イベント > ラボカフェ

「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)事情〜城崎国際アートセンターの場合」

4.15

時間19:00-21:00
定員30名程度(当日先着順・入退場自由)
ゲスト西山葉子(城崎国際アートセンター)
カフェマスター木ノ下智恵子(大阪大学CSCD教員)

アーティスト・イン・レジデンス(AIR)とは、国内外の芸術家を一定期間ある土地に招聘し、その土地に滞在しながら創作活動を行なってもらうための制度や事業を言います。日本では1990年代に自治体などの取組みにより全国的に広がっていきました。これらは滞在中の芸術家が地域の人々との交流や制作過程の公開、地域文化や風土を作品に活かすケースもあり、創造のあり方の試行でもあります。今回は、今春に"温泉街に位置するパフォーミング・アーツ(舞台芸術)を中心とした創造活動拠点"として始動した「城崎国際アートセンター」についてお話を伺います。

 

  2019年2月  

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»