スタッフブログ > サーチプロジェクト

「災害にまつわる所作と対話」クロージングトーク!

本展のタイトル名に所作と対話がありますように、展示期間中なんども対話を重ねてきました。今回が展覧会最後の対話となります。まずは振り返りの話からスタート。

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト クロージングトーク「災害にまつわる所作と対話」

展示がなぜ家なのか?

この展覧会準備の話し合いの時、災害の当事者でないと話せない状況がまずいよね。という言葉が印象に残ったと家成さん(dot architects)は言います。外部から物が言いにくいという状況。そうではなくてみんなが当事者の立場から話せる場があったらいい。そんな思いから日常的な空間から様々なアーティストの作品を日常と地続きに見て、災害と作品に触れてもらい対話できたらいいなと家のかたちを思いつきました。

そして当館運営委員で本展のディレクターのお一人である木ノ下さんからもうひとつ、美術館やホワイトキューブなど黙って見なくちゃいけないような、メディアの持つ強迫観念のようなものを極力少なくし、作品に触れる近い存在にして、会話ができる場所として家が重要な要素してありました。

こんな経緯で日常と隣り合わせの災害、普段の生活から災害のあり方を見て、家の中で対話が生まれる展示となり、来場者の方も親しみを持って展示をご覧いただきました。

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト クロージングトーク「災害にまつわる所作と対話」最後の対話

dot architectsさんより質問。最近の学生が大学からよく重要と言われいることのひとつに「コミュニケーション能力を高める」がありますが、川島さんや佐伯さんが普段行っている、人ではないものとのコミュニケーション、声の聞き方、向き合い方を尋ねました。

佐伯さん「自然と向き合うということではフィールドワークにでます。自然からの声を聞くには、自然を模すアナログの実験をします。溶岩の代わりに水飴を流すなど、実験をさせると自分が思ったことと違うことに気づく。自然から教えてもらうテーマ設定を行うように学生には教えています。」

川島さん「自分が直接自然を見るというより、民俗学なので基本は人の営みを通して自然を見ています。誰もが持っている内なる自然にどう向き合っていくかで外側の自然への向き合い方も変わります。例えば、漁師さんは海や潮を読む力を持っていて、そんな漁師の感とGPSを認識する能力を併せ持った人が一番魚が獲れるそうです。機械だけに頼ると、機械が進化すればするほど、いざ機械が壊れた時どうすることもできない。100%何かに頼らず、自然のいいところも悪いところも両方に向き合うことが重要です。」 

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト クロージングトーク「災害にまつわる所作と対話」

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト クロージングトーク「災害にまつわる所作と対話」こんな回答から話は多様性について展開し、自然をうまく取り入れた隙間風の通る自然換気の昔の家と現在の機密度の高い家、どちらが豊かなのか?というdot architectsさんの話を受けて、佐伯さんは「選択肢が広がったことはいいと思っています。それは多様性を担保しておくことです。」と話され、ひとつの物事から世界を見る視野の広さを感じました。

木ノ下さんからも多様性について、ホンマさんの映像作品の中でスマトラ地震でホテルで被害を受けたことを深刻そうに語るイギリス人と、あっけらかんと語る現地のホテル従業人の違い、そして被害にあったホテルは、塀などを立てることもなく同じ状態のホテルを再建築して、津波から10年後も当時と同じように営業していることから、多様性の中で彼らが選択したものとは何かを感じたと語られました。

ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト クロージングトーク「災害にまつわる所作と対話」

最後に、今回のプロジェクトで人間はすごいタフで、コミュケーションや伝承をつかっていることを改めて感じましたと佐伯さん。地質学、民俗学、建築家という立場からのご意見はそれぞれ異なりながらも交差する部分もあり、対話していくうちにお互いの接点や新しい視点が生まれました。

さらに企画側からも最後の対話をヒントに、どうやら来年の「ニュー"コロニー/アイランド"3」の企画構想が膨らんだようです!「ニュー"コロニー/アインランド"」は今回2回目を終えましたが、来年も開催予定で全3回行います。2017年春の展示をお楽しみに。

3月11日からスタートした展示もあっという間に幕を閉じました。テーマとしてデリケートな部分もありましたが、長時間にわたりじっくりとご覧になっていた方も多くいらっしゃいました。ご来場いただきましたみなさま本当にありがとうございました。

 

  2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録