2018年12月 イベントスケジュール

「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」
鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム

 2018.12.22(B1事務局 三ヶ尻)

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画〜そうなろうとするCITY〜」の参加アーティストであるTHE COPY TRAVELERSは、それぞれが美術家として活躍する加納俊輔さん、迫鉄平さん、上田良さんで結成されたユニットです。12月22日に開催した「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」では、彼らの活動経緯や制作手法、また本展出展作品についてさまざまな角度からお話ししていただきました。

 

鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム 「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」

 

THE COPY TRAVELERSのはじまりは、加納さんと迫さんのアルバイト先にあったコピー機でした。
スタートボタンを押すだけでイメージが瞬時に紙にうつしとられ、どれだけ失敗してもすぐに次の制作に取りかかれるコピー機の面白さに魅了され、夜な夜な実験的に作品制作するようになったそうです。また、2人のアルバイト先に出入りする友人のひとりであった上田さんも参加し、現在のユニットとなりました。

コピー機の上に乗せるものは、スナップ写真、ドローイング、雑誌の切り抜きなど、3人それぞれが持ち寄ったあらゆる素材です。持ち寄ったものは出どころを問わず、切り刻む、何かに貼りつけるなど、どのようになっても構わないというのがルールだそうです。三人三様思うようにコピー機に並べ、どんどん出力していく、出力したものがまた素材のひとつになるなど、終わらないコラージュ作業の連続から作品が制作されていきます。

また展示する際は、机の上に作品を同等に並べ、現場で選び、展示位置を決定していくのが通例だそうです。長時間の話し合いになると疲れてきて展示作業が進まず、また、体力が有り余っていると喧嘩になるなどの経験を積み重ね、自分のアイデアを通すために他の2人が疲れるのを待ってみたり、黙って素材を追加してみたりと、ユニットならではのエピソードも明かされました。

 

鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム 「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」

 

展覧会を行う度に、美術業界や写真業界における作法をくずしていくようなチャレンジを行い、新たな視点を模索し続けてきたTHE COPY TRAVELERS。これまで彼らの作品制作は、スタジオやアトリエに篭りその場で完結していたそうです。そして今回、はじめてスタジオを飛び出し作品制作を行ったことが特徴のひとつだと言います。

本展のタイトルが「超・都市計画」と聞き、まず都市を体験することが大事だと感じたそうです。舞台となったのは大阪・中之島。彼らはたびたび中之島に出向いては、風景写真や素材となるものを採集し、それを一旦スタジオに持って帰り、雑誌の切り抜きやドローイングなど他の素材と同等に並べて制作し、できたものを再び中之島に持っていく作業を繰り返し行いました。

 

また、本展の副題である「そうなろうとするCITY」は、3人の発案から付けられたものです。
「CITY」という言葉は、あらゐけいいちさんの漫画〈CITY〉から引用されました。あらゐさんの描く〈CITY〉では、たくさんの登場人物、動物、モノが行き交い、一見関連性がないと思われたことが何かの拍子に繋がる瞬間や、読み手という視点で街を俯瞰していると予期していなかったコトやモノにスポットライトが当たる瞬間などを切り取り、物語る街の様子が、本展のイメージと重なったと言います。
また「そうなろうとする」という言葉には、街自体が主体をもっているイメージと、街を構成している人やモノ、コトなどの全てのものが、それぞれのゴールを目指して動き、勝手に組み上がっていくイメージを込められました。

これに対し迫さんは、コピー機の上でフレキシブルにモノを移動させながら作品をつくっていくTHE COPY TRAVELERSの作品制作と、漫画〈CITY〉で登場人物を固定せずたくさんの人やモノを出入りさせ物語る街の様子、制作のためにたまに訪れる中之島の風景が、時間帯や季節、道行く人の服装などによって異なってみえて感じることを重ねてみていたそうです。そして、フレキシブルに様々なことが行き交い、固定されない状態に"コラージュの未来"をみたと言います。

 

鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム 「ザ・コピー・トラベラーズのオールザッツなエトセトラ」

 

トークの最中、素材を何層も重ねている内に、そもそも誰のものであったのか、何を見ていたのかすらわからなくなってくるというような話が何度もでてきました。都市の風景とは、各々に動く人や動物、モノ、コトが重なり、固有名詞も見えなくなった頃、立ち上がって見えてくるのかもしれないと感じました。

 

DSC05713.JPG

しかし、THE COPY TRAVELERSの描く都市風景は、決して個人やちいさなモノやコトを無慈悲に切り刻んでしまうものではなく、ひとつひとつに対する愛着や尊敬をもって素材を扱っていることが、作品から、そしてトークの端々からもひしひしと感じられました。

