スタッフブログ > 鉄道芸術祭

小沢裕子アーティスト・トーク 「言葉の乗り物たちの集会」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭vol.9

 2019.11.23(B1事務局 サポートスタッフ 森)

11月23日、『鉄道芸術祭vol.9 都市の身体』の参加アーティストである小沢裕子さんをゲストに、アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」が開催されました。

アートエリアB1の運営委員である木ノ下智恵子さん、久保田テツさん、塚原悠也さん、そして展示している映像作品に出演された方々も交えて、小沢さんの作品に込められた「言葉」についての思想や『鉄道芸術祭』との関係が紐解かれ、有意義なイベントとなりました。

11月23日 小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」

トークは、まず小沢さんによるご自身の経歴と作品紹介から始まりました。

最初に、現在のアーティスト活動の最も初期に位置づけられるものとして挙げられたのが、《語呂合わせ》(2005)という映像作品です。これは芸大在籍中に制作された作品で、テレビやビデオなどから集めてきた様々な声を、まるでひとりの人間がしゃべっているかのように見せています。

発話の主体と話された内容を故意に一致させない本作品には、小沢さんの一貫したテーマである「言葉」に対しての姿勢がすでに表れています。

11月23日 小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」

次に、過去作品《James》(2014)や《デキリやギーゼ》(2017)、《SPEAKERS》シリーズ(2014~)を紹介し、展示している二つの作品の説明へと移りました。

本展覧会に合わせて制作された《石松三十石船道中》と《SPEAKERS》シリーズの新作は、いずれも、外国人居住者が大勢住む大阪の「異文化」性に焦点をあて、その考え方、感じ方の違いを小沢さんの「言葉」を扱う特徴的な手法で作品化したものです。今回の二作品を塚原さんは、従来の小沢さんの作品の特徴を維持しつつ、新たな可能性を見出すことに成功していると話されていました。

映像作品《石松三十石船道中》(2019)は、大阪に伝わる「浪曲」を伝言ゲームのように、それぞれ異なる文化、国籍を持つ5人に歌い継いでもらう作品です。参加する人々は浪曲というものや歌詞の内容を知らず、歌のメロディや世界観を自分で連想しながら表現し、次の人に歌い継ぎます。実際に作品制作に参加した方々に感想を尋ねると、各自が連想したイメージが全く違うことがわかりました。たとえば、最初に歌ったシナンジャさんはダンサーということもあって、身体も使いながらアグレッシブに歌われています。ところが、2番手を務めたニルミニさんにはそれが子守歌に聞こえたため、一転して静かに歌われています。このように歌い継がれるたび、浪曲はオリジナルからどんどん離れ、最後を担当したタピオさんが歌う時にはもはや独自のものへと変わっています。歌い継ぐことで失われた浪曲の意味が、5人の独自な表現によって補われていき、やがて異なるものへと変わっていく。この面白さに注目しながら作品を見ていただきたいと、小沢さんは仰っていました。

11月23日 小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」

もう一つの作品である《SPEAKERS 日本語学生の先生と生徒》(2019)は、これまでのSPEAKERSシリーズで初めて外国人を起用したことで、塚原さんが言う「新たな可能性」が見出される一つの要因となったことでしょう。

「言葉の二人羽織」とも言えるSPEAKERSシリーズは、会話の間にあえて他者を介在させることで、私たちが何気なく行っているコミュニケーションの困難さを作品としています。今回の作品では、中国人留学生の傅(フ)さんと姜(キョウ)さん、日本語講師の川村さんと後藤さんがそれぞれ「中国人と日本人」でペアになり、二人羽織のように会話が展開されます。川村さんは、中国語の発話が果たして肯定文なのか、質問をしているのか、そしてその言葉にはどんな感情がこもっているのかが理解できず、やりにくかったと述べられました。分からない会話の中でふいに笑いが込み上げたという川村さんのお話は、コミュニケーションを交わしにくい環境でどう振る舞うのかという、本作品の核心を突いているのではないかと思います。

11月23日 小沢裕子アーティスト・トーク「言葉の乗り物たちの集会」

最後に小沢さんは、隠れキリシタンの間で江戸時代から歌い継がれてきた『オラショ』を例に、さらにご自身の関心について説明されました。オラショは、もとは海外宣教師によって伝えられた「意味」を持った歌でしたが、意味を知らない当時のキリシタンの間で伝承過程で、次第に独自の祈りの歌へと発展しました。言葉の意味が少しずつ失われ、最後にはわずかな音の片鱗しか残らなくとも、一方でそれによって新たな意味も生まれてくる点に小沢さんは強く興味を惹かれるといいます。言葉の伝達の難しさと同時に、それでも伝達を試みることで生じる変化や面白さ、そしてそのいとなみの尊さについて考える時間となりました。

12月に入り、鉄道芸術祭も残り数週間の開催となりました。まだまだ関連イベントも続きます。ぜひ一度、足を運んでみてください。

 

  2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録