「都市の記憶  建築アーカイブをめぐって」

イベント > サーチプロジェクト

「都市の記憶 建築アーカイブをめぐって」
ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブアイランド・ラボ 中之島

1.24

日時1月24日[金]19:00─21:00
定員50名程度(参加無料/入退場自由/当日先着順)

ゲスト高岡伸一(近畿大学建築学部准教授/大阪市立大学都市研究プラザ特別研究員)
     齋藤歩(京都大学総合博物館特定助教)
     秋山卓也(大阪大学知的基盤総合センター准教授)
     佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部教授)
     松隈章(株式会社竹中工務店設計本部企画担当)

カフェマスター植木啓子(大阪中之島美術館準備室研究副主幹)

         木ノ下智恵子(大阪大学共創機構社学共創本部准教授)
         南谷雅和(京阪ホールディングス株式会社経営統括室事業推進担当部長)

主催大阪中之島美術館準備室、アートエリアB1
共催クリエイティブアイランド中之島実行委員会
助成一般財団法人地域創造、公益財団法人ユニオン造形文化財団

※本トークチラシに記載のゲスト登壇者の肩書に誤りがございました。正しくは上記のとおりです。訂正し、お詫び申し上げます。

近代以降の大阪の建築史・都市史研究を俯瞰すると、一般に近代建築と呼ばれる戦前の歴史的建築物には多くの注目が集まっている一方で、戦後から高度成長期にかけてのビル建築物や都市整備に関しては、残念ながらまとまった成果を認めることができません。昨今の再開発の波にあって戦後の建築物が解体され、建設時の資料も散逸・処分されるなか、戦前と現在を結ぶ戦後昭和の建築都市文化は、歴史からまるごと抜け落ち、やがて記憶からも消滅していく危機にさらされているといえます。今回は、建設事業者、建築家、アーキビスト、知的財産法研究者、視覚文化研究者を招き、建築アーカイブをめぐる保存状況や保存・公開における課題、歴史文化的価値などを紐解きながら、その活用可能性を探ります。
本トークは、中之島の文化ネットワークプロジェクトとして、大阪中之島美術館準備室との共同主催により開催、同準備室が大阪市立大学と資料保存・研究を進めている大阪・関西における建築アーカイブに焦点を当てます。

 

関連イベント・関連情報

1.24
|
3.22

サーチプロジェクト vol.7
クリエイティブアイランド・ラボ 中之島
〜「文化の実験島」としての中之島発信プロジェクト〜

会期2020年1月24日(金)─3月22日(日)
    ※月曜休館(祝日の場合は翌日)

世界に誇る歴史と文化の集積地である大阪の中之島エリアは、パリのシテ島、ベルリンのムゼウムス・インゼルなど、世界に類する都心の中州(島)の可能性に満ちています。本事業は、中之島エリアを「創造的な研究所(クリエイティブ・ラボ)」として見立て、中之島に点在する文化施設や団体との連携、アーティストや研究者によるリサーチなど、3つのプロジェクトを通じて、中之島の創造的な活用法を探ります。

3つのプロジェクト

中之島ポスタープロジェクト
展示企画「ビルダーズ:工事記録にみる都市再考」
中之島文化ネットワーク

主催アートエリアB1
   (大阪大学、NPO法人ダンスボックス、京阪ホールディングス(株))
共催クリエイティブアイランド中之島実行委員会
助成大阪市

  2020年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»