スタッフブログ > サーチプロジェクト

クロージングへ向けての振り返り:その4 山本高之ワークショップ「なまはげといきる」

こんばんは。今日は先日からの雨も落ち着き、梅雨の半ばの晴れ間となっていますね。むしむしとした湿気は相変わらずですが、、さて、クロージングまであと3日!今日は、山本高之さんのワークショップについて振り返ります。

130627_1.jpg 130627_2.jpg

----

山本高之氏は、こどもを対象にしたワークショップをベースとした映像作品を制作、発表するアーティストです。最初は、こどもたちが単に歌を歌っているだけにしか思えないもの、すきに工作をしてそれを見せているようにしか思えないように感じるかもしれません。
し かし、そのこどもたちの斬新で、ユニーク・創造的な感性に、見ているうちにだんだんと引き込まれていくのです。中には「こんなおかしなこと考えるんだ」 「こどもにはこんな風に見えるんだ」などと言われるお客さまもいらっしゃったり。そして、そういったものに触れることで、人がつくり出してしまっている特 殊な社会制度や習慣などに気付かされるのです。

130627_3.jpg 130627_4.jpg

実際に、当館にいらっしゃったお客さまの、ぱっと見ただけの最初の感想と、じっくり見たあとの感想のギャップがとても印象的でした。

----

今 回の「なまはげといきる」も、こどもたちは未知の力にどう立ち向かっていくんだろう?ということをテーマに制作されています。仲良くやっていくのか?それ ともはたまたやっつけてしまうのか。今回のアートエリアB1でのワークショップに参加してくれた子たちは、だいたい半分づつくらいの結末でしたが、同じ結 末でもその方法論は千差万別。「そんなこと考えちゃうの!?」とあっけにとられるような独創的な発想をする子たちばかりでした。。(やはりこどもにとって 消しゴムは大事なのですね!)

130627_5.jpg 130627_6.jpg

ア イディアが思い浮かばなかったり、工作に飽きちゃったり、撮影に緊張しすぎてしまったり、などなど、ちょっと泣いてしまう子もいたりするワークショップで はあったのですが、そこをきちんと乗り越えさせてしまう山本さんに、スタッフも様々なことを学ばせていただいた時間でもありました。もちろん、参加してく れた子たちにも、いい経験になったことは間違いなしでした。

130627_7.jpg

このアートエリアB1で撮影した「なまはげといきる」が見られるのは今現在は当館だけとなっております。クロージングまでにぜひご高覧ください。

----

そして、クロージングイベントに新たなゲストとして、シアタープロダクツから中西妙佳さんが来てくださることになりました!これで、シアタープロダクツさんからは、金森さんと2名のゲストがいらしてくださることに。豪華になっていきます!

そんなトークの衣装にも実はしかけが施されるかも(かもです!)しれません。気になる方はぜひお越しくださいね!

----

山本キノコシアターpresents
〜俺たちの歴史をつくってくれ!〜

ゲスト:山本高之、伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)、金森香、中西妙佳(シアタープロダクツ)

日時:6月30日(日)14:00〜19:00頃予定
参加費:500円
持ち物:工作に使いたい材料(紙、布など)

申込はサイト内申込フォームからお願い致します。
http://artarea-b1.jp/archive/2013/0630202.php

 

  2019年2月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

スタッフブログ カテゴリ一覧

スタッフブログB1 日々の記録