スタッフブログ > サーチプロジェクト

083/111
展覧会72日目/ワンワンワン83日目まつり

土日と連続イベントが続く「アパートメント・ワンワンワン」。

日曜日は、少し遅めの"中間祭り"ということで、「ワンワンワン83日目まつり〜ここで皆さまにご報告があります〜」を開催しました。

おまつりの前半は、美術作家の永岡大輔さんによるワークショップ。

そして後半は、イラストレーターの鈴木裕之さんと、ファッションブランド「Né-net」を展開するデザイナーの髙島一精さんによる対談を行いました。

イベントタイトルの副題にある"ご報告"とは、この対談で発表されたお二人からの"ご報告"です。

 

まずは前半の永岡大輔さんのワークショップ。

今回は「オオサカサラムドゥル」というワークショップを開催しました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

 

まずはグループになって一つの紙皿を囲みます。この紙皿のなかで"テキスト"をつくっていく、というのが「サラムドゥル」です。

テキストの元になるのは、持ち寄った様々な本から切り出された、お気に入りの一節や文章の数々。

まずは文章を切り抜き、それを混ぜてしまいます。そこから一束を取って、それが自分の「手札」となります。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

そして、順番に「手札」から紙皿の上にテキストを並べていきます。前の一節に繋がるように、「手札」を出していき、お皿のなかにひとつのストーリーが出来上がります。

そうして出来上がったテキストをグループ別に発表しました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

ここではひとつだけご紹介しましょう。

---

今日は雨だから、
偶然思い出した。
未亡人は
あのパフォーマンスを見た数日前の夜のことを、
レストランで絵を描いていたら
それらに出会っていない。
と思いながらその後は絶対聞くまいとして
まず一杯のコーヒーを飲む
わたしは財布を取り出し、中を開き、
暫くの間何も言わなかった。
きっと、パパよりも先に死ぬわよ
あどけなさを残す声
外の世界より、内の人間の方が大事であるという
どこまでもあいまいで、
二人ともにこっと笑った。

---

そして今回はなんと、音楽家のVOQさんが完成したテキストに音楽を付けて、

歌ってくださいました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

完成したテキストの内容もさることながら、

切り取られてもなお、作家や作品の個性をまとい続けている様々な文体・フォントのテキストが、お皿の上で何らかのストーリーを描き出そうとしている様がなんとも面白く、まるで言葉と戯れるようなひとときでした。

永岡さん、そしてご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

 

さて、そんな永岡さんのワークショップの余韻に浸りつつ、

後半は髙島一精さんと鈴木裕之さんの対談です。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

お二人は、第1期の展示で4号室と5号室に入居されていた、いわば"お隣さん"の間柄。今回の対談では、それぞれの展示をコーディネートしてくださった、grafの服部滋樹さんと、IN/SECTSの中村悠介さんにも "後見役" としてご登場いただき、お二人の対談を先導していただきました。

お二人からの "ご報告" とは......

今回の展覧会で初めて鈴木さんの絵を見られた髙島さん。鈴木さんの作品をとても気に入られたようで、

この度、「Né-net」が発行する雑誌でのコラボが決まりました!

(写真は、高島さんが入居中の4号室の現在の様子。第4期に入って、鈴木さんの作品も移設されました)

「アパートメント・ワンワンワン」4号室/高島一精さん(第4期の様子)

実は今日のおまつりが始まる開館前には、4号室でお二人の撮影も。既に着々と準備が進んでいるようです。

今後の展開は、髙島一精さんのブログを要チェックです!

 

さて一方で、フットサル場がトークで盛り上がっている最中、

第1期の入居者である、MASAGONさんが今月22日に開催するワークショップの素材を届けてくださいました。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

さっそくトークでもご紹介。

「ワンワンワン83日目まつり 〜ここで皆さまにご報告があります〜」

(次回のワークショップでは、この真っ白いかぶりものをベースに、好きな装飾を付けて、オリジナルのかぶりものを完成させます)

  

そんなこんなであっという間に一時間が過ぎました。

お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

そして、髙島さん、鈴木さん、服部さん、中村さん、楽しいトークをありがとうございました!

次回のイベントは、6月22日、MASAGONワークショップ「かぶりものをつくろう!」です。

こちらもかなり面白い内容になりそうです。

そして、最終日の7月6日には、本祭「ワンワンワンまつり」を開催します。

これまでのゲストが集結した一大イベント。コンテンツの詳細は、近日中にWEBにて公開予定です。

ますます盛り上がる「アパートメント・ワンワンワン」。今後のイベントにもぜひご期待ください!

 

--------------------------------------------------------------------

【次回 関連プログラム】

MASAGONワークショップ 「かぶりものをつくろう!」

日時6月22日(日)13:00〜16:00
定員10名(要事前予約/先着順

参加費3,000円

持ち物片一方になった手袋や着れなくなった服、ペットボトル、遊ばなくなったぬいぐるみ、わたなどかぶりものに装飾したい素材を自由にお持ちください。 ※裁縫道具など、必要な道具は無料にて貸し出します。(その他、端切れの詰め合わせも有料にてご用意しています)


--------------------------------------------------------------------

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1 

////////////////////////////

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録