「人間浄瑠璃」事始め

イベント > ラボカフェ

森村泰昌×桐竹勘十郎創作公演プロジェクト・プレ企画【スペシャルトーク】
「人間浄瑠璃」事始め
ラボカフェスペシャル

3.14

日時3月14日[日]15:00─17:00

登壇者石黒浩(ロボット工学者/大阪大学教授)
          平田オリザ(劇作・演出家/大阪大学特任教授/芸術文化観光専門職大学学長就任予定)
          桐竹勘十郎(人形浄瑠璃文楽人形遣い)
          森村泰昌(現代美術家)
カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学准教授/プロジェクトプロデューサー)

観覧方法
<実来場観覧>
  定員:20名(料金3,000円/要チケット購入/先着順) ※チケットは完売しました
  ※チケットご購入済みの方は「ご来場の皆様へ」をご確認・ご了承のうえお越しください。
  ※本プログラムはトークプログラムで公演ではありませんので、予めご了承ください。
<オンライン視聴>
  ライブ配信にて開催します。
  開催当日になりましたら、本イベントページよりご覧いただけます。
こちらのURLからもご視聴いただけます→https://www.facebook.com/artareab1/videos/821553342045480

主催森村桐竹人間浄瑠璃プロジェクト実行委員会
協力公益財団法人文楽協会

「人間浄瑠璃」は、日本を代表する現代美術家の森村泰昌と、世界に誇る伝統芸能である人形浄瑠璃文楽の人形遣い桐竹勘十郎が初共演・創作する新たなプロジェクトです。
対象に成り代わることでそのものの本質を浮き彫にする森村が文楽人形に成り代わり、人形を遣いそこに魂を込める勘十郎が森村を遣う、という既成概念を覆す実験的表現の世界初演となります。
プレ企画では、劇作・演出家の平田オリザさん、ロボット研究の世界的第一人者である石黒浩さんを特別ゲストに迎え、新作の構想に関するトークを展開します。
古典芸能としての人形、演じ手としての人間、科学技術が生み出す人間に近いロボット、それらの背景にある文化や文明や技術を巡りながら、〈操る/操られる〉の関係性から創出する新たな表現の可能性について対話を繰り広げます。

<オンライン観覧方法>
開催時間になりましたら、以下に画面が表示されます。(観覧無料/申込不要)
※トークの録音や画面録画はご遠慮ください。
※アーカイブの視聴はできません。

ご視聴ありがとうございます。アンケートへのご協力をお願いいたします。
▶︎入力はコチラ

 

  2021年3月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

B1からのお知らせ

【オンライン配信ご視聴の皆様へ】
アートエリアB1では、現在「実来場観覧」と「オンライン観覧(配信)」を併用してプログラムを実施してお... 詳細»

【ご来場の皆様へ】
アートエリアB1では、現在「実来場観覧」と「オンライン観覧(配信)」を併用してプログラムを実施してお... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»