スタッフブログ > 鉄道芸術祭

柴崎友香氏、オリジナル作品「水と人とが集まるところ」完成!

 2013.11.30

柴崎友香氏の沿線探訪は、
柴崎さんの高校時代の友人が住んでいた京橋から土居の当たりを中心に巡り、
そのプロセスを探偵小説のリサーチに見立てたオリジナルの書き下ろしエッセイ
「水と人とが集まるところ」が誕生しました!

柴崎友香_作品写真.jpg

先日の柴崎さんによる上方本談では、
その時の様子を記録画像とともに細やかに振り返ってお話し頂きましたが、
本作では、実際に訪れた場所を示すノンフィクションが、新たな発想によって独自の物語に生まれ変わっています。
観光名所や有名店といったガイドブックに掲載されている"名所・名物"ではなく、
何気ない町並みや家の軒先、友人おススメのB級グルメなど、
日々の会話に溢れる小さいながらも輝く"名所・名物としての「水と人とが集まるところ」"が、
細やかに描写されています。

柴崎友香 作品イメージポスター

(柴崎友香 作品イメージポスター)


読み手は、紡がれた言葉をたどる事で、風景や気持ちが浮び上がってくるようです。
また、今回は、沿線探訪で柴崎氏が実際にやり取りしていた友人とのモバイルでの会話を元に、
メールやラインといったショートメッセージの吹出しと、"わたし"の描写によって構成された、
柴崎氏にとっては初めての表現形式にチャレンジした意欲作でもあります。

柴崎友香 作品
今では当たり前になったデジタルデバイスでの操作による知人や友達との会話や情報。
その導きによって、何か・どこかを探しながら歩いて行く、、、。
ぜひとも、会場でお手元にとって読み進めて下さい。

 

 

////////////////////////////

鉄道芸術祭vol.3

松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景~言葉・本・名物による展覧会~」

会期2013年10月22日[火]ー12月25日[水]
12:00─19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日・12/24は開館)
入場料無料(一部有料イベント有り)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪電気鉄道(株)】
監修・企画・構成松岡正剛
協力ほんばこや、イシス編集学校、編集工学研究所
会場設計dot architects
特別協力(株)海洋堂、graf、ジュンク堂書店、スタンダードブックストア、
     パナソニック(株)
助成おおさか創造千島財団、大阪市
認定公益財団法人 企業メセナ協議会

/////////////////////////////////

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録