ストラクチャーの冒険

イベント > 鉄道芸術祭

鉄道芸術祭vol.6
ストラクチャーの冒険

11.12
|
1.22

会期2016年11月12日(土)─2017年1月22日(日)
   12:00〜19:00(12月14日〜25日は21:00まで開館延長)
   *休館日:月曜日(ただし1月9日開館、1月10日休館)、12月29日〜1月3日
   *入場無料(一部有料イベント)

参加アーティスト 五十嵐大介 漫画家 
           インビジブル・デザインズ・ラボ 音楽クリエイティブチーム 
           榎忠 現代美術家 

会場設計dot architects

主催アートエリアB1 運営委員会
   【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪ホールディングス(株)】

   一般社団法人アートエリアB1
企画制作大阪大学21世紀懐徳堂/NPO法人ダンスボックス
協力京阪電気鉄道(株)
助成芸術文化振興基金、大阪市、日本万国博覧会記念基金、公益財団法人花王芸術・科学財団
   公益財団法人大阪コミュニティ財団/大阪信用金庫ふれあいスマイル基金

チラシ [pdf: 3.1 MB]

鉄道芸術祭vol.6展覧会ビュー 撮影:福永一夫 鉄道芸術祭vol.6展覧会ビュー 撮影:福永一夫

鉄道芸術祭vol.6展覧会ビュー 撮影:福永一夫 鉄道芸術祭vol.6展覧会ビュー 撮影:福永一夫

鉄道芸術祭とは

"鉄道"には、車両や沿線図、列車が走る線路や駅舎・ホームなど、先進的な技術や魅力とともに、そこにまつわる文化や歴史があります。駅のコンコースにあるアートエリアB1では、その創造性に着目した事業「鉄道芸術祭」を2010年より毎年開催しています。2011年からは、本格的なアートプロジェクトとして展開し、国内外の第一線で活躍するアーティストを迎えて、鉄道という歴史や文脈を多角的に捉え、当館の場所性を活かした独創的な企画を実施しています。

"ストラクチャーの冒険"を通じて世界を捉え直す企画展

鉄道芸術祭vol.6では、鉄道がもたらした社会システムなどの様々なストラクチャーに着目します。
19世紀以降、世界各地で建設され始めた鉄道は、輸送手段として機能しただけでなく、時間の概念や経済 システム、都市と郊外という景観的構造、さらに金融システムや情報ネットワークの形成などに大きな影響を与え、 鉄道そのものが社会の基盤に関わる様々な構造を規定したといっても過言ではありません。
「ストラクチャー」とは、構造、機構、物理的条件(重力)、制度・制約などを指す言葉であり、世界を構成する基礎を成す概念であると捉えることができます。さらに、物語を紡ぎ、仕組みを編みながら多様な要素が積層するという意味合いからも、映画や文学、絵画や音楽といった文化的側面、あるいは宗教、政治といった思想的側面を見いだす上でもストラクチャーは重要な概念となります。
本展では、物理的構造をつくる現代美術家の榎忠、システム的構造をつくる音楽クリエイティブチームのインビジブル・デザインズ・ラボ、イメージ的構造をつくる漫画家の五十嵐大介の3組をメインアーティストに迎えます。
本展では、社会や経済、そして生命のシステムを構成する既成概念や既知のストラクチャーをアーティストが独自の視点で捉え直し、創造的にそれらを超域する展覧会を試み展開します。

アーティストプロフィール

tetsugei6_igarashi.jpg五十嵐大介 | 漫画家
1969 年埼玉県生まれ。多摩美術大学絵画学科卒業。1993 年、『お囃子が聞こえる日』『未だ冬』を、 『月刊アフタヌーン』(講談社)へ投稿、「アフタヌーン四季賞冬のコンテスト」の四季大賞を受賞、 漫画家デビュー。直後に『お囃子が聞こえる日』を第1 話とした『はなしっぱなし』の連載を開始。 緻密な描写と独特の世界観で、自然と人間の繋がり、神話や伝承の世界、生態系や生命のなり たちを描き出す。代表作に、『リトル・フォレスト』(講談社)、『魔女』(小学館)、『海獣の子供』 (小学館)など。2004 年、『魔女』で「第8 回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞。 2009 年、『海獣の子供』で「第38 回日本漫画家協会賞優秀賞」、「第13 回文化庁メディア」 芸術祭マンガ部門優秀賞」を受賞。2016 年現在、『月刊アフタヌーン』にて『ディザインズ』を、 『週刊ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」』にて『きょうのあにいもうと』を連載中。


