「ポスト・ドラマ演劇WS『演技を、形から物語に』」

イベント > ラボカフェ

「ポスト・ドラマ演劇WS『演技を、形から物語に』」
《記憶の劇場》活動⑦vol.2 アクトとプレイで学びほぐす ー記憶とドキュメント・アクション

9.10

時間14:00─17:00
定員20名程度(要事前申込)

ファシリテーター筒井潤(dracom)

ゲストきむきがん(劇団石)、ささきようこ(南山大学)

カフェマスター古後奈緒子(大阪大学文学研究科 助教)

※本ワークショップへの参加と見学は、9月9日に大阪大学21世紀懐徳堂で上演される公演の鑑賞が前提となります。詳細は、下記ウェブサイトでご確認ください。
お申込み:webページにて受付(http://documentaction.blog.fc2.com

主催大阪大学総合学術博物館
共催大阪大学文学研究科
助成平成28年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
協力・連携大阪大学21世紀懐徳堂 他

チラシ [pdf: 1.8 MB]

いま、世界の舞台芸術は、記録資料やオーラル・ヒストリー、文化遺産としての昔の作品、はたまた記憶の貯蔵庫としての身体を肥やしにして、歴史や社会についての知を耕すパフォーマンスをぞくぞくと生み出しています。その優れた試みとして、月数回というハイペースで再演を重ねる劇団石(トル)の『在日バイタルチェック』を9月9日に大阪大学21世紀懐徳堂で上演し、アートエリアB1では、その手法や世界観にインスパイアされたワークショップとトークの場を9月10日と10月8日の2回にわたって設けます。 ファシリテーターより「舞踊などでは、型を習った後にその意味を学んで身体に歴史を宿したような感覚を得るということもあると思います。今回のワークショップは、演劇でそういったことが可能かどうかを考える試みです。」

 

  2017年5月  

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»