2018年11月 イベントスケジュール

夜のゲーム菩薩、鉄道芸術祭会場にライブ降臨
鉄道芸術祭vol.8 アーティスト・プログラム 飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」

 2018.11.30(B1事務局 大槻、三ヶ尻)

11月30日、企画展・鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画〜そうなろうとするCITY〜」のアーティスト・プログラム、飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」を開催しました。

本展の参加アーティストであるゲーム作家の飯田和敏さんと、飯田さんが所属するクリエイターチーム・ゲーム菩薩グループのメンバーである中村隆之さん(サウンドクリエイター)、納口龍司さん(イラストレーター、デザイナー)をゲストにお迎えし、お話をお聞きしました。  

「夜のゲーム菩薩」とは、ゲーム菩薩グループのメンバーがテレビ電話越しにゲーム業界やゲームについてお喋りする様子を、インターネットを通じてライブ配信する番組です。この日は特別に、鉄道芸術祭の展示会場にメンバーが集結して番組をお送りしました。

 鉄道芸術祭vol.8|飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」【VRゲーム「水没オシマイ都市」】

〜VRゲーム『水没オシマイ都市』〜

まず話題は、ゲーム菩薩グループが制作した本展出品のVRゲーム『水没オシマイ都市』へ。
本作は、水没した都市空間を泳ぐ体験型の作品です。

プレイする人は、頭にVRのゴーグルをかぶり、両手にコントローラーを持ち、平泳ぎのような動作をすると前へ進む(泳ぐ)ことができます。現実の地図情報からステージを生成する「シマダシステム」を使用しており、実際の都市がゲームの舞台になっています。本展では中之島エリアがスタート地点になっていました。

また、複数人で同時にプレイできる"マルチプレイ"も可能な本作。今回は隣でプレイしている人とゲーム内でアバターとして再会し、ボディランゲージやアイテムを取り合うなどのコミュニケーションを取ることができました。外部からもアクセスができるように設定をすれば、どこにいてもゲームの中で会うことができるのだそうです。いつの日か、ゲームの中で誰かと待ち合わせ...なんてことが起こるかもしれません。

本作に取りかかった時は販売をするつもりで開発を進めていました。しかしVRコンテンツがなかなか一般に普及しないという大きな問題がありました。開発の締め切りがなく、リリースする必然性もない中、展示のためのゲームも存在するのではないかと考えたそうです。そして今後、どんな風にどんな場所でどんな場所を水没させていくのか、様々な場所で展開していきたいと意欲的に話されていました。

 

〜ゲーム菩薩 私たちはなぜゲームから卒業できないのか?〜

飯田さんは、ガンダムや絵画など様々なことに一時期入れ込むことがあっても何かの拍子に卒業したが、ゲーム作家となった今もゲームで遊ぶことからは卒業していないといいます。

鉄道芸術祭vol.8|飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」【私たちはなぜゲームから卒業できないのか?】

「すべては時が解決する」といいますが、苦しい時間をやり過ごすための最適な手段がゲームであったと、ご自身のゲーム体験を振り返り"救済"の観点で語られました。不幸な出来事が不可抗力によって身に降りかかることがあるのに対し、ゲームの中の内的な世界ではラッキーな偶然を自分の手で掴むことができます。飯田さんはゲームが本質的に心を救済してくれるわけではないと言います。しかし、長い時間日常から離れることができ、そこにはキュアするための一つのシステムがあったと話されました。「ゲーム菩薩」という名も、"救済"に由来しているそうです。  

また、卒業しない理由として挙げられたのは、ビデオゲームやコンピューターゲームの持っている側面のひとつとして、私たちの生活には未だ組み込まれてない新しい技術やシステムを、一足先に"遊び"というレベルで体験ができることも大きいと話されました。

