イベント > ラボカフェ

「ハイドンの交響曲を相撲を通して分析する」
ラボカフェスペシャル/ハイドン大學 第18回

 2019.12.10
12.10

日時12月10日[火]19:00─21:00
定員50名程度(要事前申込/有料/先着順)
参加費1,000円

ゲスト鶴見幸代(作曲家)、野村誠(作曲家/ピアニスト、日本センチュリー交響楽団コミュニティプログラムディレクター)
カフェマスター久保田テツ(アートエリアB1運営委員、大阪音楽大学准教授)

お申し込み先センチュリー・チケットサービス
       TEL:06-6868-0591
(平日10:00〜18:00)

主催日本センチュリー交響楽団

日本センチュリー交響楽団のコミュニティプログラムディレクターであり、これまでのハイドン大學でも度々講師を務める作曲家、野村誠。その野村と共に相撲に耳を傾けることで新たな芸術を創造していく団体、日本相撲聞芸術作曲家協議会(JACSHA)の理事を務め、琉球古典音楽にも明るい作曲家、鶴見幸代。二人のユニークな現代作曲家が、これまで行った相撲の研究を通して、ハイドンの作品について、解説します。 

 

  2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【臨時休館のお知らせ】
新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う大阪府からの外出自粛要請を受け、以下の期間は臨時休館とさせていた... 詳細»

4月以降のイベントの【中止/延期】について
アートエリアB1では、4月16日よりプログラムの開催を予定しておりましたが、 当館運営機関の一つであ... 詳細»

【会期延長のお知らせ】
展示企画「ビルダーズ:工事記録にみる都市再考」は、会期を4月30日まで延長いたします。 ご来場に際し... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»