、会期を通じて蓄積し、鉄道芸術祭vol.10の展示空間を構成していきます。
毎回の「パーティー」を写真とともにレポートします。

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」詳細情報はこちら

創造的実験「パーティー」全9回のスケジュールはこちら

「パーティー05/No credit」開催情報はこちら

去る11月19日、「貨幣シリーズ」の最終回となる創造的実験「パーティー05/No credit」が実施されました。「パーティー03、04」で製造された5種類の"貨幣"について、その価値や信用をめぐる実験が座談会形式で展開しました。


「パーティー05/No credit」で繰り広げられた行為

・テーブルを出し、丸太を切って椅子にする。
・作った貨幣を並べてその価値を話し合う。
・ソーセージを茹でホットドッグを作る。
・単位が「パーツィー」に決まる。
・1パーツィー=100,000円とする。
・絵柄ごとに単価を決める。
・貨幣を撮影する。


party05 準備風景

パーティー実験場には、赤いカバーをかけられたテーブルが置かれています。その上に、前回製造し乾かしてあった貨幣を並べていきます。

party05 乾いた貨幣

乾いて色が明るくなった貨幣は、その絵柄もはっきり見えるようになっています。

party05 会議の雰囲気でスタート

テーブルの周りにcontact Gonzoとdot architectsのメンバーが着席し、「パーティー05」がスタートしました。今回は、ゆったりとしたヒーリングミュージックのようなBGMが流れる厳かな雰囲気のなかで、「GDP(Gonzo dot party)」が発行する新貨幣の価値を協議する重要会議としてのパーティーです。

party05 貨幣を確かめる

メンバーは思い思いに貨幣を触ったり、持ち上げたり、叩いてみたりしながら、その触感を確かめます。乾かしただけの貨幣をさらに完成させるために、焼成する、シリコンやチョコレートといった液体を流し込み、固めて型を取るなどのアイデアが出ました。

party05 ソーセージを茹でる

手前に置かれた小鍋では、並行してホットドッグを作るためにたくさんのソーセージが茹でられます。

party05 単位は「パーツィー」に決定

この新しい貨幣について、まず単位が「パーツィー」と定められました。通貨記号のデザインと、1パーツィーは日本円に換算して10万円ということも決まりました。

ADS_1823.jpg

続いて、5種類の絵柄ごとの単価が話し合われます。

party05 パーツィー一覧

上の写真のとおり左から2パーツィー、5パーツィー、10パーツィー、50パーツィー、100パーツィーとなりました。 下段は金塊化された各パーツィーのイメージです。

party05 パーツィー山分け

テーブル上にある財産を、一旦ここにいるメンバーで山分けすることになりました。好きな貨幣を選んで取り分けていきます。

 party05 塚原さん party05 三ケ尻さん

山分けの結果、例えば塚原さんは217パーツィー(=2,170万円)、三ヶ尻さんは49パーツィー(=490万円)を保有していることになりました。

party05 パーツィーと1万円札

パーツィーの価値について話す中で、1万円札とパーツィーを交換したいかどうかという問いには、今はまだ交換したくないなぁとの声も。当たり前ですが、パーツィーの価値に対する「信用」はまだないということですね。

party05 話し合いの様子.jpg

どうすればパーツィーを流通させられるかというテーマでは、展覧会を見にきてくれた方は、会場に展示してある貨幣を持ち帰ることができるようにして、それを後日何かと交換できるようにする、というアイデアが出ました。この案は、引き続き具体的に検討される予定です。

party05 パーツィーの金塊イメージ

最後には、松見さんがパーツィー貨幣の単価ごとの絵柄を撮影し、CGを使って絵柄を型にした金塊イメージを作成して「パーティー05」は終了となりました。

撮影(プロセス):吉見崚


「パーティー05/No credit」では、新しい貨幣「パーツィー」の価値と信用をめぐって、お金にまつわる各メンバーの感覚や思い出の話、またお金のかたち、お金と情報の関係などさまざまな方面にも話が展開しました。
会場には、痕跡として今回のテーブルと丸太の椅子が残され、パーツィーの見本が展示されています。また、見本以外の貨幣はお持ち帰りいただくことが可能です。持ち帰ったパーツィーは、今後価値が上がった時に備えて、大切に保管していただければと思います。