休憩を挟み、来場者からの質疑を交えて話はさらに深くなります。

鉄道芸術祭vol.8|飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」

〜VRと現実〜

来場者から『水没オシマイ都市』をプレイした時にVRの中と身体がシンクロする感覚がありとても驚いたという声をいただきました。飯田さんは、身体知の有無がシンクロする感覚を引き起こしているのではないかと言います。平泳ぎをした経験がない人は「平泳ぎで泳げば泳げますよ」と伝えても理解ができないが、経験のある人は水の抵抗の感覚などが身体知として残っていて、それがVRの中でも喚起されるということに展示をして気がつかれたそうです。ということは、これまでのゲームにはできないことができる喜びがあったが、VRはできることしかできないという反転が起こっているのではないか、つまりVRと現実は1対1の関係であり現実は拡張されていないのではないかと考えるようになったそうです。

鉄道芸術祭vol.8|飯田和敏「夜のゲーム菩薩 in 鉄道芸術祭」ゲーム菩薩グループのお三人

 

昨今、VRを利用して、アスリートの訓練や医者に手術の体験をさせるなど、現実に繋がる経験を積ませる傾向も世界的にあるそうです。しかしそこにも根底には、身体の基礎能力や身体知に委ねられている部分が強いようです。トークでは、臨死体験や悟りを開くなど身体知のない経験をVRで行い、後に現実の体験として繋がる時に、どのようなコンフリクトが起きるのかなど、今後の展開を妄想しておおいに盛り上がりました。

ゲーム菩薩グループの皆様、そしてご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。

適塾 × 大阪市立科学館 × 大阪府立中之島図書館「大阪の学問・科学史をたどる」

 2018.11.18(B1事務局 下津)

11月18日は、大阪市立科学館嘉数次人さんをナビゲーターとしてお迎えし、適塾大阪府立中之島図書館などをめぐるツアーを行いました。無事お天気に恵まれ、まだまだ気温も暖かい絶好のお散歩日和のこの日、たくさんの人々がツアーに参加してくださいました!

2018.11.18 「大阪の学問・科学史をたどる」ナビゲーター:嘉数次人

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島
サイトツアー02 適塾 × 大阪市立科学館 × 大阪府立中之島図書館
「大阪の学問・科学史をたどる」
日時:11月18日(日)13:00─16:00
集合場所:大阪市立科学館 南側の屋外テント
ナビゲーター:嘉数次人(大阪市立科学館 学芸員課長)

2018.11.18 「大阪の学問・科学史をたどる」ナビゲーター:嘉数次人

まずは中之島の大阪市立科学館前からスタートし、適塾の創始者・緒方洪庵の師である中天游(なか てんゆう)の邸跡、豊前国中津藩蔵屋敷之跡、懐徳堂旧阯婢などを巡り、江戸期から現代に至るまでの大阪の学問史・科学史を辿ります。

堂島〜中之島近辺は今や大きなビル群の立ち並ぶ立派な都市です。その中にぽつんと残された石碑は知らないとうっかり見落としてしまいそうですね。

2018.11.18 「大阪の学問・科学史をたどる」ナビゲーター:嘉数次人2018.11.18 「大阪の学問・科学史をたどる」ナビゲーター:嘉数次人

中之島周辺は思々斎塾、適塾、大阪大学など学術の拠点が数多くあり、今なおその跡地が残っています。江戸期から現代に至るまで、日本の近代化に大きく貢献した多様な人材を輩出した大阪・中之島。その奇跡をめぐる非常に有意義なツアーでした。

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭vol.8
「都市計画の思想と場所」(中島直人さんをお迎えして)

 2018.11.13(B1事務局 江藤)

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 そうなろうとするCITY」の第1回目のラボカフェスペシャルは、まずは都市計画について、過去と現在の考え方そして未来のあり方を皆さまと考える場を持ちました。

─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭vol.8
「都市計画の思想と場所」中島直人(東京大学工学系研究科 准教授)
2018年11月13日(火)19:00-21:00
─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─ ─

