スタッフブログ > 鉄道芸術祭

「音のステーション」開幕!!

 2014.10.23

「アパートメント・ワンワンワン」が終了してから、すっかりご無沙汰してしまいました。

アートエリアB1では秋の企画展として毎年開催している「鉄道芸術祭」がスタートしました!
鉄道の創造性に着目する本展、第4回目となる今回は、〈音・技術・ネットワーク〉をテーマに、展示とイベントプログラムを展開します。(展覧会詳細はコチラ

10月18日の初日には、オープニングイベントとして、三田村管打団?によるパレードと、出展アーティストによるギャラリートークを開催。お天気にも恵まれ、賑やかなオープニングとなりました!

20141018/「音のステーション」オープニング141018/「音のステーション」オープニング

三田村管打団?によるパレードは、展覧会場を飛び出して地上の公園へ!

141018/「音のステーション」オープニング141018/「音のステーション」オープニング

出展アーティストである江崎將史さんもトランペットで飛び入り参加!

子どもも大人も、様々な楽器を手にパレードを楽しみました。

地上の公園をぐるりと回った一行は、アートエリアB1へ。
第2部では出展アーティストによるギャラリートークを開催しました。本展の展示プログラムでは、「音」を多角的に捉え、様々なジャンルで活動を展開する8名のアーティストを迎えています。ギャラリートークでは、宇治野宗輝さん、江崎將史さん、八木良太さん、和田晋侍さんにご参加いただき、それぞれの作品や「音」についてお話いただきました。

141018/「音のステーション」オープニング141018/「音のステーション」オープニング

141018/「音のステーション」オープニング

ひとくちに「音」といっても、アーティストによって捉え方やアプローチの仕方は様々。会場には、リズミカルにビートを刻む音もあれば、来場者が手を加えることで鳴る音、さらに注意して耳をすませないと聴き取れない音などなど、作品から発せられる様々な音が響いています。
そんな会場の「音」を、本展ではインターネットで随時配信中です!

展覧会を観る前と後で音の聴こえ方も変わってくると思います。ぜひ合わせてお楽しみください。
「音」の中継はコチラ(USTREAM)

そして、展示プログラムだけでなく、多彩なイベントプログラムも本展の見どころの一つです!

11月最初のイベントは、11月6日の「江南泰佐 公開ラジオ『快音採取 世界の音旅』」
DJ活動、フィールドレコーディング活動、音楽談義、さらに音楽家としても活動する江南泰佐さんをパーソナリティとして迎え、公開収録形式で、トーク&ミニライブを実施する本企画。第一回目は、「日本モダントラッド音楽特集」と題して、箏奏者の今西玲子さんをゲストにお迎えし、初回スペシャル版でお送りします!もちろんライブもあり◎
観覧無料です。ぜひお誘い合わせの上、ご来場ください。

そして11月15日、16日には、作曲家の野村誠さんによるワークショップを開催します。NHK教育テレビの音楽番組「あいのて」の番組監修も務める野村誠さん。今回のワークショップでは、参加者とともに、京阪電車46駅の曲作りにチャレンジします!

子どもも大人も、初心者も上級者も大歓迎! ここで鉄道の名曲が生まれるかも!?

こちらも参加無料です。ぜひご参加ください。

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録