tetsugei6_invisible designs lab.pngインビジブル・デザインズ・ラボ | 音楽クリエイティブチーム
「音」という見えないメッセージと、「アイディア」という見えないデザインを「見える」 様にしていく事を目標に活動する作家集団。音を軸とした物作りでアナログ、デジタルを 越えて活動を展開。有名企業のサウンドロゴなど、誰でも耳にしたことがある「音」から、 世界の第一線で活躍するアーティストとのコラボレーションなど、多方面で活躍。カンヌ ライオンズ国際クリエイティブ・フェスティバルはじめ国内外の広告祭等で受賞歴多数。 http://invisi.jp


tesugei6_enochu.jpg榎忠 | 現代美術家
1944 年香川県生まれ。1970 年「グループZERO」を結成。神戸の市街を都市劇場に見立て、 集団で繰り広げる数々のハプニングを先導。大阪万博のシンボルマークを体に焼き付けた 「裸のハプニング」(東京・銀座ほか)や、1977 年、「ハンガリー国へハンガリで行く」など 独特のパフォーマンスを決行した。また、鉄の廃材や金属部品を用いた機械彫刻も展開し、 大砲や銃、原子爆弾といった殺人兵器から、ダイオキシン、果ては宇宙に捨てられるゴミまで、 身の回りに潜む危機や不穏因子に着目し、全長数十メートル、 総重量数十トンといった超 スケールの作品も数多く発表。2008 年札幌宮の森美術館、2011 年兵庫県立美術館にて個展 を開催。2008 年第32 回井植文化賞、2009 年度神戸市文化賞、2013 年紺綬褒章受賞。 http://chuenoki.com

 

関連イベント・関連情報

10.20
|
10.29

鉄道芸術祭vol.6 「ストラクチャーの冒険」
展覧会サポートスタッフ説明会

アートエリアB1では、11月12日(土)〜2017年1月22日(日)に開催予定の企画展「鉄道芸術祭vol.6」の運営をサポートしていただけるボランティアスタッフを募集します。展覧会やワークショップの運営、現代美術、漫画、メディアアート等に興味のある方、大歓迎です。

11.12
「見えない音とかたちのないアイデアを構築する/インビジブル・デザインズ・ラボ」

「見えない音とかたちのないアイデアを構築する/インビジブル・デザインズ・ラボ」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間17:00─19:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト松尾謙二郎(インビジブル・デザインズ・ラボ代表、作曲家)

カフェマスター久保田テツ、塚原悠也、木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

11.17
「鉄道がもたらした社会構造の変化」

「鉄道がもたらした社会構造の変化」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間19:30─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト鴋澤歩(大阪大学経済学研究科教授)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授、アートエリアB1運営委員)
        肥後楽(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

12.4
電車公演「クラブ電車 〜ストラクチャーの冒険〜」

電車公演「クラブ電車 〜ストラクチャーの冒険〜」
鉄道芸術祭vol.6 イベントプログラム

日時12月4日(日) 受付13:00〜13:50/乗車14:15〜15:49

出演環ROY×鎮座DOPENESS×島地保武×岡直人
   和泉希洋志
   鈴木裕之
   NAZE

選曲 五十嵐大介(漫画家)
    インビジブル・デザインズ・ラボ(音楽クリエイティブチーム)
    榎忠(現代美術家)