ゲストの中島直人さんは、都市の空間ができた意図とそのデザインを研究される一方で、都市の再生や構想のプロジェクトに取り組まれています。これまでの研究は、日本では関東大震災の2年後、1925年に始まった"都市美運動"に関するものと、日本都市計画学会の学会賞"石川賞"の名のもとになっている石川栄耀に関する研究が主なもので、それぞれ著書を刊行されています。石川栄耀は東京の戦災復興の責任者であり、現在の新宿・歌舞伎町をデザインした人物ですが、「『都市計画』と云う華々しい名前を有ちながら自分達の仕事がどうも此の現実の『都市』とドコかで縁が切れてる様な気がしてならない」註1)ということばを残しています。お話をお聞きするにつれ、このことばが、中島さんの都市計画に対する考え方の原点になっているように感じられてきました。

中島さんは、自身の研究を通しての都市計画のあり方について、「もっと多くの市民が共有したり参画できるものがあったのではないか。今でもそれがあるし、大事なのではないかということを考えて研究している」と言います。 現在では私たちも耳にすることのあるアーバニズムという都市計画の思想の変遷を辿りながら、中島さんの考え方に近づいていきました。

鉄道芸術祭vol.8関連トークプログラム|「都市計画の思想と場所」 中島直人さんをお迎えして(2018/11/13)

アーバニズムの潮流

20世紀に入って都市の集中化が進むにつれ、都市においてかつて強かったコミュニティが解体される様子に問題意識を持つ人が増えてきました。そこで、社会学の分野で"アーバニズム"ということばが生まれ、アメリカのシカゴで研究が始まりました。これまで都市を考える学問は細分化され専門家の仕事でありましたが、これを包括的に、あるいは別の視点を入れて考える必要性が出てきたということです。

1990年代には自動車中心社会やそれによる都市の姿の弊害からさらに関心が高まり、サステナブルな未来を志向して都市を考える"ニュー・アーバニズム"という思想が興ってきます。ここで大事な点は、アーバニズムの思想には、都市に暮らしている人々の"実態の概念"と、社会をより良いものに変えていこうとする"規範的概念"の二つの要素が組み合わさっていることだと中島さんは言います。

鉄道芸術祭vol.8関連トークプログラム|「都市計画の思想と場所」 中島直人さんをお迎えして(2018/11/13)

2000年代には、人工の構造物でつくられている都市空間を、もとある土地の自然の水系や生物など生態的なものを都市のインフラとして回復させるという"ランドスケープ・アーバニズム"や"エコロジカル・アーバニズム"が生まれました。

そして、2010年頃からは、行政主導で都市全体を大きく変えるトップダウンの進め方に対して、小さなアクションを試し、そこから出てくる課題を計画に組み入れていく"タクティカル・アーバニズム"が多く実施されています。

中島さんが現在進めておられるプロジェクト『高島平プロムナード再生』註2)は、1970年代に生まれたニュータウン高島平への新しい居住者の流入を目的として実験的なプロジェクトから始められたもので、タクティカル・アーバニズムの例と言えるかもしれません。かつては道路と鉄道のエリアと居住エリアを隔ってきた干渉緑地を、役割を捉えなおして、休憩できるスペースや腰かけ台を設置してみるなどの実験をおこないました。すると、住民たちはその空間を使い出し、実験を重ねることでニーズが見えてきたり、ここを使いたい人や用途が新たに生まれてきたりしているそうです。

鉄道芸術祭vol.8関連トークプログラム|「都市計画の思想と場所」 中島直人さんをお迎えして(2018/11/13)

都市計画と人の関係、未来の都市の姿

都市計画の思想の変遷を辿ると、都市が交通インフラや建物などのハードを中心に計画されていた時代から、現代ではそこに住む人々の生活との関連性がより強まってきているのが感じられました。中島さんは、コペンハーゲンやニューヨークの人々の生活が都市の空間にデザインされた例を挙げながら、同時に「いいまちにはそのまちを面白いと思っている人、面白い場をつくっている人がいる」と言います。アーバニズムには、アーバニスト(都市計画家)の存在が、欠かせないということです。

