イベント > 鉄道芸術祭

鉄道芸術祭vol.7 イベントプログラム
「車窓の旅 〜ポルトガル編〜」

12.3

時間16:30ー18:30
定員50名程度(当日先着順・入退場自由・参加無料)

ゲスト荒木信雄(建築家)
    石田千(作家)
    高山なおみ(料理家・文筆家)
    立花文穂(鉄道芸術祭vol.7 メインアーティスト)

進行木ノ下智恵子、塚原悠也(アートエリア運営委員)

日本が戦乱の世から統治へと向かう時代、欧州の文化や近代技術を日本へ伝えるため4名の少年と随行者からなる「天正遣欧使節」がポルトガルに派遣されました。
本展では、立花文穂と建築家の荒木信雄、作家の石田千、料理家・文筆家の高山なおみが現代の使節となってポルトガルへ赴き、ポルト─リスボンを鉄道で旅しました。このトークでは、それぞれの視点から見つめたポルトガルの旅と展覧会について、お話をお伺いします。

アーティストプロフィール

立花文穂| アーティスト/グラフィックデザイナー
1968 年広島市生まれ。文字、紙、本を主な素材やテーマに作品を制作し、国内外で発表。東京T D C 賞やブルノ国際グラフィックデザインビエンナーレグランプリ(チェコ)を受賞するなど、グラフィックデザインの分野でも評価が高い。個展に「デザイン立花文穂」展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2011 年)他。グループ展に MOT アニュアル2008「解きほぐすとき」展(東京都現代美術館、2008 年)、「風穴」展(国立国際美術館、2011年)などがある。2007年より自ら責任編集とデザインを手がける不定期刊行物『球体』を始め、現在6 号まで刊行している。著書に『かたちのみかた』、『Leaves』(誠文堂新光社刊)。女子美術大学教授。


荒木信雄 | 建築家
1967 年熊本県生まれ。1997 年The Archetype を設立。国内外で活躍するクリエーターやアーティストとの仕事や個人から企業に至るまで、 幅広い設計に携わる。 主な仕事に、『吉本興業株式会社 東京本部』、『Kaikai Kiki 元麻布』、 『PROTECT bldg.』、『SOPH. TOKYO 』、『the POOL aoyama』などがある。 西日本工業大学客員教授。


石田千 | 作家
1968 年福島県生まれ、東京都育ち。國學院大學文学部卒業。2001 年「大踏切書店のこと」により第一回古本小説大賞受賞し、執筆活動をはじめる。2016 年「家へ」で第三回鉄犬ヘテロトピア文学賞受賞。近著に『箸もてば』(新講社)がある。


高山なおみ | 料理家・文筆家
1958 年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て料理家に。文筆家としての顔も持つ。著書に『日々ごはん①~⑫』、『帰ってきた 日々ごはん①~③』、『野菜だより』、『料理=高山なおみ』、『実用の料理 ごはん』、『フランス日記』、『ロシア日記』、『ウズベキスタン日記』、『ココアどこ わたしはゴマだれ』など多数。絵本に『どもるどだっく』、『たべたあい』、『ほんとだもん』、『くんじくんのぞう』(共に絵・中野真典)がある。神戸在住。http://www.fukuu.com/

 

関連イベント・関連情報

11.10
|
1.21
STATION TO STATION

鉄道芸術祭vol.7
STATION TO STATION

会期2017年11月10日(金)─2018年1月21日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
     *入場無料(一部有料イベント)

メインアーティスト 立花文穂(アーティスト/グラフィックデザイナー)
参加メンバー荒木信雄(建築家)石田千(作家)高山なおみ(料理家、文筆家)
       長崎訓子(イラストレーター)齋藤圭吾(写真家)
       ワタナベケンイチ(イラストレーター)
       ナイジェルグラフ(グラフィックアーティスト)テニスコート(コントユニット)
       中野浩二(彫刻家)コンタクトゴンゾ(パフォーマンス集団)
       MAROBAYA[マロバヤ]太陽バンドと野村卓史
       片貝葉月(アーティスト)藤丸豊美(アーティスト)
       葛西絵里香(アーティスト)
       伊勢克也(アーティスト)島武実(作詞家、音楽家)
       仲條正義(グラフィックデザイナー)、他

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
   (企業メセナ協議会 2021Arts Fund)、
   大阪市、芸術文化振興基金
協力京阪電気鉄道(株)

11.10
|
1.21

鉄道芸術祭vol.7
STATION TO STATION

会期2017年11月10日(金)─2018年1月21日(日)

開館時間12:00〜19:00(12/14(木)〜12/24(日)は21:00まで開館)
     *休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月3日
     *入場無料(一部有料イベント)

メインアーティスト 立花文穂(アーティスト/グラフィックデザイナー)
参加メンバー荒木信雄(建築家)石田千(作家)高山なおみ(料理家、文筆家)
       長崎訓子(イラストレーター)齋藤圭吾(写真家)
       ワタナベケンイチ(イラストレーター)
       ナイジェルグラフ(グラフィックアーティスト)テニスコート(コントユニット)
       中野浩二(彫刻家)コンタクトゴンゾ(パフォーマンス集団)
       MAROBAYA[マロバヤ]太陽バンドと野村卓史
       片貝葉月(アーティスト)藤丸豊美(アーティスト)
       葛西絵里香(アーティスト)
       伊勢克也(アーティスト)島武実(作詞家、音楽家)
       仲條正義(グラフィックデザイナー)、他

主催アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
助成損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」
   (企業メセナ協議会 2021Arts Fund)、
   大阪市、芸術文化振興基金
協力京阪電気鉄道(株)

  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【9月17日ラボカフェ開催延期のお知らせ】
9月17日(日)14:00〜開催を予定しておりました、ミュージックカフェ「ピアノの中を覗いてみよう!... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»