イベント > 鉄道芸術祭

上方本談、どこまでも話す年-其の八 桂南光× 春野恵子・対談 上方芸談義「噺す・語る・読む」
鉄道芸術祭vol.3 関連プログラム

12.14

日時12月14日(土)19:30─21:30
定員80名程度(参加無料・事前予約優先)
ゲスト桂南光(落語家)、春野恵子(浪曲師)
司会前田憲司(芸能史研究家)

満員御礼となりましたので、ご予約は締め切らせて頂きます。当日分は、ご予約キャンセル分が出次第、立ち見席にて御案内させていただく形となります。予めご了承ください。

落語家桂南光と浪曲師春野恵子が、上方にたゆたう「語り」の文化をトークします。大阪府唯一の村「千早赤阪村」の出身で毎日放送「素人名人会」に出て桂枝雀の弟子になった桂南光と、4歳までアメリカで過ごし、東京大学を卒業し浪曲師になった春野恵子。"はんなり"か"こてこて"か、文字では伝えきれない「上方の語り」の文化の魅力や系譜をお二人にたっぷり語っていただきます。

桂南光桂南光
落語家。1951年、大阪府生まれ。1970年、桂小米(故・枝雀)に入門。当時の芸名は、桂べかこ。1972年、梅田トップホットシアターで初舞台。1993年、三代目・桂南光襲名。1994年「上方お笑い大賞」受賞。落語家として活躍する一方で、舞台やテレビ・ラジオへの出演等、多方面で活躍するとともに、無類の読書家としても知られている。

春野恵子春野恵子
浪曲師。東京大学卒業後、日本テレビ「進ぬ!電波少年」ケイコ先生としてデビュー。2003年関西浪曲界の重鎮・春野百合子に入門。2006年初舞台以降、天満天神繁昌亭等に出演する他、浪曲ワークショップ付きのライブ「春野恵子のROUKYOKUROCK YOU!」など企画公演を精力的に行う。今年3月浪曲界初の全編英語浪曲を披露、来年3月NY浪曲公演予定。

 

関連イベント・関連情報

10.22
|
12.25
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

鉄道芸術祭vol.3
松岡正剛プロデュース「上方遊歩46景 〜言葉・本・名物による展覧会〜」

会期2013年10月22日[火]ー12月25日[水]
   12:00─19:00 月曜休館(祝日の場合は翌日・12/24は開館)
入場料無料(一部有料イベント有り)

主催アートエリアB1【大阪大学+NPO 法人ダンスボックス+ 京阪電気鉄道(株)】
監修・企画・構成松岡正剛
協力ほんばこや、イシス編集学校、編集工学研究所
会場設計dot architects
特別協力(株)海洋堂、graf、ジュンク堂書店、スタンダードブックストア、
     パナソニック(株)
助成おおさか創造千島財団、大阪市
認定公益財団法人 企業メセナ協議会

  2017年3月  

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

事業一覧

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»

貸館事業B1を利用してみませんか?

希望利用月の6カ月前~3カ月前の末日が〆切となります。詳細»