大阪は日本では水辺の利用が進んでいるといわれますが、来場者の質問に中島さんは「大阪の人は水が都市をつくってきたという意識が強いのではないか」と答えられました。まちの人の気質が都市をつくっている顕著な例だと言えるのかもしれません。では、未来の日本の都市はどうなっていくのでしょう。多数となる高齢者のモビリティが確保される姿になっていかざるをえないであろうと、中島さんは考えています。それは、自動運転や他の新しい技術革新を伴っていくでしょう。未来のアーバニストはどのような生活スタイルを求め、都市は様々な要素を包み込みながら、どのようになろうとするのでしょうか。

鉄道芸術祭vol.8関連トークプログラム|「都市計画の思想と場所」 中島直人さんをお迎えして(2018/11/13)

註1)  中島直人氏スライドより 「『盛り場計画』のテキスト 夜の都市計画」、『都市公論』、15巻8号、1932年
註2) プロジェクト名『高島平プロムナード再生』は当日配布資料より

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭vol.8
鉄道芸術祭vol.8オープニング・プログラム 「ギャラリートーク&パーティー」

 2018.11.10(B1事務局 江藤)

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」が開幕し、初日の11月10日(土)15時よりオープニングプログラムのギャラリートーク&パーティーをおこないました。

本展覧会では、日本初紹介となるオランダ出身のオスカー・ピータースさん、加納俊輔さん、迫鉄平さん、上田良さんによるユニットTHE COPY TRAVELERS、ゲーム作家の飯田和敏さんの3組のアーティストに参加していただいています。

181110_tetsu8_opening-party.jpg

 

まずはロビーで、それぞれから自己紹介をしていただきました。 

オスカー・ピータースさんは、
自身のホームページをスクリーンで見ながら過去の作品を紹介されました。ピータースさんは動きを取り込んだ彫刻作品をつくるアーティストです。お客さんがコインを入れると鉄棒に吊られたチェーンソーがいきなり動きだす作品など、時には危険を伴う作品を発表していて、人間の感覚にある楽しさとスリル感を同時に楽しむという相反するような性質に着目されています。

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニングトーク/Oscar Peters

 

THE COPY TRAVELERSは、
写真や映像を使った作品などでそれぞれ個人として活動する傍ら、2014年秋頃から一緒にコピー機を使った作品などを作るようになりました。煩わしい作業なしでコピー機の上にいろんなものを載せてスタートボタンを押すと一瞬にしてイメージを定着させることができるということに面白みを感じ、コピー機、カメラ、スキャナ、PC作業など光学機器などをフルに活用しながらイメージをどんどん作っていくことを続ける、終わらない作業の中に作品があります。

本展覧会のポスターやパンフレットなどのメインビジュアルは、THE COPY TRAVELERSに作品と同じ手法で手掛けてもらっており、ここにはオスカーさんのコースターのライダーである「ピーナッツマン」、ゲーム作家の飯田和敏さんのゲームキャラクターの「巨人のドシン」の存在が写っています。

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニングトーク/THE COPY TRAVELERS

 

飯田和敏さんは、
1999年ニンテンドー64DDというハードでプレイできるゲーム<巨人のドシン>を復元して展示。実際に来場者の皆さんに遊んでもらえる最後のものになるだろうとのことです。もう一つの展示は、最先端のVRを使った、オープンソースの地図データシステムを使ったゲーム<水没オシマイ都市>。中之島を起点にして、リアルタイムに土地の姿を来場者の皆さんで生成していくというゲームです。

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニングトーク/飯田和敏

 

 

本展覧会では、二次元のTHE COPY TRAVELERS、三次元のローラーコースターを作るオスカー・ピータースさん、四次元ゲームを作る飯田和敏さんという三者で会場を構成しています。

異なる次元の三者が同じ空間で展示することについて、THE COPY TRAVELERSの迫さんは、オスカーさんの作品越しに配置を考えていき、場所によっては見えづらいところもある点など、「都市計画」に結びついていったと言います。

