イベント > ラボカフェ

「視覚がもたらす不思議と脳細胞の秘密」
ラボカフェスペシャルfeaturingサーチプロジェクト

6.15

時間19:00-21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト藤田一郎(脳科学者、大阪大学大学院生命機能研究科 教授)

カフェマスターやんツー(アーティスト)、寺田英史(dot architects)、木ノ下智恵子(大阪大学21世紀懐徳堂 准教授、アートエリアB1運営委員)

わたしたちの知覚の中で最も発達しているとも言われる視覚は、世界や空間を精緻にとらえる受容器であるとともに、実際とは異なる知覚を得てしまう錯覚現象などももたらします。心や行動を支える情報処理機械として機能する脳は、ものを見ることに関わるたくさんの領野があり、そのそれぞれで、何千万という数の神経細胞が働いています。現在、アートエリアB1で開催中の企画展サーチプロジェクトvol.6「ニュー"コロニー/アイランド"〜わたしのかなたへ〜」では、そうした視覚の不思議に着目した"バーチャルリアリティーブランコ"など、宇宙的な体内空間を浮遊して体感するため装置があります。今回のラボカフェでは、視覚に注目して、知覚の形成の脳内メカニズムを研究されている、脳科学者の藤田一郎さんをゲストにお迎えし、「つくり、しくみ、なりたち、はたらき」の4つの解明を通して、脳が心を生み出す秘密についてお伺いします。

ゲストプロフィール


藤田一郎氏プロフィール.jpgのサムネイル画像藤田一郎

脳科学者、大阪大学大学院生命機能研究科 教授
1956年広島県生まれ。東京大学理学部卒業、同大学院理学系研究科修了。理学博士。岡崎国立共同研究機構生理学研究所、カリフォルニア工科大学、理化学研究所、大阪大学医学部教授を経て、現在は大阪大学大学院生命機能研究科、同大学基礎工学部教授​および
脳情報通信融合研究センター教授。視覚に注目して、知覚の形成の脳内メカニズムを研究。とくに、両眼立体視(3Dビジョン)の脳内メカニズム、大脳皮質視覚野の機能的構造、アクティブビジョン(能動的視覚)、質感情報処理に着目し、霊長類の大脳皮質のつくり(構造)、しくみ(機構)、なりたち(発達)を、神経細胞のふるまい(生理反応)、かたち(形態)、ならび方(機能構築)、つながり(神経回路)という4つの視点からの解明を目指している。著書に『「見る」とはどういうことか~脳と心の関係をさぐる』(2007、化学同人)、『脳ブームの迷信」』(2009、飛鳥新社)、『脳の風景~「かたち」を読む脳科学』(2011、筑摩書房)、『脳がつくる3D世界~立体視のなぞとしくみ』(2015、化学同人)など多数。

 

関連イベント・関連情報

3.28
|
6.25
ニュー

サーチプロジェクトvol.6
ニュー"コロニー/アイランド"3 〜わたしのかなたへ〜

会期3月28日(火)─6月25日(日)
   月曜休館
   12:00〜19:00/ 入場無料

プロジェクトメンバー

吉森保(大阪大学 生命機能研究科/医学系研究科 特別教授)

dot architects(建築ユニット)

やんツー(アーティスト)

主催アートエリアB1
共催大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」
協力京阪電気鉄道(株)

  2017年9月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»