イベント > 鉄道芸術祭

鉄道芸術祭vol.7 クロージングイベント
「IL TRENO(THE TRAIN)」

1.20

日時1月20日(土)14:00〜16:00

出演太陽バンドと野村卓史(音楽ユニット)
   立花文穂(鉄道芸術祭vol.7メインアーティスト)

定員80名程度(参加無料・申込不要)

「鉄道と身体・知覚・行動」をテーマに、約2ヵ月半に渡って開催してきた鉄道芸術祭「STATION TO STATION」。クロージングでは、立花文穂がポルトガルへのリサーチ旅行で偶然見つけた古い譜面「IL TRENO(THE TRAIN)」を、太陽バンドと野村卓史がアレンジし、演奏を初披露します。

 

出演者プロフィール

太陽バンドと野村卓史 │ 音楽ユニット
太陽バンドの名で活動するボーカル&ギター・畑俊行とグッドラックヘイワなどの鍵盤奏者・野村卓史による2人ユニット。今年の6月に始動したばかり。太陽バンドの楽曲を中心に、打ち込みを使ったり、ピアノ伴奏のみで歌ったり、この2人ならではの音楽をいろいろ模索中。 太陽バンド(www.taiyo-band.com)、グッドラックヘイワ(goodluckheiwa.galactic-label.jp


立花文穂 | アーティスト/グラフィックデザイナー
1968年広島県生まれ。 文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表。東京TDC 賞やブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレグランプリ(チェコ)を受賞するなど、グラフィックデザインの分野でも評価が高い。個展に「デザイン 立花文穂」展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2011年)他。グループ展に MOTアニュアル2008「解きほぐすとき」展(東京都現代美術館、2008 年)、「風穴」展(国立国際美術館、2011年)などがある。2007年より自ら責任編集とデザインを手がける不定期刊行物『球体』を始め、現在6号まで刊行している。著書に『かたちのみかた』、『Leaves 立花文穂作品集』(誠文堂新光社刊)。女子美術大学教授。

 

関連イベント・関連情報

11.10
|
1.21
STATION TO STATION

鉄道芸術祭vol.7
STATION TO STATION

会期2017年11月10日(金)─2018年1月21日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
     *入場無料(一部有料イベント)

メインアーティスト 立花文穂(アーティスト/グラフィックデザイナー)
参加メンバー荒木信雄(建築家)、石田千(作家)、高山なおみ(料理家、文筆家)
       長崎訓子(イラストレーター)、齋藤圭吾(写真家)
       ワタナベケンイチ(イラストレーター)
       ナイジェルグラフ(グラフィックアーティスト)、テニスコート(コントユニット)
       中野浩二(彫刻家)、コンタクトゴンゾ(パフォーマンス集団)
       MAROBAYA[マロバヤ](衣服)、太陽バンドと野村卓史、
       片貝葉月(アーティスト)、藤丸豊美(アーティスト)
       葛西絵里香(アーティスト)
       伊勢克也(アーティスト)、島武実(作詞家、音楽家)
       仲條正義(グラフィックデザイナー)、他

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
   (企業メセナ協議会 2021Arts Fund)、
   大阪市、芸術文化振興基金
協力京阪電気鉄道(株)

予告編チラシ>>>tetsugei-7_yokoku_flire.pdf

  2018年5月  

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

B1からのお知らせ

【6月22日ラボカフェ開催時間変更のお知らせ】
6月22日(金)開催する、鉄道カフェ「ひらかたパークと菊人形」の開催時間を変更させていただきます。 ... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»