※選曲者は出演しません

参加費大人 前売2,500円/当日3,000円※満員御礼!前売ご予約は終了致しました。
    高校生以下 1,000円(前売、当日とも/要学生証提示)
    未就学児 無料
定員150名(要事前申込・先着順)
受付京阪電車中之島線「中之島駅」改札口外
会場京阪電車貸切電車内
  [車内パフォーマンス/14:15中之島駅発〜(樟葉駅折り返し)〜15:49なにわ橋駅着]

※改札口外での受付となりますので、各駅から「中之島駅」までの運賃は別途必要です。

※11月23日をもちまして、予約が定員に達した為、ご予約受付は締め切らせて頂きました。たくさんの申込みをいただきありがとうございました。
※前売キャンセル分を当日券として販売致します。12月4日(日)13:50より、京阪電車「中之島駅」改札口外の公演受付にて、先着順で販売させて頂きます。ご希望の際はお早めにお越しくださいますよう、お願い申しあげます。

※ご予約された方で止むを得ずキャンセルされる場合は、必ず、アートエリアB1までご連絡ください。

12.8

「都市の成立を通してみる日本の構造」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間19:00─20:30
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト北村亘(大阪大学大学院法学研究科教授)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授)
        肥後楽(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

12.10

「芸術実行犯 Chim↑Pomの超戦」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間16:00─18:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト卯城竜太(Chim↑Pom)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授、アートエリアB1運営委員)

12.17

「圧倒的物質で人と社会を揺さぶる/現代美術家・榎忠」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間17:00─19:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト榎忠(現代美術家)

カフェマスター木ノ下智恵子、久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

12.21

「イノシシと人間の関係を野林さんにきく。そして考える。」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間19:00─21:00
定員30名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト野林厚志(国立民族学博物館 文化資源研究センター 教授)

カフェマスター久保田テツ、塚原悠也(アートエリアB1運営委員)

12.22

「航空機の運航に見る物理学の役割に関して」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト小川哲生(理論物理学者、大阪大学理事・副学長)

カフェマスター塚原悠也、木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

1.9

榎忠「成人の日」祝砲パフォーマンス
鉄道芸術祭vol.6 イベントプログラム

日時1月9日(月・祝) 16:00 参加無料・入退場自由

ゲスト榎忠(現代美術家)

1.17

「『見えない世界』を通じて考えるメディアの構造」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲストヴァージル・ホーキンス(大阪大学大学院国際公共政策研究科 准教授)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授)
        肥後楽(大阪大学21世紀懐徳堂特任研究員)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

11.12
|
1.21

鉄道芸術祭vol.6 関連プログラム
「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー

開催日時①11月12日(土)14:00〜16:00
     ②11月23日(水・祝)12:30〜14:30
     ③12月7日(水)12:30〜14:30
     ④12月17日(土)14:00〜16:00
     ⑤1月13日(金)12:30〜14:30
     ⑥1月21日(土)12:30〜14:30
※⑥1月21日(土)12:30〜14:30の回は、予約が定員に達した為、ご予約受付は締め切らせて頂きました。たくさんの申込みをいただきありがとうございました。
 
参加費1,000円(光善寺駅なにわ橋駅までの片道運賃を含む)

受付場所京阪電車「光善寺駅」改札口外

各回定員10名程度(要事前申込・先着順)

※光善寺駅で「カメラオブスキュラ」をご観賞後、電車でアートエリアB1へ移動し、「ストラクチャーの冒険」展のギャラリーツアーにご参加いただきます。

※ツアーのナビゲーターはアートエリアB1スタッフが行ないます。
※雨天・悪天候時は中止させていただく場合があります。

1.21

「見える世界と見えない世界を描く/漫画家・五十嵐大介」
ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭

時間15:00─17:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト五十嵐大介(漫画家)

カフェマスター伊藤遊(京都国際マンガミュージアム研究員)
        久保田テツ、塚原悠也、木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員)

  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【9月17日ラボカフェ開催延期のお知らせ】
9月17日(日)14:00〜開催を予定しておりました、ミュージックカフェ「ピアノの中を覗いてみよう!... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»