「アートと社会包摂〜ソーシャルアートってどんなもの?」

イベント > ラボカフェ

「アートと社会包摂〜ソーシャルアートってどんなもの?」
九州大学コラボ企画

2.3

日時2月3日[日] 14:00─17:00
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

ゲスト
中村美亜(九州大学大学院芸術工学研究院准教授、ソーシャルアートラボ副ラボ長)
長津結一郎(九州大学大学院芸術工学研究院助教、ソーシャルアートラボ・コアメンバー)
中西美穂(大阪アーツカウンシル統括責任者)

カフェマスターほんま なほ(大阪大学COデザインセンター教員)

チラシ [pdf: 5.1 MB]

「ソーシャルアート」とは、社会課題にコミットし、人間どうしの新しいつながりを生み出す芸術実践を指します。今回は、新刊『ソーシャルアートラボ--地域と社会をひらく』の編集に携わった中村美亜さんと長津結一郎さんの話を聞きながら、「社会包摂」をキーワードに、アートと社会の関係についての疑問や感想、どちらともいえない思いを言葉にして発することを試みます。

主催九州大学大学院芸術工学研究院附属ソーシャルアートラボ
助成平成30年度文化庁 大学における文化芸術推進事業

 

  2019年2月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»