「世界の都市の中の

イベント > ラボカフェ

「世界の都市の中の"島"」
ラボカフェスペシャル featuring クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島02

8.25

日時8月25日[土]16:00-18:00
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

トークゲスト五十嵐太郎(建築史家、東北大学大学院教授)
カフェマスター木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

大阪の「中之島」は、堂島川と土佐堀川に挟まれた東西約3kmの中洲(島)です。水運の利を得て安土桃山時代以降に開拓、現代まで大阪の文化経済の中心地として発展してきました。一方、世界各地でも、中之島と同様に、パリのシテ島やベルリンのムゼウムスインゼルなど、文化芸術・学術拠点を軸にした創造的な都市開発の好例が多くあります。 今回は、幅広い視野と独自の視点から建築評論、建築史のみならず、建築と美術のキュレーションを手がける五十嵐太郎氏をお招きし、海外の文化島の事例や、コルビュジエ設計の難民収容船「アジールフロッタン」など都市における水辺の社会的・文化的活用について参照しながら、都市の中洲としての中之島の可能性について語り合います。

ゲストプロフィール

五十嵐太郎氏

五十嵐太郎(いがらし・たろう)
1967年パリ生まれ。建築史・建築批評家。
1992年、東京大学大学院修士課程修了。博士(工学)。
現在、東北大学大学院教授。
あいちトリエンナーレ2013芸術監督、第11回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展日本館コミッショナー、「窓学展示-窓から見える世界ー」の監修を務める。
第64回芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。『ル・コルビュジエがめざしたもの-近代建築の理論と展開-』(青土社、2018)、『日本の建築家はなぜ世界で愛されるのか』(PHP研究所、2017)、『日本建築入門-近代と伝統』(筑摩書房、2016)ほか著書多数。

【関連企画】

クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島/サイトツアー01 堂島リバーフォーラム
「『水』をテーマにした現代美術展 鑑賞ツアー」

アートエリアB1開館10周年を機にスタートする新たなプロジェクト「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」では、中之島全体を持続可能な芸術文化環境をそなえた「創造的な研究所(クリエイティブ ラボ)」として見立て、様々な思考実験を繰り広げます。中之島に拠点を置く文化施設や団体と連携しながら行うツアー企画の第一弾は、中之島の対岸、堂島川のほとりに位置し、ビエンナーレなどを開催してきた堂島リバーフォーラムを訪れます。現在開催中の「水」をテーマにした千住博とチームラボによるコラボレーション展を参加者と共に鑑賞します。ラボカフェの前にぜひあわせてお楽しみください。

日時8月25日[土]14:30〜(現地集合・解散)
会場堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1-1-17 *京阪中之島線「中之島」駅から徒歩 約5分)
定員20名(要事前申込・先着順)
参加費一般1000円/高校生以下500円(展覧会入場料)

ツアーお申し込みはコチラから


*展覧会詳細
堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画 千住博&チームラボ コラボレーション展
「水」

会期2018年7月14日(土)~9月2日(日)
主催・企画・制作堂島リバーフォーラム
https://www.dojimariver.com/

平成30年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業
都市の地質調査・沿線再耕事業「クリエイティブ・アイランド・ラボ 中之島」
主催:文化庁、アートエリアB1(大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪ホールディングス(株))
制作:アートエリアB1運営委員会
協力:堂島リバーフォーラム

 

  2018年11月  

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»