野村誠 ワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」京都編

イベント > 鉄道芸術祭

野村誠 ワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」京都編
鉄道芸術祭vol.4 関連プログラム

11.15

日時京都編 11月15日(土)A 13:00-15:00、B 16:00-18:00
   大阪編 11月16日(日)A 13:00-15:00、B 16:00-18:00
   (各日A・B同プログラム2回開催)

〈参加無料・要事前申込・先着順〉
対象小学生以上
定員20名(要事前申込・先着順)
持ち物好きな楽器、(お持ちであれば京阪本線46駅の情報や画像)
※「京都編」では出町柳駅~樟葉駅、「大阪編」では牧野駅~中之島駅のエリアの各駅を作曲します。

講師野村誠(作曲家)

主催アートエリアB1、大阪大学文学研究科
共催大阪大学コミュニケーションデザイン・センター、
   大阪大学国際公共政策研究科、大阪大学総合学術博物館

助成平成26年度文化庁「大学を活用した文化芸術推進事業」
   「劇場・音楽堂・美術館等と連携するアート・フェスティバル人材育成事業」

チラシ [pdf: 9.2 MB]

大阪から京都を46の駅で結ぶ京阪電車。その沿線には、観光名所として知られる街から、知る人ぞ知る歴史が秘められた街、"○○発祥の地"等、多彩な特色をもつ街があり、駅があります。今回のワークショップでは、昨年の鉄道芸術祭で収集された各駅の様々な情報を元にして、作曲家の野村誠さんとともに、46駅をテーマに音楽をします。そして、この楽曲は、展覧会最終日のクロージングイベントで野村さんとゲストミュージシャンによる演奏を予定しています。 作曲未経験者の方や老若男女問わず、大歓迎!好きな楽器を持ってご参加ください。

■イベントレポート(スタッフブログ)はこちら
野村誠ワークショップ「京阪沿線46駅の音楽」

ゲストプロフィール

野村誠野村 誠
作曲家
日本センチュリー交響楽団コミュニティ・プログラム・ディレクター

オーケストラやロックバンド、民族楽器、日用品、瓦など、様々な演奏形態や楽器のための作曲を行う他、ダンサーや美術家とのコラボレートやプロ/アマチュアを問わない複数の人との共同作曲法を開発・実践する。2006年度、NHK教育テレビの音楽番組「あいのて」番組監修。2014年、日本センチュリー交響楽団コミュニティ・プログラム・ディレクターに就任。http://www.makotonomura.net/

 

関連イベント・関連情報

10.18
|
12.23
音のステーション

鉄道芸術祭vol.4
音のステーション

会期10月18日(土)─12月23日(火・祝)
   12:00〜19:00/※月曜(祝日の場合は翌日)休館/入場無料(一部有料イベント)
   ※12/14(日)〜23(火・祝)21:00まで開館延長、12/22(月)開館

ゲスト(五十音順)
相川勝有馬純寿伊東篤宏宇治野宗輝江崎將史江南泰佐沖野修也金光正年
齋藤貴弘鈴木昭男野村誠藤本由紀夫三田村管打団?八木良太和田晋侍
ATAK Dance Hall (渋谷慶一郎+evala)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO法人ダンスボックス+京阪電気鉄道(株)】

助成おおさか創造千島財団
   公益財団法人大阪コミュニティ財団/大阪信用金庫ふれあいスマイル基金
   大阪市

企画協力METRO

会場設営dot architects

  展示プログラム      イベントプログラム      お申し込み・お問い合わせ  
 ゲストプロフィール      プレスリリース(2014.10.09)

  2017年3月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»