party05_テーブル

テーブルの上のパーツィー貨幣見本

party05_丸太は切って椅子として使われた丸太は切って椅子として使われた

party05_痕跡風景パーティー05が行われたエリアの全体風景

party05_持ち帰り可能な貨幣お持ち帰りが可能なパーツィー貨幣

撮影(痕跡):松見拓也

創造的実験「パーティー04/The factory is movin'」
鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」イベントプログラム

 2020.11.12(B1事務局 清澤)

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」では、メインアーティストであるcontact Gonzoとdot architectsの2組が「経済」を独自に捉え直すための創造的実験「パーティー」を、会期中9回にわたって実施。経済をめぐる様々な視点から、多種多様な"創作、作業、遊び、etc...."が繰り広げられます。アートエリアB1には、「パーティー」での意図的行為と偶然の出来事の連鎖の痕跡が、会期を通じて蓄積し、鉄道芸術祭vol.10の展示空間を構成していきます。
毎回の「パーティー」を写真とともにレポートします。

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」詳細情報はこちら

創造的実験「パーティー」全9回のスケジュールはこちら

「パーティー04/The factory is movin'」開催情報はこちら

11月12日の創造的実験・第4回目は、「貨幣工場稼働中」というタイトルが示すとおり、前回からの続きで貨幣を製造する実験に取り組みました。前回の「パーティー03」で丸太を彫り出して作ったさまざまな"貨幣の文様"を用いての貨幣製造が、どのようにして展開したのかご紹介します。


「パーティー04/The factory is movin'」で繰り広げられた行為

・ベルトコンベアで作業レールを設置する。
・粘土を一定の厚さに切る。
・丸太の版型を粘土板に突く。
・作業音をサンプリングしてBGMにする。
・出来上がった貨幣を並べて乾かす。
・炊き出しとしてアフリカ料理のドモダを作る。


party04 作業風景

この日は、貨幣製造の流れ作業を行うための装置と場づくりからスタートしました。壁面に展示してある《History of value》のベルトコンベアを取り外して、2本の作業用レールを設置します。貨幣の素材となる粘土は、300kg用意されました。

party04 粘土を切る作業

まず、四角い粘土の塊を一定の大きさにカットして1本目のベルトコンベアに載せていきます。これが貨幣の本体となります。

party04 丸太の版型

丸太の判型はかなりの重量があり、男性2人で抱えます。手前で1人が粘土板が運ばれてくるのを待ち構えて、コンクリートの土台の上に移します。

party04 丸太を粘土に突く

2人がタイミングを合わせて丸太を持ち上げ、もう1人がその真下にすばやく粘土を置きます。そして判型を粘土に突きます。

party04 粘土をベルトコンベアに移す

貨幣の判が押された粘土板は、2本目のベルトコンベアに載せられて、その先で乾燥コーナーに並べられていきます。

party04 貨幣

顔の紋様が押された粘土(貨幣)。この日の「パーティー04」では、この一連の流れ作業がひたすら続けられることになりました。

 party04 粘土 party04 丸太を突く

 party04 紋様 party04 貨幣アップ

写真左上から順に:粘土板を台に置く→粘土板に版型を突く→紋様が浮かび上がる→ベルトコンベア上の貨幣

party04 BGM三ケ尻さん

今回のパーティーでもBGMを担当するのは三ヶ尻さんです。丸太をつく音や作業のかけ声をサンプリングしながら、現場の作業ペースに合わせてリズムに緩急をつけた曲が流れます。サウンドが重なると、一連の労働そのものがお祭りやパーティーでの動きのように見えてきます。

