イベント > ラボカフェ

「"都市の身体"を形成する交通インフラ」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

12.20

日時12月20日[金]18:30─20:30
定員50名程度(当日先着順/入退場自由/参加無料)

ゲスト吉見俊哉(社会学者/東京大学大学院情報学環教授)
カフェマスター木ノ下智恵子、久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

戦前から戦後にかけて交通の中心を担った路面電車、高度経済成長期の要であったモータリゼーション、大量輸送・高速化を加速させた地下鉄や高架化など、都市における交通インフラの変遷は、人々のふるまいやまなざしにも大きな影響を与えてきました。情報ネットワークが高度に発達し、多くの人が携帯端末とGPSを手にする現在、人々の行動パターンは劇的に変化し、それによって都市交通も新たな局面を迎えようとしています。今回のラボカフェでは、近代都市において身体と権力と物語の関係性を研究されている社会学者の吉見俊介さんをゲストに迎え、都市と身体の現在と未来について伺います。

ゲストプロフィール

191220_tetsu9-talk_YoshimiShunya.JPGのサムネイル画像

吉見 俊哉 |Shunya Yoshimi

1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授、東京大学出版会 理事長。同大学副学長、大学総合研究センター長などを歴任。人々の集まりの場におけるドラマの形成を考えるところから出発し、近代化のなかでのポピュラー文化と日常生活、そこで作動する権力について考察。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専攻としながら、演劇論的なアプローチを基礎に、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な存在として先駆的な役割を担っている。

主な著書に、『都市の空間 都市の身体 (21世紀の都市社会学)』(勁草書房、1996) 、『都市のドラマトゥルギー──東京・盛り場の社会史』(弘文堂、1987/河出書房新社、2008)、『博覧会の政治学──まなざしの近代』(中公新書、1992/講談社、2010)、『「声」の資本主義──電話・ラジオ・蓄音機の社会史』(講談社、1995/河出書房新社、2012)『万博幻想──戦後政治の呪縛』(筑摩書房、2005)、『大学とは何か』(岩波新書、2011)、『アフター・カルチュラル・スタディーズ』(青土社 、2019)ほか多数。

 

関連イベント・関連情報

10.26
|
12.29
「都市の身体 ~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」

鉄道芸術祭vol.9
「都市の身体 ~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」

会期2019年10月26日 (土)─12月29日 (日)12:00-19:00
※月曜休館(祝日の場合は翌日)
※12月14日(土)─25日(水)は21時まで開館
12/22(日)14:30-17:00はクロージングイベント開催のため展示はご覧いただけません

参加アーティスト
小沢裕子(日本/映像)
Jompet Kuswidananto(インドネシア/インスタレーション)
武田晋一(日本/彫刻、インスタレーション)

プレスリリース「第2弾:イベントプログラム詳細について」

Englishhttp://artarea-b1.jp/archive/2019/12291512.php

主催アートエリア B1【大阪大学 +NPO 法人ダンスボックス + 京阪ホールディングス(株)】
企画制作大阪大学共創機構社学共創本部 21 世紀懐徳堂/ NPO 法人ダンスボックス
助成芸術文化振興基金、公益財団法人 朝日新聞文化財団
協力NANZUKA、京阪電気鉄道株式会社

  2019年11月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»