イベント > ラボカフェ

「"経験"と"勘"のサイエンス〜土木工学の新たな試み〜」
ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブアイランド・ラボ 中之島

4.24

日時4月24日[金]19:00−21:00
定員40名程度(参加無料/入退場自由/当日先着順)

ゲスト貝戸清之(大阪大学工学研究科地球総合工学専攻准教授)
カフェマスター
 木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部准教授、アートエリアB1運営委員)
 塚原悠也(NPOダンスボックス ディレクター、アートエリアB1運営委員)

ご参加の皆様へ(ご来場前に必ずお読みください)

1960〜70年代の高度経済成長期、日本では道路や橋梁、トンネル、上下水道などの多くの社会インフラが建設され、現在に至るまでの活用・保守管理は、職人や技術者の経験知や身体知によって支えられてます。しかし建設から半世紀を経た社会インフラは、劣化の進行と予算投入のバランスをどのように図るかが喫緊の課題となっています。
社会インフラを取り巻く意思決定問題を主たるテーマとしている研究者の貝戸清之さんは、確率論や数理統計学を用いて現場の「経験」と「勘」の視覚化を行い、その意思決定過程をモデル化することで社会インフラの劣化予測を可能にしました。「"経験"と"勘"のサイエンス〜土木工学の新たな試み〜」では、現場の暗黙知を形式知として共有・継承し、応用していくことの可能性や課題についてお伺いします。

 

関連イベント・関連情報

1.24
|
3.22

サーチプロジェクト vol.7
クリエイティブアイランド・ラボ 中之島
〜「文化の実験島」としての中之島発信プロジェクト〜

会期2020年1月24日(金)─3月22日(日)
    ※月曜休館(祝日の場合は翌日)

世界に誇る歴史と文化の集積地である大阪の中之島エリアは、パリのシテ島、ベルリンのムゼウムス・インゼルなど、世界に類する都心の中州(島)の可能性に満ちています。本事業は、中之島エリアを「創造的な研究所(クリエイティブ・ラボ)」として見立て、中之島に点在する文化施設や団体との連携、アーティストや研究者によるリサーチなど、3つのプロジェクトを通じて、中之島の創造的な活用法を探ります。

3つのプロジェクト

中之島ポスタープロジェクト
展示企画「ビルダーズ:工事記録にみる都市再考」
中之島文化ネットワーク

主催アートエリアB1
   (大阪大学、NPO法人ダンスボックス、京阪ホールディングス(株))
共催クリエイティブアイランド中之島実行委員会
助成大阪市

  2020年3月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

B1からのお知らせ

4月以降のイベント開催とご参加にあたっての注意事項
アートエリアB1では、2月〜3月に延期となったプログラムについて、国の専門家会議が発表した見解※を踏... 詳細»

【会期延長のお知らせ】
展示企画「ビルダーズ:工事記録にみる都市再考」は、会期を4月30日まで延長いたします。 ご来場に際し... 詳細»

【イベント延期/中止のお知らせと展覧会ご来場の皆様へ】
2月26日付の政府からの新型コロナウイルス感染拡大防止に関する要請を受け、 3月末までのプログラムに... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»