もうひとつの電車 ~alternative train~

イベント > 鉄道芸術祭

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース
もうひとつの電車 ~alternative train~

10.24
|
12.26

会期10月24日(土)─12月26日(土)12:00〜19:00
   (12 月13 日─ 25 日は、21:00 まで開館延長)
   *月曜休館(11 月23 日開館、11 月24 日休館)/*入場無料(一部有料イベント)
   *11月11日と別プログラム開催時は展示がご覧いただけません。
    詳しくはお問い合わせ下さい。

参加アーティスト ホンマタカシ
          黒田益朗  小山友也   NAZE   PUGMENT  蓮沼執太
          マティアス・ヴェルムカ&ミーシャ・ラインカウフ

主催アートエリアB1
共催大阪大学大学院国際公共政策研究科(OSIPP)稲盛財団寄附講座
協力ホンマタカシ写真事務所
   dot architects
助成芸術文化振興基金
   大阪市
   公益財団法人大阪コミュニティ財団/大阪信用金庫ふれあいスマイル基金

チラシ [pdf: 1.6 MB]

京阪電車「なにわ橋駅」構内に立地するアートエリアB1 では、鉄道の創造性に着目したプログラム「鉄道芸術祭」を2010 年より開催しています。 vol.5 となる今回は、【風景・景色、視覚・視点】をテーマに展覧会や関連企画を展開します。
映像の世紀と言われて久しい現在、人々は世界中の様々な風景を多様な視点から見ることが可能となりました。一方で、現代の"私たち"のものの見え方や捉え方は、進化した技術や膨大な視覚情報によって常に左右されているとも言えるでしょう。
鉄道芸術祭では、見ること、それ自体に着眼し、様々な分野で活躍する写真家のホンマタカシをプロデューサーに迎え 「 もうひとつの電車 ~ alternative train ~ 」を開催します。本展では、駅や電車を単なる交通手段とは異なる多様な視点で捉え直し、普段は通りすがり、見過ごしている風景や都市の日常を新たな感性で考察します。展覧会場では、鉄道と映像に関するオマージュ作品や、複数のゲストアーティストよる滞在制作の作品、そして海外の映像作品で構成し、会期中には沿線の各所などで数々の関連企画を実施します。本展を通じて、様々な発見や気づきの機会となり、新しく多様な第三の視界が広がれば幸いです。

メインアーティスト・プロフィール

takashihomma.jpgホンマタカシ | 写真家
1962 年東京都生まれ。1999 年写真集『東京郊外』で、第24 回木村伊兵衛賞を受賞。2011年から2012 年にかけて、自身初の美術館での個展「ニュー・ドキュメンタリー」を日本国内三ヵ所の美術館で開催。写真集多数、著書に『たのしい 写真よい子のための写真教室』がある。
近年、建築をカメラオブスキュラにして都市を撮るピンホール作品のシリーズや動画作品も国内外問わず発表を行う。現在、東京造形大学大学院客員教授。
http://betweenthebooks.com

 

ゲストアーティスト・プロフィール

Kuroda_1.jpg黒田益朗(くろだ ますお) | グラフィックデザイナー
kuroda design 主宰。カタログ、CD ジャケット、ヴィジュアルブックなどのグラフィックデザインや店舗サインなどを手掛け、写真家、建築家、作家等、様々なクリエーターとプロジェクトに携わる。一方近年では、東京・白金の< YAECA HOME STORE >や函館ヘアサロン< RiTA >などいくつかの庭作りも行う。 また国内外のヤドリギ調査を継続している。


koyama.jpg小山友也(こやま ゆうや) | アーティスト
1989年生まれ。2015年東京造形大学大学院修了。既存の枠組みの外にどのように開くかを考えながら活動を展開。一般的な枠組みを捉えなおし、別のしかたで対象との関係が作られるプロセスを、作品として扱っている。コミュニケーションの中の要素をいろいろ引き出したり差し引いたりして作品を制作。展示では主に映像、インスタレーション、音声、彫刻などの形式で発表している。


NAZE_mog.jpgNAZE (なぜ) | アーティスト
1989年茨城県生まれ、京都府在住。京都精華大学卒業。ゴミや廃材などの収拾物、印刷物や写真など既存のモチーフに描くドローイング作品や、グラフィティを用いた作品などを制作。個人での活動の他にcontact Gonzo、犯罪ボーイズといったアーティストユニットでも活動。主な展覧会に、2011 年「NAZE?」 FOIL GALLERY( 東京)、2013 年「GO OUTSIDE」 FOIL GALLERY( 京都) など。


