イベント > ラボカフェ

「ホワイトリボンキャンペーンから探るー新たな男女協働の可能性」
ソーシャルカフェ

1.20

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト多賀 太(ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン 共同代表/関西大学文学部教授)
    中村 彰(ホワイトリボンキャンペーン・ジャパン 運営メンバー)
    工藤眞由美(大阪大学理事・副学長/大阪大学男女協働推進センター センター長)
    北川健児(大阪大学企画部 男女協働推進・社学連携課 男女協働企画係 係長)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授、アートエリアB1運営委員)
        岩本順平(ダンスボックス、アートエリアB1運営委員)

共催大阪大学男女協働推進センター

企画協力NPO法人DANCE BOX

「女性への暴力を選ばない、男たちのアクション」をキャッチコピーに活動をしているホワイトリボンキャンペーン(WRC)。1991年にカナダで始まったこのキャペーンは、今では女性に対する暴力撲滅に取り組む世界最大のキャンペーンとなって50カ国以上で展開されています。日本では、2012年に神戸でスタートし、2016年には一般社団法人ホワイトリボンキャンペーン・ジャパンが設立され、本格的に稼働し始めました。女性と対等な関係で接する「フェアメン」を推進し、2016年4月大阪府岸和田市長が自治体首長としては初めて「フェアメン宣言」を行うなど、注目されている活動です。この活動について伺いながら、被害を受ける女性からのアクションではなく、男性からの活動として、新たな男女協働参画の可能性を探りたいと考えています。

 

  2017年5月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»