ところで、「そうなろうとするCITY」という副題をつけていただいたのはTHE COPY TRAVELERSです。上田さんによると、あらゐけいいちさんの漫画<CITY>やカート・ヴォネガット・ジュニアの小説<タイタンの妖女>が考えのエッセンスとなったそうです。特定のものが人によって重要度や捉え方が違うということ、何かを動かすために必要な意思というものが自分とは離れたところにあるという物語の要点が、都市が自分たちの意思とは違ってどんどん変化していくさまに同様のものとして感じられ、都市自体が意思を持ってつくっていくものであれば、自分たちも豊かにものをつくられるのではないかと考え、「そうなろうとするCITY」という言葉に至ったと言います。

オスカーさんのローラーコースターは、コースターの部分を第三者に作ってもらうという要素があり、それはinclusiveness、いろんなものを包み込んでいくような性格の作品であることを重要視しているそうで、飯田さんはビデオゲームは作者の思いとおりにプレイしてくれないので、inclusivenessということを織り込まないとつくれないと言います。まさに、都市の形成というものにリンクするようなお話でした。

 

 

次に、ギャラリースペースを歩きながら、各作品のアーティストに説明をしていただきました。

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニングトーク/Oscar Peters《Underground》

入って正面の長い壁面には、THE COPY TRAVELERSの多数の作品が横長に掲示されています。中之島を三人で歩いたり、各々で散策したりしながら撮影した写真素材やオブジェクトを並べて作品化していったそうです。

オスカーさんは、まずコースターを製作したdot architectsの皆さんに謝意を述べられた後に、作品を設計する際に苦労したことを話されました。というのも、アートエリアB1のギャラリースペースの天井高があまり高いほうではなく、それに比べて奥行きが長いということでライダーが走りきることを可能にするために苦心したそうです。

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニングトーク/飯田和敏 (ゲーム菩薩グループ)《水没オシマイ都市》 

ローラーコースターのコースの中には、飯田さんがメンバーとして参加されているゲーム・クリエイターチーム「ゲーム菩薩グループ」の作品<水没オシマイ都市>のスペースがあります。

ちょうど、来場者の方が体験をされていて、その動作を見ながら飯田さんが説明を加えられました。プレイヤーはヘッドマウントディスプレイを装着し、両手にコントローラーを持って、平泳ぎをするように進んでいきます。

コースの外に、飯田さんの20年前の実際に販売されていた<巨人のドシン>の作品があります。来場者の方が実際にプレイをした履歴が保存され、新しい土地が造成されていきます。

  

鉄道芸術祭vol.8・特別冊子「THE COPY TRAVELERSのそうなろうとするCITY」

壁面とは別に、コースの中や<巨人のドシン>の左の壁面には、THE COPY TRAVELERSの作品があり、柱面には彼らの制作プロセスを記録した映像が流れています。また、本展の特別冊子「THE COPY TRAVELERSのそうなろうとするCITY」を本展の受付にて限定販売しています。

 

 

 

飯田さんの「作品を内から見ているのか外から見ているのかという視点でとらえなおすと面白いのではないか」という言葉は印象的でした。THE COPY TRAVELERSの作品の中にある世界と外、ローラーコースターの内と外、ゲームの世界の内と外、展示空間と眼下に見下ろせる駅という現実空間など、意識が曖昧になっていくような感覚の揺らぎも楽しんでいただけるのかもしれません。

その後、展覧会の実現に協力いただいた方、プログラムに参加してくださった方々に感謝の気持ちを込めて、そして開幕を祝って、お越しの皆さまで乾杯をし、参加アーティストを交えて歓談の時間を過ごしていただきました。 

11月10日開催 鉄道芸術祭vol.8オープニング・プログラム

鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画〜そうなろうとするCITY〜」は来年1月27日(日)まで、そして1月14日(月・祝)には電車公演「ラジオになろうとする電車」を開催します。引き続き、みなさまのご来場、ご参加お待ちしています!

(撮影:Yuki Moriya)

 

≪  2018年11月  ≫

  2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

スタッフブログ カテゴリ一覧