展覧会場では、上田さんのドローイングや中之島で撮影した写真を含む、本展をさらに深く読み解く報告書「THE COPY TRAVELERSのそうなろうとするCITY」を販売しています。ぜひお手に取ってみてください。

THE COPY TRAVELERSの皆様、ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島 シンボルイベント「クリエイティブ・アイランド -創造的な都市の本質とは何か−」

 2018.12.16(B1事務局 下津)

この日は「創造的な都市と芸術の関係」をテーマに「クリエイティブ・アイランド -創造的な都市の本質とは何か−」と題し、芸術・都市建設・学術、多方面からゲストをお招きしてシンポジウムを開催しました。

2018.12.16 クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島 シンボルイベント「クリエイティブ・アイランド─創造的都市の本質とは何か─」

早くから沢山の申し込みをいただき、寒さの厳しいなか開始時間よりずっと早くにいらっしゃるお客様も見られました。多くのみなさまにご来場賜り会場内は満員でした。ありがとうございます!

------------------------------------------

■第1部
基調講演「水辺の都市における創造的都市論」
ゲスト:ドリュン・チョン(M+ 副館長兼チーフ・キュレーター(香港))

■第2部
ディスカッション「中之島の共創のビジョン─クリエイティブ・アイランドに向けて」
登壇者:植木啓子(大阪新美術館建設準備室 研究副主幹)
    大谷燠(NPO 法人 DANCE BOX 理事長/神戸アートビレッジセンター館長)
    加藤好文(京阪ホールディングス株式会社代表取締役社長/CEO 兼COO/執行役員社長)
    ドリュン・チョン
    西尾章治郎(大阪大学総長)
    西野達(アーティスト)

------------------------------------------

2018.12.16 第一部:ドリュン・チョン(M+ 副館長兼チーフ・キュレーター(香港))

2018.12.16 第一部:ドリュン・チョン(M+ 副館長兼チーフ・キュレーター(香港))

 

まず第1部に、2020年に香港の西九文化区にて開館を控えている世界最大規模の現代美術館M+の副館長兼チーフ・キュレーター、ドリュン・チョン氏に「水辺の都市における創造的都市論」を講演していただきました。M+とは何か、何が今までの美術館と違うのか、今後の可能性について同時通訳でお話しされ、来場者の中には熱心に頷いてはノートをとる姿も見られました。

 

2018.12.16 クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島 シンボルイベント「クリエイティブ・アイランド─創造的都市の本質とは何か─」

第2部では香港と大阪・中之島の「水辺の都市」という共通点も踏まえながら、中之島で創造的な地域を形成する可能性について、ディスカッションを行いました。中之島で先鋭的な文化事業を行ってきた大学、企業、NPOの代表者、中之島に誕生する新たな美術館のキュレーター、世界各地で都市を舞台にアートプロジェクトを行ってきた美術家、文化政策研究者など、異なる立場からご意見をいただきました。

香港と中之島には、それぞれ「文化拠点が集まる水辺の都市である」という共通点があります。文化の拠点地としてまだまだ多くの可能性を残す両者ですが、これからどのような発展をしていくのか、都市の中の芸術とは何か、といった問いを多方面の分野から考えることのできる大変貴重な講演となりました。

ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」
鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム

 2018.12.8(B1事務局 三ヶ尻)

12月8日、9日の2日間、京阪電車「光善寺駅」構内のとある部屋にて、座主を写真家のホンマタカシさんが務める「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」を開催しました。 

「光善寺駅カメラオブスキュラ」とは2015年、写真家のホンマタカシさんが京阪電車「光善寺駅」構内に設置した、実際にカメラの仕組みの中に入り込み、カメラの原理を体感できる空間です。今回、この空間を新たに茶室として設え、ホンマタカシさんが自ら座主となり、各席限定6名のお茶会を催しました。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」【光善寺駅ホーム】

------------------------------------------

鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム
ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」
2018年12月8日(土)、9日(日)
①11:00-12:10 ②12:50-14:00 ③14:10-15:20
各席:6席
座主:ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデュース)

------------------------------------------

開催の様子を写真にて、ご紹介します。
光善寺駅改札にて受付を済まされた皆さんは、駅構内のとある部屋まで案内されます。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」 

階段をのぼり、いよいよ茶室へ。

カメラオブスキュラとは、ラテン語で「暗い部屋」を意味するカメラの語源とされる光学装置です。
暗い部屋の片方の面に小さな針穴を開けると外からの光が穴を通り、穴と反対側の壁に像を結ぶ現象が起こります。また原理上、この方法で結ばれた像は上下左右が反転して映ります。

部屋が暗く手元がはっきり見えない中おこなわれた茶会では、茶や菓子の香り、舌触り、走る電車の振動、構内のアナウンスの音、そして内壁にぼんやりと浮かび上がる光善寺駅とその周辺の風景...
ひとつひとつ濃厚に繊細に味わう時間であったように思います。

