Urban Bodies: Our Contours Seen from the Outside, Your Voice Heard from a Distance

イベント > 鉄道芸術祭

Railway Art Festival vol. 9
Urban Bodies: Our Contours Seen from the Outside, Your Voice Heard from a Distance

10.26
|
12.29

ArtistsYuko Ozawa, Jompet Kuswidananto, Shinichi Takeda

DatesSaturday, October 26, 2019 ‒ Sunday, December 29, 2019
VenueArt Area B1
Location B1 floor, Naniwabashi Station of Keihan Railway,
         1-1-1 Nakanoshima, Kita-ku, 530-0005 Osaka, Japan
Hours12:00-19:00 p.m.
      12:00-21:00 p.m. from Saturday, December 14 to Wednesday, December 25
Closed Mon. (Open holidays and closed following day)
AdmissionFree

Organized by Art Area B1 [Osaka University + Dance Box + Keihan Holdings Co.,Ltd.]
Produced by Kaitokudo for the 21st Century, Office for Co-creation Social-University, Co-creation Bureau, Osaka University / Dance Box
Cooperated by NANZUKA, Keihan Electric Railway Co.,Ltd

チラシ [pdf: 2.7 MB]

The exhibition Railway Art Festival vol. 9 focuses on railways and creativity, and in particular on relationships between the city and the body. Railways have historically been a cornerstone of modern urban planning, and as they became increasingly ubiquitous, people's daily lives and mobility were dramatically improved, but trains also had the effect of forming social norms and codes of conduct such as punctuality and rules of etiquette. Railways have significantly affected our physical sensibilities as well as the forming the basic structures of our urban environments.

In this exhibition, three artists from Japan and abroad present new works that re-examine from unique perspectives the current circumstances of cities, the various behaviors of urban dwellers, and the bodies that produce these actions.

Jompet Kuswidananto, from Indonesia, presents an installation relating to crowds, the individual, and disembodied voices and messages, based on his insights into his own country's complex development, history, culture and contemporary society. Yuko Ozawa presents a new video work that observes the ways in which both Japanese and non-Japanese verbally communicate, based on research on areas of Osaka where there are many non-Japanese residents, and on narrative forms such as bunraku puppet theater and rokyoku (stories sung with shamisen accompaniment). Shinichi Takeda focuses on the various non-indigenous plants (weeds) that emerged along with the modernization of the railway, and has created a work incorporating his experiences traveling back and forth between the village of Higashi-Yoshino in Nara, where he resides after studying abroad in France, and Nakanoshima, Osaka where Art Area B1 is located, bringing together various elements relating to the movement of people and things between cities and rural areas.

We sincerely hope that by exploring the unseen contours of cities through three diverse works by three artists, based on observations of the world from both internal and external perspectives, this exhibition will offer an opportunity to open ears anew to the voices of the self and others, and engage with the rich theme of the experiences and physical sensations of human beings in transit between nations, urban spaces, and rural environments.

(Translated by Christopher Stephens)

 

関連イベント・関連情報

9.11
|
9.14

鉄道芸術祭vol.9サポートスタッフ説明会
「都市の身体〜入門エクササイズ編〜」

日時①9月11日(水)19:00〜20:30
   ②9月14日(土)14:00〜15:30
定員各回30名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)

進行木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

※①と②は同内容です。サポートスタッフに応募される方は、必ずいずれかの回にご参加ください。

10.26

オープニングトーク
「都市の身体―世界の内と外からの考察」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

日時10月26日[土]15:00-17:00
定員50名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)

ゲスト小沢裕子 ジョンペット・クスウィダナント 武田晋一
   (鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
進行木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

11.1
「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅱ」と「鉄道芸術祭vol.9 都市の身体」を巡る夜

中之島夜会@国立国際美術館×アートエリアB1
「コレクション特集展示 ジャコメッティと Ⅱ」と「鉄道芸術祭vol.9 都市の身体」を巡る夜
鉄道芸術祭vol.9 関連プログラム

日時11月1日[金] 18:00ー20:30

集合時間・場所18:00 国立国際美術館(受付開始:17:30)
コース国立国際美術館→アートエリアB1
定員20名(要事前予約・先着順)
料金1,000円(「ジャコメッティと Ⅱ」入場料、移動電車代、ワンドリンク付)

ツアーゲスト橋本 梓(国立国際美術館主任研究員)
ツアーナビゲーター木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

共催中之島まちみらい協議会
共同企画国立国際美術館

11.23

小沢裕子アーティスト・トーク
「言葉の乗り物たちの集会」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

日時11月23日[土・祝]14:00-16:00
定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)

ゲスト小沢裕子(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
    展示作品出演の日本語教師、外国人の方々

カフェマスター木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

12.1
電車公演「texts in the train」

鉄道芸術祭vol.9 イベントプログラム
電車公演「texts in the train」

日程2019年12月1日[日]15:15発〜17:00着
受付時間14:00〜14:55(15:00開場予定)
      ※時間厳守(受付時間に遅れるとご乗車いただけない場合があります)
受付場所京阪電車中之島線「中之島駅」改札口外
会場京阪電車貸切電車内(中之島駅発⇒樟葉駅(折り返し)⇒なにわ橋駅着)
料金前売2,500円/当日3,000円
定員150名(要チケット購入・先着順)

テキスト選出岡田利規(演劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰)
出演者青柳いづみ(女優)
    七尾旅人(シンガーソングライター)
    YPY(ミュージシャン)

12.7
「アーティストと雑草学者のみちくさ談義」

武田晋一アーティスト・トーク
「アーティストと雑草学者のみちくさ談義」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

日時12月7日[土]15:00─17:00
定員40名程度(入退場自由/当日先着順/参加無料)

ゲスト武田晋一(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
    冨永 達(京都大学雑草学研究室 教授)
進行木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

12.22
「いとうせいこうとめぐる都市の身体」

クロージング・トークセッション
「いとうせいこうとめぐる都市の身体」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

日時12月22日[日]15:00-17:00
参加費1,000円(ワンドリンク付)
定員80名程度(要事前申込/先着順)

ゲストいとうせいこう(作家/クリエイター)
    小沢裕子(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)
    武田晋一(鉄道芸術祭vol.9参加アーティスト)

カフェマスター木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

10.26
|
12.22
「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー

「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー
鉄道芸術祭vol.9 関連プログラム

開催日時①10月26日[土] 13:00ー14:30
     ②11月23日[土・祝] 10:30ー12:00
     ③12月7日[土] 13:00ー14:30
     ④12月22日[日] 13:00ー14:30

参加費1,000円(光善寺駅〜なにわ橋駅までの片道運賃含む)
受付場所京阪電車「光善寺駅」改札口外
定員各回10名程度(要事前申込・先着順)

※光善寺駅で「カメラオブスキュラ」を鑑賞後、電車でアートエリアB1へ移動し、当館スタッフによる鉄道芸術祭vol.9「都市の身体」展のギャラリーツアーを開催いたします。
※①〜④いずれの日程も、引き続きアートエリアB1にて関連プログラムがございます。ぜひあわせてご参加ください。
※改札口外での受付となりますので、各駅から「光善寺駅」までの運賃は別途必要です。

  2019年10月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

B1からのお知らせ

【10/6展覧会開館時間のお知らせ】「新収蔵品:サラ・モリス《サクラ》展」
大阪中之島美術館 開館プレイベント2019「新収蔵品:サラ・モリス《サクラ》展」 現在開催中の「新収... 詳細»

【プレスリリース No.2】鉄道芸術祭vol.9「都市の身体」
鉄道芸術祭vol.9 「都市の身体~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」 会期2... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»