PUGMENT.jpgPUGMENT (ぱぐめんと) | ファッションブランド
1990年東京都生まれの今福華凜と大谷将弘が2014 年に設立。「捏ねられたもの」としてPUGMENT と名付け、ファッションを軸に活動を始める。主なコレクションに「存在するものは、変化のためにのみ存在することを忘れるな。Don' t forget that entities exist only for a change.」(東京、2015)、「正しい装い」(東京、2014)、「MAGNETIC DRESS」(東京、2014)、「熱鉄衣」(東京、 2014)。http://www.pugment.com
写真:《正しい装い》2014


蓮沼執太.jpg蓮沼執太(はすぬま しゅうた) | 音楽家
1983 年東京都生まれ。音楽作品のリリース、蓮沼執太フィルを組織して国内外でのコンサート公演、映画、舞台芸術、音楽プロデュースなど制作多数。また近年では、作曲という手法を様々なメディアに応用し、映像、サウンド、立体、インスタレーションを発表し、個展形式での展覧会やプロジェクトを活発に行っている。2014 年はアジアン・カルチュラル・カウンシル(ACC)の招聘によりニューヨークに滞在。http://www.shutahasunuma.com


Matthias Wermke and Mischa Leinkauf.jpgMatthias Wermke and Mischa Leinkauf
マティアス・ヴェルムカ&ミーシャ・ラインカウフ 
| アーティスト

ベルリンを拠点に活動する、ヴェルムカとラインカウフによる二人組。都市の潜在的可能性に着目し、主にパフォーマンスやインスタレーションによる作品を発表。土地の気風や歴史と関わりあいながら、公共空間における常識と制約の境界を調査し、都会の物理的システムに介入して、日常的な場面に新たな視点を与え、都市の可能性を開く作品を制作している。
写真:《Die Neonorangene Kuh》2005

 

関連イベント・関連情報

10.24
オープニングイベント

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
オープニングイベント

時間16:00〜18:30 (参加無料・申込不要)

トークゲスト:ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデューサー)
          南後由和(社会学者、明治大学情報コミュニケーション学部専任講師)
    進 行:塚原悠也(アートエリアB1運営委員、NPOダンスボックスディレクター)

ライブゲスト:蓮沼執太(音楽家、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)

全体進行木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員、大阪大学CSCD教員)

主催アートエリアB1、大阪大学文学研究科
共催大阪大学コミュニケーションデザイン・センター
   大阪大学国際公共政策研究科
   大阪大学総合学術博物館
助成平成27年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業(劇場・音楽堂・美術館等と連携する
   アート・フェスティバル人材育成事業)」
協力大阪大学21世紀懐徳堂

11.13
「理論物理学から見た

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭
「理論物理学から見た"世界の車窓"」

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト小川哲生(理論物理学者、大阪大学理事・副学長)

聞き手塚原悠也(NPOダンスボックスディレクター、アートエリアB1運営委員)

カフェマスター木ノ下智恵子、久保田徹(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

11.20

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭
「『光の世紀』から『記憶の世紀』へ」

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト港千尋(写真家、多摩美術大学教授)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)

12.2
「リュミエールと小津から出発する、映像にまつわる旅」

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭
「リュミエールと小津から出発する、映像にまつわる旅」

時間19:00─21:00
定員30名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト諏訪敦彦(東京藝術大学大学院教授)

カフェマスター久保田テツ(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)

12.4
「建築がもたらす私たちの知覚」

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭
「建築がもたらす私たちの知覚」

時間19:00─21:00
定員50名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト塚本由晴(建築家、東京工業大学大学院教授、アトリエ・ワン)

カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)

12.9
「カメラのひみつ2015」

ラボカフェスペシャル featuring 鉄道芸術祭
「カメラのひみつ2015」

時間19:00─21:00
定員30名程度(当日先着順・入退場自由)

ゲスト因幡雅文(元ソニーマーケティング株式会社 シニアマーケティングマネージャー)
    おっと(変心装置制作)

カフェマスター塚原悠也(NPOダンスボックスディレクター、アートエリアB1運営委員)
        久保田テツ(大阪大学CSCD教員、アートエリアB1運営委員)

支援JST(科学技術振興機構)科学技術コミュニケーション推進事業「ネットワーク形成型」

12.12
電車公演「走る、もうひとつの電車」

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
電車公演「走る、もうひとつの電車」

日時12月12日(土)13:22ー14:33(受付 11:00ー13:00)

ゲストホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデューサー)
     PUGMENT (ファッションブランド、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
     蓮沼執太(音楽家、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
     オオルタイチ(音楽家)
     米子匡司(音楽家)

