「 ソケリッサと踊ろう!Dance Workshop with Sokerissa」

イベント > ブリッジシアター

「 ソケリッサと踊ろう!Dance Workshop with Sokerissa」
ブリッジシアター

1.24

日時〈トーク&ワークショップ〉1月24日[日]14:00ー16:00
   〈ワークショップ〉1月23日[土]14:00─16:00/18:00─20:00
                                       1月24日[日]14:00ー16:00
          〈トーク&ショーイング〉1月24日[日]16:30ー18:00

ワークショップ講師ソケリッサ(ホームレスダンスチーム)
トーク登壇ソケリッサ、上田假奈代

会場アートエリアB1
参加費無料(要事前申込)
共催NPO法人ダンスボックス、NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)

<申込方法>
※緊急事態宣言の発出を受け、1月24日[日]14:00-16:00のみ(要申込・オンライン開催のみ)に変更させていただきます。

●ワークショップ参加希望の方
お申込はこちら
(お申し込み後、開催当日までにメールにて参加用のURLを送付いたします)

●見学希望の方
開催時間になりましたら、以下に画面が表示されます。
※トークの録音や画面録画はご遠慮ください。
※アーカイブの視聴はできません。

アンケートにご協力お願いいたします。入力はコチラ

どなたでもご参加いただけるワークショップです。個々の身体を魅せるソケリッサ!の創作アプローチとともに、ビックリするような時間を皆で創りましょう。今回はオンラインを通じてトーク&ワークショップを行います。ダンスの技術を持たないソケリッサ!メンバーと共に、言葉から発想する自分だけの形や動きを楽しみます。

・・・
詩人の上田假奈代さんの朗読と共に生命の根源、海に還る旅を創作。踊った事のない方、踊りが好きじゃない方、疲れるのでちょっとだけ動くのが良い方、強調性のない方、怒りっぽい方、途中で飽きそうな方、目立ちたくない方、子どもからお年寄り、障害を持っている方もどなたもどうぞ。いろんな方の参加をお待ちしています。リアルな今を生きる身体を堪能しましょう!
(アオキ裕キ)

プロフィール

新人Hソケリッサ!
ダンスグループ。振付家アオキ裕キが、日々生きることに向き合わざる得ない身体に興味を抱き、2005年路上生活経験者を集い、2007年第一回公演発表。現代に蔓延する偏った価値観への問いかけとともに幅広い可能性を持ち注目される。近年2017~2018年にかけ東京近郊路上ダンスツアー開催。駅前や公園など屋外中心全13カ所に渡るツアーを行う。リオ五輪公式文化プログラムに招聘。

アオキ裕キ
兵庫県出身。振付家。
テーマパーク、タレントのバックダンサー業などを経て 2001年NY留学時にテロと遭遇。帰国後、自身の根底を追求。「今を生きる身体から生まれる踊り」を求め2005年路上生活経験者と集い、ダンスグループ「新人Hソケリッサ!」を開始。コニカミノルタソーシャルデザインアワード2016グランプリ受賞。

上田假奈代
詩人・ 詩業家。NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)代表。
1969年吉野生まれ。3歳より詩作、17歳から朗読をはじめる。「ことばを人生の味方に」と活動する。2003年大阪・新世界で喫茶店のふりをした拠点アートNPO「ココルーム」をたちあげ、2008年西成・釜ヶ崎に移転。2012年まちを大学にみたてた「釜ヶ崎芸術大学」、2016年「ゲストハウスとカフェと庭ココルーム」開設。大阪市立大学都市研究プラザ研究員。2014年度 文化庁芸術選奨文部科学大臣新人賞。

 

  2021年1月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

B1からのお知らせ

【緊急事態宣言 対象期間のプログラムについて】
緊急事態宣言の発出を受け、2/7までのプログラムはオンライン観覧のみでの開催、もしくは延期とさせてい... 詳細»

【ご来場の皆様へ】
アートエリアB1では、10月より「実来場観覧」と「オンライン観覧(配信)」を併用してプログラムを実施... 詳細»

イベントスケジュール

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»