 

茶会を終え外に出ると、茶会記にて今回の室礼を各々振り返ります。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」 鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」

 

ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

席主:ホンマタカシ
水屋:中山福太朗
設営:dot architects
写真:守屋友樹

「森村泰昌の『映像─都市』論 ─上映とトークによって、大阪を読み解く─」

 2018.12.7(B1事務局 下津)

橋爪節也先生によるレクチャーガイドツアーの後で、中央公会堂の3階中集会室にて上映会&トークイベント「森村泰昌の『映像−都市』論 -上映とトークによって、大阪を読み解く−」が開催されました。

2018.12.7「森村泰昌の『映像─都市』論 ─上映とトークによって、大阪を読み解く─」

今回ありがたいことに急遽増席するほど多くのお申し込みをいただきました。
森村さんは大阪で生まれ育ったアーティストです。中央公会堂を舞台にした2007年の作品《なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え)》など、自身の写真や映像作品の多くは大阪で撮影されています。本上映会では「森村泰昌作品と大阪の年」をテーマに、時空を超えて大阪の風景と歴史上の人物を映像化した作品群とともに、森村泰昌流の都市論を読み解きます。

2018.12.7「森村泰昌の『映像─都市』論 ─上映とトークによって、大阪を読み解く─」

■上映作品

《喜怒哀楽をふところに》
1998/10分/ビデオ[撮影場所:旧国立国際美術館(万博記念公園)、大阪市中央公会堂 他]

《烈火の季節/なにものかへのレクイエム(MISHIMA)》
2006/8分/ビデオ [撮影場所:旧陸軍第四師団司令部庁舎]

《なにものかへのレクイエム(人間は悲しいくらいにむなしい 1920.5.5-2007.3.2)》
2007|8分|ビデオ(HD)[ 撮影場所:釡ヶ崎支援機構とその周辺]

《なにものかへのレクイエム(独裁者を笑え)》
2007|10分|ビデオ[ 撮影場所:大阪市中央公会堂 他]

 

上映会後のトークでは、日頃から森村さんと親交のあるアーティスト集団 Chim↑Pomの卯城竜太さん、大阪の近現代の建築に精通する建築家の髙岡伸一さんを加え、それぞれ異なるアプローチから都市と映像の諸相を読み解きました。卯城さんもまた、Chim↑Pomで震災を記録した映像作品を発表するなど、森村さんとは異なる視点から都市と映像を取り上げるアーティストです。それぞれアーティスト、建築家といった異なる視点から、多角的に都市の可能性を議論する、大変充実したトークセッションとなりました。

 

2018.12.7「森村泰昌の『映像─都市』論 ─上映とトークによって、大阪を読み解く─」

2018.12.7「森村泰昌の『映像─都市』論 ─上映とトークによって、大阪を読み解く─」

「アートでひもとく中央公会堂の100年」 企画展ツアー

 2018.12.7(B1事務局 下津)

この日は大阪大学で教授を務める橋爪節也先生のレクチャーのもと、今年開館100周年を迎える大阪市中央公会堂記念展示「アートでひもとく中央公会堂の100年」ガイドツアーを行いました。

2018.12.7 「アートでひもとく中央公会堂の100年」 企画展ツアー

------------------------------------------

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島
サイトツアー/トーク05 「アートでひもとく中央公会堂の100年」企画展ツアー
日時:12月7日(金)17:30−18:00
会場:大阪市中央公会堂 展示室
ツアーナビゲーター:橋爪節也(大阪大学総合学術博物館 教授、大学院文学研究科兼任)

------------------------------------------

かなり寒さの厳しくなってきた今日この頃ですが、ありがたいことに今回のツアーでは早々に定員に達するほど多くの申し込みをいただきました。
展覧会では創建当時の中央公会堂から始まり、その後現代に至るまでの大阪と中央公会堂の発展について順を追って展示しました。

また、この日は同じく中央公会堂にて19時から現代アーティストの森村泰昌氏のトークイベント&上映会が行われていたこともあり、普段は一般公開されていない3階の特別室が開放されていました。

2018.12.7 「アートでひもとく中央公会堂の100年」 企画展ツアー

特別室は創建当時、貴賓室として使用されていたお部屋で、天井や壁面には日本神話の一場面が描かれています。荘厳さと優美さを感じさせる大きな窓には慶祝の象徴である鳳凰と大阪市の市章である「みおつくし」があしらわれたステンドグラスが嵌め込まれています。和と洋が美しく融合した光景に、天井を仰ぎ見た参加者からは感嘆の声があがっていました。

≪  2018年12月  ≫

  2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

スタッフブログ カテゴリ一覧