party04 撮影&配信は松見さんparty04 松見さん撮影風景

撮影&配信を担うのは松見さんです。今回の配信では、右から左に流れるベルトコンベアの映像を中心に、判型を突く前の粘土板→判型を突くところ→貨幣になった粘土板という流れが見えるように画角がレイアウトされました。
また、同じ画面上で炊き出しのプロセスも見ることもできます。

party04 炊き出しをする塚原さん

炊き出しでは、塚原さんがcontact Gonzoのドイツツアー中によく作って食べたという、アフリカ料理の「ドモダ」を作ります。トマトベースのソースにピーナッツペーストを加えて、鶏肉などを煮込む料理だそうです。

party04 丸太をカット

全長3メートルの丸太はあまりにも重いため、1人でも突けるように丸太を適当な長さでカットすることになりました。

party04 作業風景

この工夫によって作業効率がぐっとアップし、貨幣の量産体制が整いました。

party04 作業風景

全体の作業風景。作業スピードが上がり、次から次へと貨幣が製造されていきます。

party04 貨幣を乾かす

出来上がった貨幣は、乾燥コーナーにずらりと並べられていきます。

party04 並べられた貨幣

貨幣の紋様は全部で5種類。見分けられるでしょうか?

party04 アフリカ料理「ドモダ」

見た目からも濃厚な味わいが想像できるアフリカ料理「ドモダ」が出来上がりました。

party04 後片付け

すべての粘土を使い切って、貨幣製造は完了。
作業レールのベルトコンベアはきれいに水拭きされて、元の展示位置に戻されました。

party04 ベルトコンベアも元の位置に


「パーティー04/The factory is movin'」で大量に製造された5種類の貨幣をはじめ、使用された道具などを痕跡として会場で見ることができます。
次回、貨幣製造シリーズの最終回「パーティー05/No credit」では、これら貨幣の"価値と信用"をめぐる実験が予定されています。引き続き、どうぞご注目ください。

party04 痕跡(貨幣)

パーティー04の痕跡:製造された貨幣

party04 痕跡(使用された判型)

パーティー04の痕跡:使用された判型

party04 痕跡(丸太)

パーティー04の痕跡:カットされた丸太

party04 痕跡(粘土台)

パーティー04の痕跡:粘土台と粘土を切る道具

 

撮影:吉見

創造的実験「パーティー03/Make the money factory」
鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」イベントプログラム

 2020.11.5(B1事務局 清澤)

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」では、メインアーティストであるcontact Gonzoとdot architectsの2組が「経済」を独自に捉え直すための創造的実験「パーティー」を、会期中9回にわたって実施。経済をめぐる様々な視点から、多種多様な"創作、作業、遊び、etc...."が繰り広げられます。アートエリアB1には、「パーティー」での意図的行為と偶然の出来事の連鎖の痕跡が、会期を通じて蓄積し、鉄道芸術祭vol.10の展示空間を構成していきます。
毎回の「パーティー」を写真とともにレポートします。

鉄道芸術祭vol.10「GDP(Gonzo dot party)」詳細情報はこちら

創造的実験「パーティー」全9回のスケジュールはこちら

「パーティー03/Make the money factory」開催情報はこちら

11月5日に実施した3回目では、「貨幣工場を作る」というタイトルの下、貨幣を制作・発行するためのファクトリーを始動させました。この大掛かりな実験は、今回を含めて「パーティー05」まで3回にわたるシリーズで展開される予定です。創造的実験"貨幣シリーズ"の初回はどのようにして進んだのか、ご紹介します。


