スタッフブログ > サーチプロジェクト

072/111
展覧会53日目/哲学コレージュ「身近な人を葬送するために何が必要ですか?」

今週はラボカフェが続きます。

本日は哲学コレージュ「身近な人を葬送するために何が必要ですか?」が開催されました。

5/28ラボカフェ1

葬式とはなんなのか。一体誰の為に行うものなのか。

ゲストに浜渦辰二さん(大阪大学大学院文学研究科教授)をお迎えして、葬式、人生の終末時における式について皆さんで対話しながら、考えてみました。

近年簡略化された葬式が増えてきていて、浜渦さんもつい一ヶ月前に義母を亡くされ、簡略化した式をされたとのことでした。お坊さんを呼び、お経をよんでもらうことが必ずしも必要なことではないのではないか。遺影は近しい人で集めた写真のコラージュを使用し香典、香典返しも行わない。そういった簡略化した式を家族葬と呼ぶそうです。

一年前、浜渦さんが実母がなくなった時に家族葬を初めて行い、家族だけが集まり、お坊さんが来てお経を読むでもなく、位牌があるわけでもないけれど、みんなで黙祷をする。

それでも、お呼びした親戚の方たちが「良かったね、これでいいんだね」と言っていたとのことです。

5/28ラボカフェ2

こういった形のありかたも、現在の社会のあり方にあわせて葬式に対する考え方も変わってきているし、ありうるのだ、と考えさせられた時間になったと思います。

 

次は「アートと生存」という題でのラボカフェスペシャル&プロジェクト・ミーティングです。ぜひご参加ください。

 

時間:19:00〜21:00 

料金:300円

ゲスト:

上田假奈代(詩人・ココルーム代表理事)、山口洋典(浄土宗應典院主幹)、

樋口貞幸(アートNPOリンク事務局長)

カフェマスター:

本間直樹、木ノ下智恵子、久保田テツ(大阪大学CSCD教員)

////////////////////////////

サーチプロジェクトvol.3

「アパートメント・ワンワンワン 〜中之島1丁目1-1で繰り広げる111日〜」

会期〈展覧会期〉3月29日(土)─7月6日(日)
    12:00〜19:00 ※月曜休館(ただし、5/5開館、5/7休館)/入場無料

共同企画者graf(クリエイティブユニット)IN/SECTS(編集プロダクション)

会場設営dot architects

主催アートエリアB1

////////////////////////////

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録