イベント > ラボカフェ

「レールの曲げ方概論」
ラボカフェスペシャルfeaturing鉄道芸術祭

 2017.12.8
12.8

時間19:00-21:00
定員50名程度(入退場自由・当日先着順・参加無料)

ゲスト木戸宏(京阪電気鉄道(株)工務部保線課大阪保線係主任)、
    築山拓矢(京阪電気鉄道(株)工務部保線課設計担当)

カフェマスター塚原悠也、木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

駅から駅へ、都市から都市へ、人や物や情報を運ぶ鉄道。その走行を支えるのは、文字どおり"鉄の道"である軌道(レール)です。鉄道路線の中でも特にカーブが多いといわれる京阪電車には、住宅街の中を複雑に駆け抜けるレールを守る保線のプロフェッショナルたちがいます。アートエリアB1で開催中の鉄道芸術祭vol.7「STATION TO STATION」では、京阪電車寝屋川軌道基地で曲げたレールが作品の一部として展示されています。今回のラボカフェでは、京阪電気鉄道(株)の工務部保線課よりお二人のゲストをお迎えして、知られざるレールの世界について、お話をお伺いします。

 

関連イベント・関連情報

11.10
|
1.21

鉄道芸術祭vol.7
STATION TO STATION

会期2017年11月10日(金)─2018年1月21日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
     *入場無料(一部有料イベント)

メインアーティスト 立花文穂(アーティスト/グラフィックデザイナー)
参加メンバー荒木信雄(建築家)石田千(作家)高山なおみ(料理家、文筆家)
       長崎訓子(イラストレーター)齋藤圭吾(写真家)
       ワタナベケンイチ(イラストレーター)
       ナイジェルグラフ(グラフィックアーティスト)テニスコート(コントユニット)
       中野浩二(彫刻家)コンタクトゴンゾ(パフォーマンス集団)
       MAROBAYA[マロバヤ]太陽バンドと野村卓史
       片貝葉月(アーティスト)藤丸豊美(アーティスト)
       葛西絵里香(アーティスト)
       伊勢克也(アーティスト)島武実(作詞家、音楽家)
       仲條正義(グラフィックデザイナー)、他

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
   (企業メセナ協議会 2021Arts Fund)、
   大阪市、芸術文化振興基金
協力京阪電気鉄道(株)

  2017年12月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»