「パーティー03/Make the money factory」で繰り広げられた行為と出来事
・鉄骨の支柱に丸太を立てかけ貨幣工場をつくる。
・テーブルと冷蔵庫を移動し炊き出しの準備をする。
・丸太を彫って貨幣の判型を作る。
・彫る音をサンプリングしてBGM にする。
・料理が出来上がる。
・貨幣の判型が出来上がる。


party03準備風景

まずは、アートエリアB1に貨幣工場を設置するところから始まりました。単管を縦横に組み合わせて支柱とし、丸太を乗せる作業台をつくります。作業台の乗せられた5丸太の切り口に紋様を彫り、貨幣の判型を制作するという計画です。

party03貨幣工場風景

作業台上部にはラッシングベルトで2本のベルトコンベアが吊り下げられ、カメラが水平移動する簡易な撮影装置も完成しました。

party03炊き出し準備

労働には食べるという行為が欠かせません。どんな労働現場にも必ず食事の場があります。今回は作業をしながらcontact Gonzoの塚原さんが炊き出しをすることになりました。

party03 道具の確認

丸太を彫るための道具を確認するdot architectsのメンバー。ノコギリ、手斧、ノミなどに加えて、グラインダーや丸ノコ、チェーンソーも準備されました。

party03丸太を彫る家成さん

いよいよ木を彫る作業が開始しました。5人のメンバーがそれぞれ一本の丸太に取り組みます。思い思いの貨幣のイメージを思い描きながら、前半は丸太を大まかに成形するためにチェーンソーやノコギリを用いて加工していくパワフルな展開です。

party03丸太を彫る作業party03作業する土井さん

会場には、木屑が舞い散り、さまざまな機械音や作業の音が鳴り響きます。

party03録音する三ケ尻さん

そうした作業の音をcontact Gonzoの三ヶ尻さんが集音マイクで録音し、その場でサンプリングしながらBGMを制作し流していきます。

party03 BGM制作風景

三ヶ尻さんが即興で制作するBGMは、現場や配信映像の雰囲気に独特の起伏とリズムを生み出します。

party03カメラを設置する松見さん

主に撮影と配信を担当するのはcontact Gonzoの松見さん。ベルトコンベア上を流れていくカメラは、落ちる前に誰かが気づいて向きを変えるというルールです。

party03撮影する松見さん

複数台のカメラを用いてさまざまな位置と角度から撮影した映像が、ランダムに切り替わりながらライブ配信が進んでいきます。

party03作業風景

「パーティー03」の全体風景。手前では、BGM制作とライブ配信作業が行われ、その奥で貨幣の判型を彫る作業が進み、最奥の壁際では塚原さんが炊き出しをしています。

party03石田さん貨幣判型プロセス作業が進むにつれ、徐々にそれぞれの貨幣の判型が浮かび上がってきます。

party03家成さんの貨幣判型プロセス

dot architects石田さん(上)と家成さん(下)はいずれも、人の顔のような判型を彫り進めています。そういえば各国の通貨のコインでも、その国の重要な人物の肖像がデザインとして多く採用されていますよね。

party03土井さんの貨幣判型プロセス

一方dot architects土井さんの判型では、丸みを帯びたフォルムに幾何学的な紋様が刻まれていきます。

party03炊き出し

炊き出しも順調に進み、美味しそうな煮込み料理が出来上がりました。
そして貨幣の判型も完成。写真のとおり、形も紋様もさまざまな5種類の判型が出来上がりました。

party03貨幣の判型1 party03貨幣版型2

party03貨幣の判型3 party03貨幣の判型4

party03貨幣の判型5


「パーティー03/Make the money factory」の痕跡としては、貨幣工場コーナーと判型となった丸太、そして木屑が会場に残され、作業時の雰囲気を彷彿とさせます。
そして次回「パーティー04/The factory is movin'」では、この判型を実際に粘土板に突いて、貨幣を製造する実験に取り組むことになります。引き続き、この創造的実験の行方をお楽しみに!

party03痕跡1

完成した貨幣の判型と貨幣工場、そして作業の痕跡

party03痕跡2

party03痕跡3

パーティー03の痕跡(木屑)

party03痕跡4

パーティー03の痕跡(貨幣工場全景)

撮影:吉見崚

≪  2020年11月  ≫

  2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スタッフブログ カテゴリ一覧