イベント > ラボカフェ

「見える世界と見えない世界を描く/漫画家・五十嵐大介」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

1.21

時間15:00─17:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト五十嵐大介(漫画家)

カフェマスター伊藤遊(京都国際マンガミュージアム研究員)
        久保田テツ、塚原悠也、木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

緻密な描写と独特の世界観で、自然と人間の繋がり、神話や伝承の世界、生態系や生命のなりたちを描き出す漫画家の五十嵐大介さん。本展では、魔女という一貫したテーマに独自の視点を加えて描かれた短編集『魔女』(小学館)などの原画をもとにしたインスタレーションを構築します。今回は、ゲストに五十嵐大介さん、進行役に京都国際マンガミュージアムの伊藤遊さんをお迎えし、祈りや魔術などの宗教的・呪術的な要素によって、いきものの生と死が回り巡るサイクルを静かに眺めるように描き出す五十嵐さんの作品世界を紐解きながら、文明や歴史を内包する世界の構造(ストラクチャー)について考えます。

ゲストプロフィール

tetsugei6_igarashi.jpg五十嵐大介 | 漫画家
1969 年埼玉県生まれ。多摩美術大学絵画学科卒業。1993 年、『お囃子が聞こえる日』『未だ冬』を、『月刊アフタヌーン』(講談社)へ投稿、「アフタヌーン四季賞冬のコンテスト」の四季大賞を受賞、 漫画家デビュー。直後に『お囃子が聞こえる日』を第1話とした『はなしっぱなし』の連載を開始。 緻密な描写と独特の世界観で、自然と人間の繋がり、神話や伝承の世界、生態系や生命のなりたちを描き出す。代表作に、『リトル・フォレスト』(講談社)、『魔女』(小学館)、『海獣の子供』 (小学館)など。2004 年、『魔女』で「第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞。2009 年、『海獣の子供』で「第38回日本漫画家協会賞優秀賞」、「第13回文化庁メディア」 芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞。2016 年現在、『月刊アフタヌーン』にて『ディザインズ』を、『週刊ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」』にて『きょうのあにいもうと』を連載中。


■イベントレポート(スタッフブログ)はこちら
「見えない世界の現し方」(五十嵐大介さんをお迎えして)

海獣の子供

 

関連イベント・関連情報

11.12
|
1.22
ストラクチャーの冒険

鉄道芸術祭vol.6
ストラクチャーの冒険

会期2016年11月12日(土)─2017年1月22日(日)
   12:00〜19:00(12月14日〜25日は21:00まで開館延長)
   *休館日:月曜日(ただし1月9日開館、1月10日休館)、12月29日〜1月3日
   *入場無料(一部有料イベント)

参加アーティスト 五十嵐大介 漫画家 
           インビジブル・デザインズ・ラボ 音楽クリエイティブチーム 
           榎忠 現代美術家 

会場設計dot architects

主催アートエリアB1 運営委員会
   【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪ホールディングス(株)】

   一般社団法人アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
協力京阪電気鉄道(株)
助成芸術文化振興基金、大阪市、日本万国博覧会記念基金、公益財団法人花王芸術・科学財団
   公益財団法人大阪コミュニティ財団/大阪信用金庫ふれあいスマイル基金

  2017年9月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»