イベント > ラボカフェ

「民間劇場にとっての公共性 〜京阪神と劇場〜」
シアターカフェ/Theater E9 Kyotoオープンリサーチプロジェクト・シンポジウム

7.4

日時7月4日[水]19:00-21:00
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

ゲスト
大谷燠 ( NPO法人 DANCE BOX理事長/神戸アートビレッジセンター館長)
柿塚拓真(日本センチュリー交響楽団コミュニティ/教育プログラム担当マネージャー、豊中市立文化芸術センタープロデューサー)
合田団地(努力クラブ)
畑律江(毎日新聞大阪本社学芸部専門編集委員)
橋本匡市(ウイングフィールド/万博設計代表)
繁澤邦明(浄土宗應典院/うんなま代表)
若旦那家康(制作者)

カフェマスター
あごうさとし・蔭山陽太(一般社団法人アーツシード京都)
久保田テツ(アートエリアB1運営委員)

主催一般社団法人アーツシード京都

近年「地域活性」「コミュニティ形成」「広場」「社会包摂」「防災」など様々な観点から、公の場としての役割が問われる劇場。とりわけ日本では、全国各地にある民間小劇場がそれら課題の底辺をささえる役割を果たしてきました。E9オープンリサーチプロジェクトでは、京都は東九条地域にて整備計画中の新劇場「Theater E9 Kyoto」の誕生に向けて、今求められる劇場とは何か、新しい民間劇場にとって公共性とは何かを考えます。今回は、大阪から京阪神舞台芸術の現状を俯瞰し、地域連携の新たな可能性を探ります。

 

  2018年7月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»