イベント > 鉄道芸術祭

「老年医学研究者が見る日本のまちの将来」
ラボカフェスペシャル featuring鉄道芸術祭

1.11

日時1月11日[金]19:00ー20:30
定員40名程度(当日先着順・入退場自由・参加無料)

ゲスト神出計(大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 教授)
カフェマスター肥後楽(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

世界一の長寿国であり、世界が経験したことのない超高齢社会への歩みを進めている国、日本。神出さんはそんな日本で老年医学の研究者として、健康寿命延伸の研究に取り組んでいます。どうすれば私たちが健康に暮らし続けられるのか。あまりにも難解なこの問いに答えを出すためには、単一分野の研究だけでは限界があります。分野を超えた研究者同士の共創に加え、まちづくり・行政・法制度の専門家との共同研究によって、今、日本の将来についてどのようなことが見えてきているのでしょうか。また、今の日本だからこそ世界に先駆けて進められる研究とは、どのようなものなのでしょうか。老年医学の研究者から見えるこれからの人・まちの姿について、お話します。

 

関連イベント・関連情報

11.10
|
1.27
鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」

アートエリアB1 開館/中之島線開業 10 周年記念事業
鉄道芸術祭vol.8「超・都市計画 〜そうなろうとするCITY〜」

会期2018年11月10日(土)─2019年1月27日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(金)〜12/24(月・祝)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日〜1月7日
     *12/16(日)13:00〜17:00は別プログラム開催のため
      展覧会はご覧いただけません。

     *入場無料(一部有料イベント)

参加アーティストTHE COPY TRAVELERS(加納俊輔、迫鉄平、上田良/アーティスト・ユニット)
          Oscar Peters(アーティスト)
          飯田和敏(ゲーム作家)

プレスリリース
「コンセプト & アーティスト発表について」(2018.7.24/PDF形式1MB)
「企画詳細およびイベントプログラムの発表について」(2018.10.15/PDF形式1.2MB)

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学共創機構社学共創本部21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成芸術文化振興基金、大阪市、公益財団法人 花王芸術・科学財団、公益財団法人 朝日新聞文化財団
協力京阪電気鉄道(株)、TSUKUMO

  2019年10月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

B1からのお知らせ

【プレスリリース No.2】鉄道芸術祭vol.9「都市の身体」
鉄道芸術祭vol.9 「都市の身体~外から眺める私たちの輪郭、遠くから聞こえてくる私の声~」 会期2... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»