スタッフブログ > 鉄道芸術祭

「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭vol.8

 2019.1.11(B1事務局 三ヶ尻)

11月10日からスタートしている企画展「鉄道芸術祭vol.8『超・都市計画』」では、「都市」「都市計画」というテーマを多角的な視点でさらに深く読み解く試みとして、様々なジャンルの専門家をお呼びし、関連トークプログラムを開催しています。1月11日は「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」をテーマに開催しました。ゲストは、老年医学を専門に研究されている内科医の神出計さんです。

神出さんは、高齢者に多い疾患を診るだけではなく、"健康寿命の延伸に繋がるヘルスプロモーション科学の実践"をモットーに、在宅医療や医療制度など、地域の高齢者の生活を支えるための仕組みの研究をされています。今回は、これからの人やまちを考えるために基本となる知識や、神出さんの研究やその成果、ご自身のお考えも含めてお話しいただきました。

1/11 鉄道芸術祭vol.8 トーク・プログラム「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」ゲスト:神出計(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授)

現在日本は世界一の長寿国であり、他の国が経験したことのない"超高齢社会"となりました。神出さんの研究室では、どうすれば私たちが健康に暮らし続けられるのかを考え、異なる分野の研究者や、まちづくり・行政・法制度の専門家との共同研究が進められています。

社会の高齢化を図る基準は、65歳以上のひとが人口の7〜14%で"高齢化社会"、14〜21%で"高齢社会"、21%以上は"超高齢社会"と定められています。2008年の時点で日本は"超高齢社会"となり、現在65歳以上の高齢者が人口の27%、75歳以上の後期高齢者が13%。つまり、高齢者が4人に1人、後期高齢者が8人に1人の割合となりました。

沢山の人が長生きできるということは、豊かで安全、清潔な環境があり、なおかつ医療が進んでいるからです。そして、私たちはこの状態をどのように保つことができるか考えていかねばなりません。

1/11 鉄道芸術祭vol.8 トーク・プログラム「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」ゲスト:神出計(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授)

とはいえ、将来日本は人口が大幅に減ることが予想されており、今よりさらに少子高齢化が進むとも言われています。加齢とともに病院に行かれる方も多くなり、社会保障に必要なお金も右肩上がりです。そして現在すでに、病院や病院のベッドの数、ケアする人も足りなくなっていることが問題視されています。

今までは病気をしたら病院へ行くことが常識となっていますが、これからは病気にならないようにする、介護を受けないようにする、という予防の時代がきていると神出さんは言います。疾患や介護の予防は高齢になってからでは遅く、若い時から健康について意識し予防を充実させることが大切です。そして、まちには個人個人が健康寿命を延ばす意識をもちやすい環境をつくることが必要です。

1/11 鉄道芸術祭vol.8 トーク・プログラム「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」ゲスト:神出計(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授)

ロコモティブシンドローム、サルコペニア、フレイルという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。これらは病気ではなく加齢とともに起こりやすいといわれている病態です。

ロコモティブシンドロームとは、筋肉や関節・骨など運動器の衰えにより歩く、立ち上がるといった移動機能が低下する状態、サルコペニアとは、筋肉量が減少し筋力低下が起こることを示し、歩くスピードが遅くなったり杖や手すりが必要になるなど身体機能が低下した状態、またフレイルは、心身の活力の低下や他の慢性疾患の影響から、生活機能が障害され心身の脆弱性が出現した状態を指します。
フレイルに関して厚生労働省研究班の報告書では、「適切な介入・支援により、生活機能の維持向上が可能な状態」と示しており、ここでも予防の大切さを提唱しています。このような病態に対して、私たちひとりひとりができる予防は、良好な食栄養、身体活動、体力の増進、社会参加が有効とされています。

例えば、フレイルの症状の方に多い生活サイクルとして、以下のようなことがあります。
【あまり動かない → ︎お腹がすかない → ︎︎食事量が減る → ︎︎︎低栄養 → ︎︎︎筋肉が弱る → ︎︎︎体のバランスが悪くなる → ︎︎転倒しやすくなる → ︎︎︎転倒が怖いので動かない → ︎︎お腹がすかない → .........︎】
わたしの身近な高齢の方を思い浮かべると、当てはまりそうな方が多くいらっしゃいます。このようなサイクルを断ち切るためには体を動かすことが大切ですが、このサイクルに陥っている方が一人でモチベーションを高めることは難しいのが現状です。

1/11 鉄道芸術祭vol.8 トーク・プログラム「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」ゲスト:神出計(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授)

これからのまちを考える上で、注※)ソーシャル・キャピタルの高い環境をいかに作るかということが大切だと、話の端々から強く感じました。ソーシャル・キャピタルを高く保つためには、人を信頼すること、お互い様と思う気持ち、人と人とのネットワークを大切にすることなど、ひとりひとりが意識し日々作りあげていけるものです。その日々が積み重なった結果がこれからのまちになるのだと思いました。

お話の最後には、参加者の方々から病気予防、介護予防に関する質問が飛び交い、健康への意識の高さがうかがえました。神出さんをはじめ、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

注※)
コミュニティにおける人と人との信頼感や互酬・互助意識、ネットワークへの参加などを包括して"ソーシャル・キャピタル"と呼ばれている。この構成要素が働くコミュニティの方が、住みやすく働きやすいこと、課題解決のための行動を起こしやすいこと、またその集団の人々の健康を守るという研究成果の報告も出てきている。 
参考資料:大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 総合ヘルスプロモーション
科学講座 ヘルスプロモーション・システム科学研究室ホームページ, 研究内容紹介, 4.ソーシャルキャピタル研究 http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~comger/kamide/researches.html

 

  2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録