「世界をかけめぐる耐性菌」

イベント > ラボカフェ

「世界をかけめぐる耐性菌」
大阪大学リサーチクラウドカフェ

11.6

日時11月6日[水]19:00─20:00
定員40名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

ゲスト明田幸宏(大阪大学微生物病研究所日本・タイ感染症共同研究センター 講師)
カフェマスター中川敦史(大阪大学蛋白質研究所長)

主催大阪大学学術研究機構会議
共催IFReCサイエンスカフェ・オンザエッジ
協力大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂

チラシ [pdf: 2.2 MB]

研究のプロフェッショナルから話を聞く「大阪大学リサーチクラウドカフェ」令和元年度第3回のゲストは、微生物病研究所から明田幸宏講師をお招きします。明田講師は、病気の原因となる細菌のゲノム配列を基にした研究を行っています。今、世界中で抗生物質が効かない細菌(=耐性菌)が大きな問題となっています。この先、有効な耐性菌対策がとられなかった場合、2050年には世界で1000万人ものヒトが耐性菌によって亡くなるという試算が英国のシンクタンクによりなされています。このように世界中で耐性菌は深刻な問題となっていますが、さらに新しいタイプの耐性菌が次々に出現するなど、その拡がりはとどまることを知りません。今回はその研究結果を交えながら耐性菌の現状とこれからどのように耐性菌対策に取り組んでいくべきなのか、皆さんと議論を深めたいと思います。

登壇者プロフィール

明田幸宏
医学博士。大阪大学微生物病研究所 講師。
大阪大学医学部附属病院 感染制御部 講師
大阪大学大学院医学系研究科 感染制御学講座 講師。
専門は細菌感染学、感染制御学、感染症疫学、ワクチン学。

 

  2019年11月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»