イベント > ラボカフェ

「中之島から防災・減災を考える、その3~コミュニティの力で地域を守る~」
知と感性のネットワークシリーズ

12.14

時間19:00─21:00
定員30名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト谷口悦朗(大阪市北区役所 地域課長)
    髙山純平(大阪市北区役所 地域課 地域防災担当)

カフェマスター田中智彦、黒川賢一(中之島まちみらい協議会事務局)
        松原眞由美(オフィスイン 代表取締役)
        木ノ下智恵子(大阪大学COデザインセンター特任准教授)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

堂島川と土佐堀川に挟まれた中洲である中之島。この地は日本有数のビジネス街であり、企業など29社が参加する中之島まちみらい協議会ではエリア防災に関する調査を行っています。他方、大阪を代表とするビジネス街である中之島にも昔ながらのコミュニティ活動が息づいています。「振興町会」、「水防団」、「地域防災リーダー」といった言葉はご存知ですか?日常生活においてもそうですが、災害時は向こう三軒両隣というように、共助の力、コミュニティの力が重要になってきます。そこで、今回は、地域のコミュニティ活動とそれを支援する区役所の施策を踏まえて、中之島の地域防災について、考えていきたいと思います。

 

  2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»