イベント > 鉄道芸術祭

宇治野宗輝 UJINO & THE ROTATORS' MACHINE THEATER「HOUSEHOLD AFFAIRS」
鉄道芸術祭vol.4関連プログラム

11.23

日時11月23日(日・祝) 15:00開演 →18:30開演
  (アフタートーク含め公演時間90分、20:00終演予定)
※諸般の事情により、開演時間を18:30に変更させていただくこととなりました。ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解・ご了承のほどお願い申し上げます。

参加費前売 2,000円/当日 2,500円
定員100名(要事前申込・先着順)

出演宇治野宗輝(美術家)&ザ・ローテーターズ
メディアデザイン協力松尾邦彦、小柳淳嗣

※終演後、出演者によるアフタートークを予定しています。

前売チケット:イープラスからの購入はコチラ

チラシ [pdf: 8.7 MB]

宇治野氏が2004 年より行ってきた「ザ・ローテーターズ」プロジェクトを発展させ、光/映像と物質による美術、ロックンロールの技術を引用した音響システム、制御系のエレクトロニクス、それぞれが一体化した、「パフォーマンス・アクト」と「サウンド・スカルプチャー」による舞台を上演。国内初演となる本公演では、バレエ・メカニックからはじまる抽象的な芸術/ダンスと、日本の近代と消費社会をテーマに展開します。

映像:宇治野宗輝《VEHICLE figure test drive: IN THE RAIN》

出演者プロフィール


宇治野宗輝宇治野 宗輝
美術家

1964年生まれ。1990年代より、電気製品を用いたサウンドスカルプチャー「Love Arm」シリーズを制作。2004年からのプロジェクト「The Rotators」では、DJ用ターンテーブルと家電製品、自動車パーツ等を用いた自動リズム演奏装置を制作。その展示とパフォーマンスは、世界各地で高い評価を得ている。2013年、箱根「彫刻の森美術館」にて大規模な個展を開催。 http://the-rotators.com/ https://www.facebook.com/ujinorotators

 

関連イベント・関連情報

10.18
|
12.23
音のステーション

鉄道芸術祭vol.4
音のステーション

会期10月18日(土)─12月23日(火・祝)
   12:00〜19:00/※月曜(祝日の場合は翌日)休館/入場無料(一部有料イベント)
   ※12/14(日)〜23(火・祝)21:00まで開館延長、12/22(月)開館

ゲスト(五十音順)
相川勝有馬純寿伊東篤宏宇治野宗輝江崎將史江南泰佐沖野修也金光正年
齋藤貴弘鈴木昭男野村誠藤本由紀夫三田村管打団?八木良太和田晋侍
ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎+evala)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株)】

助成おおさか創造千島財団
   公益財団法人大阪コミュニティ財団/大阪信用金庫ふれあいスマイル基金
   大阪市

企画協力METRO

会場設営dot architects

  展示プログラム      イベントプログラム      お申し込み・お問い合わせ  
 ゲストプロフィール      プレスリリース(2014.10.09)

  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【9月17日ラボカフェ開催延期のお知らせ】
9月17日(日)14:00〜開催を予定しておりました、ミュージックカフェ「ピアノの中を覗いてみよう!... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»