イベント > 鉄道芸術祭

上方本談、どこまでも話す年-其の九 小松和彦×束芋・対談「日本とにっぽんの"闇の文化"~その魅力と想像力について~」
鉄道芸術祭vol.3 関連プログラム

12.20

日時12月20日(金)19:00─21:00
定員80名程度(参加無料・事前予約優先)
ゲスト小松和彦(民俗学者、文化人類学者、国際日本文化研究センター所長)、
    束芋(現代美術家)

『憑霊信仰論』や『京都魔界案内』などの著作を通じて、"日本文化に潜む闇と日本人の心性"について特異な文化論を展開する小松和彦。かたや、デビュー 作《にっぽんの台所》をはじめとする《にっぽんの》シリーズや、吉田修一『悪人』の挿絵、「杉本文楽曾根崎心中」の舞台美術など、近・現代社会に潜む "人々の心の闇"を描く束芋。それぞれの"闇への想像力"と、その魅力について語り合います。

小松和彦小松和彦
民俗学者、文化人類学者。国際日本文化研究センター所長。1947年、東京都生まれ。民俗学、文化人類学双方を視野に入れ、一貫して鬼、妖怪、呪術、憑依といった日本文化の奥深くに潜む「闇」を透視し、日本人の心性を浮かび上がらせる特異な文化論を展開している。著書に『神々の精神史』『憑霊信仰論』『異人論』『京都魔界案内』『いざなぎ流の研究』他多数。

束芋束芋
現代美術家。1975 年、兵庫県生まれ。1999年《にっぽんの台所》で「キリンコンテポラリーアワード」最優秀作品賞受賞。以後、国内外の展覧会で高い評価を得る。本の装丁等も多数手がけ、2006年、朝日新聞で吉田修一「惡人」の挿絵を担当。2011年『大阪観考』で大阪民話を題材にした作品を書籍の中で展開。今秋、「杉本文楽曾根崎心中」では舞台美術の一部を務める。

 

関連イベント・関連情報

10.22
|
12.25
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

鉄道芸術祭vol.3
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

会期2013年10月22日[火]ー12月25日[水]
   12:00─19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日・12/24は開館)
入場料無料(一部有料イベント有り)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪電気鉄道(株)】
監修・企画・構成松岡正剛
協力ほんばこや、イシス編集学校、編集工学研究所
会場設計dot architects
特別協力(株)海洋堂、graf、ジュンク堂書店、スタンダードブックストア、
     パナソニック(株)
助成おおさか創造千島財団、大阪市
認定公益財団法人 企業メセナ協議会

  2017年11月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

B1からのお知らせ

【9月17日ラボカフェ開催延期のお知らせ】
9月17日(日)14:00〜開催を予定しておりました、ミュージックカフェ「ピアノの中を覗いてみよう!... 詳細»

事業一覧

地域連携事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»