スタッフブログ > サーチプロジェクト

107/111
展覧会92日目/中之島哲学コレージュ「哲学カフェのつくりかた

本日、ラボカフェは中之島哲学コレージュを開催しました。


140702_search3_111-1.jpg

アパートメント・ワンワンワン会期中のブログでも、「ラボカフェ」は何度か取り上げていますが、

その中でも「哲学コレージュ」は、最もコンスタントに開催されているシリーズ。

 今日のテーマはまさに、そんな「哲学カフェのつくりかた」です。

 

今回は最初に、社会で行われているさまざまな対話促進活動とつながりながら、「哲学ワークショップ」などの活動を提供し、市民がみずからの哲学的対話・議論を営むお手伝いをしているCafé Philo(カフェフィロ)メンバーの方と哲学カフェとの関わりについてのお話がありました。

(Café Philoについてはこちらから)

  

「理路整然と話すことよりも、思わずこぼれ出てしまう、
あるいは、思わず噴き出てくるものがある、
純粋な「言いたい」という発言があるのが大阪の哲学カフェ」、

「『その人に出会えた』と思える瞬間が立ち現れることが最近は減ってきた」

と、話されていたのですが、

以前は場内乱闘(?!)寸前の瞬間もあったとか。

今日は、思わず笑い声がこぼれる和やかな会場でした。

  

「哲学カフェのつくりかた」というよりも、
もしかすると「大阪の、哲学カフェのつくりかた」を取り巻くお話の会だったのかも?

 

故郷で哲学カフェをすればどうなるのか?という、
参加者の方からの発言があるなど、広い意味での「場」についても
話は拡がっていきました。

また、過去の哲学カフェでの体験から、
哲学カフェという場の必要性や面白味を、参加者の方ご自身の言葉で
話されていたのも印象的です。

  

今回は、鷲田清一氏著『哲学カフェのつくりかた』発行に関連づけたテーマでもあります。

Café philoのHPに詳細が載っているので、ご興味のある方はそちらも
ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

140702_search3_111-2.jpg


ラボカフェは閉館後19:00〜の開催が多いですが、お時間に余裕のある方は、
少し早めにお家を出発されて、

展覧会の方もぜひ覗きにきてみてくださいね!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「アパートメント・ワンワンワン」クロージングイベント

「ワンワンワンまつり」

日時7月6日(日)12:00〜19:00
入場料1,500ワンワンワン(=1,500円/1ドリンク付・500ワンワンワンチケット付)

※ワークショップは事前予約優先・先着順・別途要参加費

〈ゲスト〉
Né-net 髙島一精graf 服部滋樹劇団 子供鉅人鈴木裕之MASAGON203gow辰己兄弟タダユキヒロ倉科直弘飯川雄大赤鹿麻耶poRiffとんぼせんせい裏庭植物店、山田祥照、grafIN/SECTS......and more!

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録