参加費前売2,500円/当日3,000円 ※満員御礼!前売ご予約は終了致しました。
定員150名(要事前申込・先着順)
受付京阪電車中之島線「中之島駅」改札口外
会場京阪電車貸切電車内[車内パフォーマンス/13:22中之島駅発〜14:33出町柳駅着]

※改札口外での受付となりますので、各駅から「中之島駅」までの運賃は別途必要です。
※ホンマタカシ「カメラオブスキュラ」は、時間制限あり・入れ替え制でのご観覧となります。予めご了承ください。

※12月2日をもちまして、予約が定員に達した為、ご予約受付は締め切らせて頂きました。たくさんの申込みをいただきありがとうございました。 
※当日券は、12月12日(土)11:30~より、京阪電車「中之島駅」改札口外の公演受付にて、先着順で販売させて頂きます。若干数(現時点では10名前後)のご案内予定となっておりますので、ご希望の際はお早めにお越しくださいますよう、お願い申しあげます。
※ご予約された方で止むを得ずキャンセルされる場合は、必ず、アートエリアB1までご連絡ください。

 

12.13
黒田益朗とホンマタカシとともに巡る、中書島やどり木ツアー

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
黒田益朗とホンマタカシとともに巡る、中書島やどり木ツアー

日時12月13日(日)13:00ー16:00(受付 12:45ー)

案内人黒田益朗(グラフィックデザイナー、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
     ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデューサー)

参加費2,000円(なにわ橋駅〜中書島駅までの片道運賃含む)
定員20名(要事前申込・先着順)
受付場所アートエリアB1

10.24
|
12.26
「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
「光善寺駅カメラオブスキュラ」ツアー

開催日時※各回とも、開始15分前から受付
     ・12月26日(土)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
 
     以下の回は終了しました。沢山のご参加、誠にありがとうございました。
     ・10月24日(土)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
     ・11月1日(日)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
     ・11月14日(土)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
     ・11月23日(月・祝)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
     ・12月4日(金)13:30-15:30
     ・12月6日(日)第1回12:30-14:30 / 第2回13:30-15:30
 
※好評につき、12月26日(土)第2回13:30-15:30の開催が決まりました。
※全ての回、予約が定員に達した為、ご予約受付は締め切らせて頂きました。たくさんの申込みをいただきありがとうございました。

参加費1,000円(なにわ橋駅〜光善寺駅までの片道運賃を含む)

受付場所アートエリアB1

各回定員10名程度(要事前申込・先着順)

アートエリアB1に各回開始15分前までにお集まり下さい。展覧会をご覧いただいた後、光善寺駅まで電車で移動し、カメラオブスキュラの空間を体験していただきます。
解散は、「光善寺駅」となります。
※大阪方面へ戻られる際は、一旦改札を出ていただくことになりますので、予めご了承ください。

※ツアーのナビゲーターはアートエリアB1スタッフが行ないます。
※雨天・悪天候時は中止させていただく場合があります。

12.26
クロージングイベント「これからの、もうひとつの電車」

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車 ~alternative train~」関連プログラム
クロージングイベント「これからの、もうひとつの電車」

日時12月26日(土)16:30〜19:00 (参加無料・申込不要)
   ※展覧会のご観覧は16:00までとなります。

トークゲスト:西谷真理子(編集者、京都精華大学特任教授)
        千葉雅也(哲学者、立命館大学大学院准教授)

ショー出演者:NAZE(アーティスト、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
        PUGMENT(ファッションブランド、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
        小山友也(アーティスト、鉄道芸術祭vol.5参加アーティスト)
        dot architects(建築ユニット)
        三重野龍(グラフィックデザイナー)
        contact Gonzo(アーティスト)

監修ホンマタカシ(写真家、鉄道芸術祭vol.5プロデューサー)

全体進行木ノ下智恵子(アートエリアB1運営委員、大阪大学CSCD教員)

  2016年6月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

鉄道芸術祭vol.5 ホンマタカシプロデュース「もうひとつの電車~alternative train~」 展覧会記録冊子ができました!
2015年、アートエリアB1では写真家のホンマタカシをプロデューサーに迎え、【風景・景色、視覚・視点... 詳細»

サーチプロジェクトvol.5 特設サイトをオープンしました!
3月11日(金)から開催しますサーチプロジェクトvol.5「ニュー"コロニー/アイランド"2 ~災害... 詳細»

「芸術文化活動のためのアートエリアB1特別利用料金」を設定しました!
中之島の地下鉄駅コンコースに立地するアートエリアB1では、より幅広いプログラムを実施する目的で貸館事... 詳細»

アートエリアB1の5周年記念記録集「上方遊歩46景」を発刊しました!
企業、大学、NPOが協働し、駅コンコースに開設したコミュニティスペース「アートエリアB1」。全国的に... 詳細»

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»