2018年12月 イベントスケジュール

ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」
鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム

 2018.12.8(B1事務局 三ヶ尻)

12月8日、9日の2日間、京阪電車「光善寺駅」構内のとある部屋にて、座主を写真家のホンマタカシさんが務める「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」を開催しました。 

「光善寺駅カメラオブスキュラ」とは2015年、写真家のホンマタカシさんが京阪電車「光善寺駅」構内に設置した、実際にカメラの仕組みの中に入り込み、カメラの原理を体感できる空間です。今回、この空間を新たに茶室として設え、ホンマタカシさんが自ら座主となり、各席限定6名のお茶会を催しました。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」【光善寺駅ホーム】

------------------------------------------

鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム
ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」
2018年12月8日(土)、9日(日)
①11:00-12:10 ②12:50-14:00 ③14:10-15:20
各席:6席
座主:ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデュース)

------------------------------------------

開催の様子を写真にて、ご紹介します。
光善寺駅改札にて受付を済まされた皆さんは、駅構内のとある部屋まで案内されます。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」鉄道芸術祭vol.8 特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」 

階段をのぼり、いよいよ茶室へ。

カメラオブスキュラとは、ラテン語で「暗い部屋」を意味するカメラの語源とされる光学装置です。
暗い部屋の片方の面に小さな針穴を開けると外からの光が穴を通り、穴と反対側の壁に像を結ぶ現象が起こります。また原理上、この方法で結ばれた像は上下左右が反転して映ります。

部屋が暗く手元がはっきり見えない中おこなわれた茶会では、茶や菓子の香り、舌触り、走る電車の振動、構内のアナウンスの音、そして内壁にぼんやりと浮かび上がる光善寺駅とその周辺の風景...
ひとつひとつ濃厚に繊細に味わう時間であったように思います。

 

茶会を終え外に出ると、茶会記にて今回の室礼を各々振り返ります。

 

鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」 鉄道芸術祭vol.8特別プログラム|ホンマタカシ「光善寺駅カメラオブスキュラ茶会」

 

ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

 

席主:ホンマタカシ
水屋:中山福太朗
設営:dot architects
写真:守屋友樹

≪  2018年12月

  2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スタッフブログ カテゴリ一覧